アルベルト・エル・パトロンLAX入りか?インパクト・レスリング!


(C)TNA

 7月6日(現地時間・放送日)に放送された『Impact Wrestling』は、PPV大会「スラミバザーリー2017」の結果を受けてインパクト・レスリングと買収したGFWの両ヘビー級王座を統一したアルベルト・エル・パトロンが、父親ドス・カラス、弟のイホ・デ・ドスカラスと共に王者になった事を喜び、家族への感謝を述べた。そこに現れたのは前王者であるラシュリーだ。ラシュリーは当然、王座へのリマッチを要求。そして王座を落とす要因となったドス・カラスを挑発すると、ドス・カラスはなんとラシュリーをひっぱたいたのであった。それを不敵な笑みで受け止めたラシュリーの要求が通り、メインで王座戦が決定した。
 王座戦では、ラシュリーが圧倒。パトロンのコーナーポストからの攻撃をカウンターのスピアーで迎撃すると、パトロンを叩きつけ、必殺のスピアーを狙う。パトロン絶体絶命のピンチだったが、そこに現れたのが、コナン率いるLAX(ラテン・アメリカ・エクスチェンジ)だった。集団でラシュリーに襲いかかり、反則のローブロー。当然、パトロンの反則負けとなるが、コナンはLAXの新メンバーはパトロンだとマイクアピール。そしてラシュリーの攻撃で完全にグロッキーで動けないパトロンを抱えて引き上げていったのだった。パトロンは本当にLAX入りするのだろうか?今後のインパクトレスリングから目が離せないだろう。

■ Impact Wrestling
日時:2017年7月6日(現地時間・放送日)
場所:アメリカ・フロリダ州オーランド

<統一ヘビー級王座タイトルマッチ>
○ボビー・ラシュリー(挑戦者)
 反則
●アルベルト・エル・パトロン(王者)
※反則なので王座移動なし

<ノンタイトルマッチ>
○シエナ
 ピンフォール
●レベル

<スーパーXカップ>
○デズモンド・シャビエル
 ピンフォール
●アドリアス・イブラヒム

<シングルマッチ>
○マット・サイダル
 ピンフォール
●ブラントン・サッター

<8人タッグマッチ>
○VOW、グラド、エディ・エドワーズ
 ピンフォール
●イーライ・ドレイク、クリス・アドニス、ファラハ・バハ、マリオ・ボカラ

<ノンタイトルマッチ>
○サンジェイ・ダット
 ピンフォール
●カレブ・コンリー

【海外情報の決定版!UFC実況解説者、稲垣 收】
▼paypal電子書籍ジャーナル毎週_金曜!銀行振込み対応!999円ファイトクラブ会員主要記事読めます
※開くごとに毎回パスワードを入れる必要ありますが、資料PDFとして手元スマホやパソコンに永久保存が可能なeasypay電子書籍になりました。
スマホPayPalアプリのダウンロード
※440円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

【easypay電子書籍】’17年06月29日号ポーゴ訃報スターダム新日猪木闇ラウェイ日本KnockOut町田光


▼ベラトールMSG上陸直前! ヒョードルが見せた知られざる素顔と格闘技・百花繚乱
 by 稲垣 收
・ヒョードルに4人の娘! 末っ子はなんと……
・自分が“史上最高の格闘家”だなどと思ったことは一度もない
・最も記憶に残っている2つの試合とは?
・復帰のために、ロシア連邦スポーツ省を退職し、すべてを賭けた
 稲垣收の海外情報~先週末は土曜にKNOCK OUT、日曜にK-1さいたまスーパーアリーナ大会があり、シンガポールではUFCで元女子バンタム級王者ホーリー・ホルムが“必殺”左ハイでKO復活するなど、盛りだくさんの格闘技ウィークエンドだった。今週末も注目大会が続く。
 ベラトールがNY初進出してマジソン・スクエア・ガーデン大会を行い、ヒョードルとヴァンダレイ・シウバらかつてのPRIDE王者たちが参戦。また、UFCオクラホマ・シティー大会ではミドル級に階級を上げた元ウェルター級王者ジョニー・ヘンドリックスが、岡見勇信をKOしたティム・ボーシュと対戦、元二階級王者のBJペンはデニス・シヴァーと激突する。特に注目なのは、NY進出を目前にヒョードルが語った知られざる事実だ。