PPV大会前哨戦はベビーフェイス軍勝利!インパクト・レスリング!


(C)TNA

 6月29日(現地時間・放送日)に放送された『Impact Wrestling』は、PPV大会「スラミバザーリー2017」に向けて、インパクト・レスリング世界ヘビー級王者ボビー・ラシュリーと挑戦者アルベルト・エル・パトロン、ストラップマッチで激突するジェームス・ストームとイーサン・カーター3世などが調印式を行った。しかし、契約書を投げ捨て、机を叩きつけるなど大乱闘になってしまった。これを見たインパクト・レスリングのシナリオ班統括ブルース・プリチャードが、それなら前哨戦として4対4の8人タッグマッチを行えと決めてしまったのだった。
 そしてメインイベントで8人タッグマッチがスタートとなったが、なんとヒール軍団がマハーバリ・シェラを椅子などで滅多打ちにして、控室送りにしてしまったのだった。結果、3対4となり、ベビーフェイス軍が不利な状態が続く。しかし、試合が佳境にはいると、シェラが復活。大暴れしてヒール軍を蹴散らし、最後はパトロンがコンゴ・コングをダブルフットストンプでベビーフェイス軍が勝利。シェラも地元インドで大暴れして観客から大声援を浴びていた。

■ Impact Wrestling
日時:2017年6月29日(現地時間・放送日)
場所:インド・ムンバイ

<8人タッグマッチ>
○アルベルト・エル・パトロン、エディ・エドワーズジェームス・ストーム、マハーバリ・シェラ
 ピンフォール
●ボビー・ラシュリー、デイビー・リチャーズ、イーサン・カーター3世、コンゴ・コング

<タッグマッチ>
○アリー、ブラントン・サッター
 ピンフォール
●KM、ローレル・ヴァン・ネル

<ムンバイストリートファイトマッチ>
○ホーンズワグル
 ピンフォール
●ロックスター・スパッド

<タッグマッチ>
○クリス・アドニス、イーライ・ドレイク
 ピンフォール
●ムンバイ・キャッツ

<タッグマッチ>
○マット・サイダル、サンジェイ・ダット
 ピンフォール
●トレヴァー・リー、ロウ・キー

【海外情報の決定版!UFC実況解説者、稲垣 收】
▼paypal電子書籍ジャーナル毎週_金曜!銀行振込み対応!999円ファイトクラブ会員主要記事読めます
※開くごとに毎回パスワードを入れる必要ありますが、資料PDFとして手元スマホやパソコンに永久保存が可能なeasypay電子書籍になりました。
スマホPayPalアプリのダウンロード
※440円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

【easypay電子書籍】’17年06月29日号ポーゴ訃報スターダム新日猪木闇ラウェイ日本KnockOut町田光


▼ベラトールMSG上陸直前! ヒョードルが見せた知られざる素顔と格闘技・百花繚乱
 by 稲垣 收
・ヒョードルに4人の娘! 末っ子はなんと……
・自分が“史上最高の格闘家”だなどと思ったことは一度もない
・最も記憶に残っている2つの試合とは?
・復帰のために、ロシア連邦スポーツ省を退職し、すべてを賭けた
 稲垣收の海外情報~先週末は土曜にKNOCK OUT、日曜にK-1さいたまスーパーアリーナ大会があり、シンガポールではUFCで元女子バンタム級王者ホーリー・ホルムが“必殺”左ハイでKO復活するなど、盛りだくさんの格闘技ウィークエンドだった。今週末も注目大会が続く。
 ベラトールがNY初進出してマジソン・スクエア・ガーデン大会を行い、ヒョードルとヴァンダレイ・シウバらかつてのPRIDE王者たちが参戦。また、UFCオクラホマ・シティー大会ではミドル級に階級を上げた元ウェルター級王者ジョニー・ヘンドリックスが、岡見勇信をKOしたティム・ボーシュと対戦、元二階級王者のBJペンはデニス・シヴァーと激突する。特に注目なのは、NY進出を目前にヒョードルが語った知られざる事実だ。