[ファイトクラブ]その名はプロレスラー! ~政治家向き?の特異な商売~

[週刊ファイト1月4日-11日合併号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼その名はプロレスラー! ~政治家向き?の特異な商売~
 by 立嶋 博
・旭鷲山の体たらくに見る、「相撲取り」と「政治家」のギャップ
・よくもこんなに!プロレスラーの政界遍歴 「国会編」
・プロレスラー政界遍歴 「地方政界編」 ~インディーの花盛り~
・どうして彼らは、こんなにも政治の道を目指し続けるのか?
・では新世代のレスラーたちも、いつかは政界を目指すのか?


 総選挙が行われたことや国際情勢の急迫もあって、今年は近年になく政治の話題が多かったように思う。小池劇場、モリカケ問題、トランプ発言など、大衆が喜ぶ「政界プロレス」の上演も例年より賑やかだった。

 殊に森友学園関係者の半端ヒールぶりは、巧まずして演じた割には見るべきところがあり、元理事長の証人喚問などはそれなりに楽しんで見ることができた。あの局面で逮捕されなければ、自己陶酔型の勘違いC級タレントとして、もう数か月はテレビ画面でワラワラ躍らせることができたのに、と残念でならない。

 それにしても安倍首相、個人攻撃に対する「バンプ」が下手である。大根レスラーはメイン・イベントにはお呼びじゃない。菅官房長官という強力な「ポリスマン」がいなかったら、第一次政権の時のような無惨な退陣もあり得ただろう。

 政治が「プロレス型」になってきた、と評したのは数十年前の堺屋太一であったと記憶するが、その指摘は現在の政界模様においても正鵠を射ている。
 さて、来年はどんなブックが描かれるのだろうか。ミル・マスカラス的絶対ベビーを貫きたい安倍のリング捌きは、少しは上達するのだろうか。

 プロスポーツ選手出身の政治家は結構多い。
 参議院や地方議員を中心に、色々な競技が政治家を輩出している。
 特に多いのが野球とプロレス。どちらもテレビでの露出が多い種目だけに、当然と言えば当然だ。
 サッカー界もJリーグ発足から今年で25年目を迎え、そろそろ元選手たちが政界に転身し始めそうな頃合いに入ってきた。事実、元日本代表の高松大樹が、今年2月の大分市議選に初立候補してトップ当選を果たしている。

 しかし、NHKで連日、全国津々浦々にまでその名前が放送され、知名度の点では申し分ないはずの大相撲力士の政治家転身は稀だ。
 プロレスとの共通点も多い種目なのに、これはどうしてなのだろうか。
 そしてプロレスラーたちはどうして、こぞって政界を目指すのだろうか。

 旭鷲山の体たらくに見る、「相撲取り」と「政治家」のギャップ

 先般の日馬富士と貴ノ岩の騒動に脇から口を突っ込んできた旭鷲山のお節介焼きには呆れた。下手な絵を描いたものだ。
 確かに彼はかつてはモンゴルの国会議員であった(現在は落選中)し、今回の事件を生む遠因となった通称「モンゴル会」の設立発起人でもあったわけだから、自ら喧嘩の仲裁役を買って出るだけの大義名分はあった。
 そこで先輩風を吹かせつつ鮮やかに後輩たちを救い、元の鞘に納めてみせたなら自国での支持の拡大にも繋がったのだろうが、彼は残念ながら政治屋としての嗅覚に欠けていた。

 これは日本の司直の手になる刑事事件であって外国の民間人が入る余地は初めからないのに、事態を軽く見て軽く来日し、貴ノ岩の受傷の程度と被害感情については伝聞の伝聞に基づいて知ったふりをし、あまつさえワイドショー出演でホラまで吹き、火に油を注いだ。
 旭鷲山は日本で舞台を張って、モンゴル相撲流の「ナイラ」というか、「政治ショー的プロレス」をやらかそうとしたのだろうが、情報過疎のゴビの大平原ならいざ知らず、スクープ合戦でヒートアップする日本のメディア、ネット社会には通用しなかった。
 殊更に高級腕時計をひけらかして見せたり、愛想を振りまくだけで物見遊山気分の夫人を伴っていたことも日本世論の反感を買った。

