ホジマール・トキーニョが一本勝ち!ファイトナイトグローバル70

(C)Fight Nights Global

 7月07日(現地時間)にロシア・ブリヤート共和国ウランウデで『Fight Nights Global 70: Palhares vs Ivanov』が開催された。
 このファイトナイツグローバルはロシアを中心とした東欧で精力的に大会を行なっており、過去にはアンドレイ・アルロフスキーなど大物も参戦しているのだが、UFCファイトパスで生中継もされた為、一躍、世界の格闘技ファンに知れ渡った(欧州ではテレビ生中継は以前から)。更にあのエメリヤエンコ・ヒョードルが試合した事で更に注目度が増している。またメジャーになった事で、UFCファイトナイトと混同を避けるため、ユーロ・ファイトナイツと呼ばれる事も増えてきた。
 今大会の、あのホジマール・トキーニョのファイトナイツグローバルでのデビュー戦となる。UFC、WSOFで圧倒的な強さで王者になるも、レフェリーが止めても技を解かない反則を繰り返す為、遂に両メジャー団体から追放されてしまい欧州に活躍の場を求めたトキーニョ。しかし欧州ではKO負けで2連敗という状態になっている。このトキーニョと対戦したのがファイトナイツグローバルで米国やブラジルからの刺客を迎え撃ってきたアレクセイ・イワノフだった。試合は、2Rにイワノフがトキーニョのタックルを潰したものの。グランドになった瞬間トキーニョが電光石火の足関節。これががっちり極まりイワノフはタップ。トキーニョがわずか38秒、得意のサブミッションで一本勝ちを果たして復活をアピールした。

■ Fight Nights Global 70: Palhares vs Ivanov
日時:2017年7月07日(現地時間)
場所:ロシア・ブリヤート共和国ウランウデ

<ウェルター級>
○ホジマール・トキーニョ(ブラジル)
 2R 0分38秒 レッグロック
●アレクセイ・イワノフ(ロシア)

<バンタム級>
○ヴァディム・ブセフ(ロシア)
 1R 2分41秒 TKO
●ヤンペグ・グオ(中国)

<ウェルター級>
△マクシム・ブトリン(ロシア)
 ドロー
△マイク・ヒル(カナダ)

【海外情報の決定版!UFC実況解説者、稲垣 收】
▼paypal電子書籍ジャーナル毎週_金曜!銀行振込み対応!999円ファイトクラブ会員主要記事読めます
※開くごとに毎回パスワードを入れる必要ありますが、資料PDFとして手元スマホやパソコンに永久保存が可能なeasypay電子書籍になりました。
スマホPayPalアプリのダウンロード
※440円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

【easypay電子書籍】’17年06月29日号ポーゴ訃報スターダム新日猪木闇ラウェイ日本KnockOut町田光


▼ベラトールMSG上陸直前! ヒョードルが見せた知られざる素顔と格闘技・百花繚乱
 by 稲垣 收
・ヒョードルに4人の娘! 末っ子はなんと……
・自分が“史上最高の格闘家”だなどと思ったことは一度もない
・最も記憶に残っている2つの試合とは?
・復帰のために、ロシア連邦スポーツ省を退職し、すべてを賭けた
 稲垣收の海外情報~先週末は土曜にKNOCK OUT、日曜にK-1さいたまスーパーアリーナ大会があり、シンガポールではUFCで元女子バンタム級王者ホーリー・ホルムが“必殺”左ハイでKO復活するなど、盛りだくさんの格闘技ウィークエンドだった。今週末も注目大会が続く。
 ベラトールがNY初進出してマジソン・スクエア・ガーデン大会を行い、ヒョードルとヴァンダレイ・シウバらかつてのPRIDE王者たちが参戦。また、UFCオクラホマ・シティー大会ではミドル級に階級を上げた元ウェルター級王者ジョニー・ヘンドリックスが、岡見勇信をKOしたティム・ボーシュと対戦、元二階級王者のBJペンはデニス・シヴァーと激突する。特に注目なのは、NY進出を目前にヒョードルが語った知られざる事実だ。