[ファイトクラブ]パンクラス女子王者・朱里が宣言「UFC王者になってスターになります!」

[週刊ファイト8月24日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

8月7日(月)都内で、UFCファイトナイト・ジャパンの記者会見が行われ、今大会でUFCに初参戦するPANCRASE女子ストロー級王者・朱里がインタビューに応じ、オクタゴンへの熱い思いを語った。

▼「UFC王者になってスターになります!」パンクラス女子王者・朱里が宣言!
 Photo & Text by 稲垣 收
・「私がスターになることで、日本のUFC人気も高めます!」
・「UFCは世界最高の団体。その中で自分の名を上げたい」
・「ロンダのように映画スターになりたい」
・「マクレガーvsメイウェザーは私も楽しみです!」
・「ボテッとして、フテブテしいデブ猫が好き」
・「RIZINが盛り上がってるのは嬉しい」
・「キック王者になった経験は総合でも活きている」

朱里は、2008年にプロレス・デビューし、2009年にプロデビューしたキックボクシングではKrush初代女子王者となるなど13勝1敗の戦績を残している。MMAでは現在RIZINで活躍中の浅倉カンナをデビュー戦で破り、5戦全勝。この5月にPANCRASE女子ストロー級初代王者になった。

9・23 UFCファイトナイト・ジャパンで、ついにUFCデビューを果たすことになった彼女に、思いのたけを語ってもらった。

(UFCには、本名の近藤朱里で参戦)

 

――ついに悲願のUFCデビュー戦になります。対戦相手は韓国のチャンミ・ジョンは総合5勝(4KO)1敗で、前回6月のUFCデビュー戦でJJ・アルドリッチに判定負けするまでは無敗でした。チャンミについて、どんな印象を持ってますか?

「やっぱり打撃が強いし、背も高くてリーチも長いので、打撃に気をつけたいと思ってます」

――相手は身長168㎝くらいで、朱里選手よりも5~6㎝長身ですね。どのように対抗しようと思っていますか?

「まず1R目は、相手の動きをしっかり見て、相手のワザをかわして、組んだらテイクダウンを狙って、しっかり勝っていきたいです」

私がスターになることで、日本でのUFC人気も高めます!」(朱里)

PANCRASE 287の計量での朱里は、カラフルなビキニに包んだスレンダー・ボディを披露

――今回UFCファイトナイト・ジャパンに参戦できることは、自分にとってどんな意味がありますか?

「すごく嬉しいですね。UFCと契約できたのが、すごく嬉しいし。私はUFCでチャンピオンになるのが目標なので、この9月23日のUFCジャパンでしっかり勝って、上を目指して行きたいです」

――UFCで一番リスペクトしている選手は?

「女子ストロー級王者のヨアンナ(・イェンジェイチェック)選手ですね。チャンピオンの彼女と試合するところまで行きたいので」

――UFCの人気を日本で、今以上に高めるためには、何が必要だと思いますか?

「そうですね、やっぱり、私が勝ち上がって行くことですね。スターになります!」

 

「UFCは世界最高の団体。その中で自分の名を上げたい」(朱里)

 

――ヨアンナの名前を挙げましたが、アマンダ・ヌネスはどうですか? 朱里選手より上のバンタム級王者ですが、ミーシャ・テイトやロンダ・ラウジーを血まみれにして勝ちましたよね?

「いやあ、ホントにアマンダはすごいですよね! UFCに集まる選手は、みんなすごい選手ばかりだと思います。UFCは世界最高峰の団体なので、その中で自分の名を上げていきたいです」

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。