 旭鷲山の思惑とは裏腹に、事態は一夜の暴力沙汰に止まらず協会、世論、メディア、法曹界、日本政府をも巻き込むシリアスな事象に拡大していった。哀れな彼ができたのは、福岡のホテルで何泊かした後で、こそこそとフェイドアウトすることだけだった。
 わざわざ日本にモンゴルの恥を晒しに行っただけの旭鷲山は、自国で得ていた「非常勤大統領特別補佐官」なる謎の名誉職を、帰国するなり剥奪されている。国際問題に発展する前に(無論、日本政府はそんなことなど歯牙にもかけまいが、モンゴル政府としては洒落では済まない)、いち早い火消しが行われたのだろう。

 彼には政治家に必要な事態変転への即応能力がなかった。時代の変化を読む能力もなかった。
これはモンゴル人云々というより、相撲取りに共通の欠点である。このところの相撲協会幹部の狼狽ぶり、無為無策ぶりを見ていれば、それは明らかなことだ。
 つまり相撲取りは、政治家には向いていない。

 実際、トップアスリートがしばしば第二の人生に政治家の道を選んでいるのに、大相撲出身者は政界にほとんどいない。
 国会議員に限って言えば、旭鷲山以外には現役幕内力士の座を捨てて衆議院総選挙に出馬・当選した旭道山和泰(一期だけ務めて引退)が恐らく唯一の例である。柔道界では谷亮子がいるし、その他にも柔道剣道空手道の有段者が永田町には数多くいるが、相撲だけは例外のようである。
 その長い歴史、力士の知名度を考えれば、相撲界のこの状況はいささか異常に思える。

 その理由は、考えてみれば明らかである。
 若い頃から多くを語らないように躾けられ、相撲協会以外の世界を知る機会はほとんど与えられず、協会の指示と業界の慣習に唯々諾々と従い、引退後も何かしら相撲の世界の影響下にある力士たちは、多弁多才が求められる政治の世界にはフィットしないのだ。
 しかも力士は一般的な社会人でも一般的な学生でもないから、政治に必須の法律、社会制度、経済などの知識を学んできておらず、人付き合いも下手で金銭感覚も常人とは異なる。
 つまり、敢えてきつい言い方をするなら、相撲取りは概して「大人の知性が整備されていない」のである。素地が涵養されていないから、政治家や行政官にはなりようがない。
 また、昨今は有名人を看板にして安直に比例区を戦う政党はネットで容赦なく叩かれるようにもなったので、力士出身者が政界にスカウトされる可能性もどんどん小さくなっている。

 よくもこんなに!プロレスラーの政界遍歴 「国会編」
101003asa5722.jpg

 これに比し、プロレスラーという人種はやたらと政治家になりたがる傾向がある。国会当選組だけでも、

馳浩(衆・当7、元文科相)
アントニオ猪木(参・当2)
大仁田厚(参・当1)
神取忍(参・当1)

 と容易に名が挙がる。
 これは種目別では、白木義一郎、石垣一夫、江本孟紀、石井浩郎、堀内恒夫、三沢淳らを擁するプロ野球界に次ぐ「多数派閥」である。
 政界と裏社会にコネクションを持っていた力道山光浩についても、もう数年も存命であったなら国政の門を叩いていたはず、と真顔で話す人が少なくない。

 その他にも木村健悟(現在は品川区議)、西村修(現在は文京区議)、佐山聡、高田延彦、高木三四郎、堀田祐美子が衆参に立候補して落選しているし、前田日明は民主党や国民新党から正式に参院出馬要請を受けたことがある(いずれも辞退)。

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。
ログインして続きを読む