夏すみれ卒業も逸材も秒殺締め落としもあったWAVE後楽園、4年越し戴冠大畠美咲が締める!

※詳報レポートは電子書籍版10月19日号に掲載します。

 夏すみれ卒業、レジーナ王者戦など話題性のあったWAVE10・9後楽園が終了した。
 新日本プロレスの国技館と同日開催だけでも厳しいところに、両国KFCホールで同時間帯にPURE-J、夕方にはアイスリボンがバッティング、結果、観衆は430人と、不入りと騒がれるZERO1をさらに下回った。
 
 しかし試合の方は、REINAの王者、小林香萌が第1試合から登場し、好カードが目白押し。
 世志琥がバースデーマッチの春日にラリアートのプレゼント、朱崇花はライバルとされた未勝利の後藤恵介にメーンイベンターの貫禄を見せつけて激勝。
 GAMI社長が「逸材だ」と惚れ込み、アノ、旧姓・広田さくらが「アイツはホントにヤバい」と評する田中ミキは噂に違わぬ異次元ファイトを展開。

ピースサインで大団円の夏と桜花

 夏すみれは皆にボディスラムを食らい、GAMI社長には水を浴びせて送り出され、米山は長浜の3周年に黒星をプレゼント、セミでは野崎渚が戦慄の秒殺劇を披露…と、硬軟取り混ぜ、涙と笑いの試合を提供できるのがWAVE。
 メーンでは、世志琥、朱崇花を下してきた山下りなを、大畠美咲が沈めて締めた。
 4年越しで念願叶ってのレジーナ戴冠に喜びを爆発させた大畠だったが、GAMI社長は
「オレンジが多過ぎる」
と、空席を嘆いて集客アップを課した。
「今までの王者にそんな厳しいこといってなかったのに」
とぼやく大畠だったが、今まで先輩にして貰った恩を、今度は自分が後輩に対してするために
「指名は後輩だけ」
とぶち上げた。
 同時に、次期挑戦者決定リーグ戦「NEXT」へ、全団体の後輩に参加を呼びかけると、さらに試合後、両国のアイスリボンのエンディングに登場、ICEx∞選手権試合に敗れた長崎まる子に対戦を要求。

敵地でまる子とガッチリ握手する大畠

 まるでレジーナがICEx∞王者の格下のような流れだが、この、名より実を取るスピード重視の展開は苦労人GAMI社長ならではか。
 
 いずれにせよ、大畠を新王者に据えて、反転攻勢を仕掛けるWAVEから今後も目が離せない。

 
■ WAVE Saint October
日時:10月9日(月・祝) 開場11:15 開始12:00
会場:東京・後楽園ホール 観衆430人

<第1試合 ヤングWAVE 15分1本勝負>
〇小林香萌
 7分35秒 120%スクールボーイ
●高瀬みゆき

<第2試合 HAPPY BIRTHDAY WAVE~PRESENT FOR YOU!~ 15分1本勝負>
○世志琥
 10分51秒 ラリアート⇒片エビ固め
●春日萌花

<第3試合 ライバルWAVE~後藤恵介1周年記念試合 20分1本勝負>
○朱崇花
 7分43秒 逆エビ固め
●後藤恵介


<第4試合 コミカルWAVE~フューチャーアンドパスト~ 20分1本勝負>
○宮崎有妃 旧姓・広田さくら
 9分53秒 恥ずかし固め※ギブアップ
フェアリー日本橋 ●田中ミキ


なんと、広田の子供を人質にとろうとする極悪ファイトを展開


「未成年だから」
とのフェアリーの助けは間に合わず、恥ずかし固めに屈辱のタップ

<第5試合 adios amiga WAVE 15分1本勝負>
○桜花由美
 12分18秒 ビッグブーツ⇒片エビ固め
●夏すみれ

夏はデビュー時の衣装を着用してリングへ…

<第6試合 WAVE~長浜浩江3周年記念試合 20分1本勝負>
○米山香織
 6分49秒 ダイビング千豚♪⇒片エビ固め
●長浜浩江

<第7試合 熱波WAVE 15分1本勝負>
○野崎渚
 2分20秒 胴締め式裸締め⇒レフェリーストップ
●水波綾

完全に締め落とされた格好の水波が激怒する戦慄の展開

<第8試合 Regina di WAVE~WAVE認定シングル選手権試合 30分1本勝負>
[挑戦者]
○大畠美咲
 16分7秒 スカイブルー・スープレックス・ホールド
●山下りな
[王者]
※山下が3度目の防衛に失敗。大畠が第7代王者となる


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)

[ファイトクラブ]加藤悠からチケットを買ってCMLL-REINAに行ってみた話

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’17年08月24日号G1ニールセン大仁田USA豆腐プロUFC朱里カッキーWAVE桜田一男

スマホPayPalアプリのダウンロード
各号販売リンク※SNS拡散奨励!連絡者は引用自由