セルゲイ・ハリトーノフがTKO勝利!M-1チャレンジ80

(C)M-1

 6月15日(現地時間)に中国・ハルビンで『M-1 Challenge 80: Battle in the Celestial Empire 2』が開催された。
 ロシア最大のメジャーMMA団体となっているM-1は、定期的に大会を開催し、ロシアのテレビ局でも生放送されている。そして参戦選手はロシア国内にとどまらず世界各国から集めている事でも意義あるMMA団体となっている。
 今大会は中国で開催となり、メインはなんとセルゲイ・ハリトーノフとソクジュというビッグマッチが組まれた。ハリトーノフはベラトールと契約したが、古巣であるM-1には定期参戦出来る(アレキサンダー・シュレメンコも同じ)。そしてソクジュは現在、世界中のMMA団体を渡り歩いている。試合は、ソクジュが強烈な右アッパーで前に出て追い込むが、ハリトーノフのカウンターの右がさく裂。ソクジュは完全にダウンし、追撃のパウンドをレフェリーがストップ。ハリトーノフがTKO勝ちとなった。

 またフェザー級王座決定戦も組まれ前王者イヴァン・ブッシンジャーがチムール・ナギビンと争った。試合はナギビンのテイクダウンに手を焼くも、最後はブッシンジャーがチョークで一本勝ちで王座返り咲きを果たした。

■ M-1 Challenge 80: Battle in the Celestial Empire 2
日時:2017年6月15日(現地時間)
場所:中国・ハルビン

<ヘビー級>
○セルゲイ・ハリトーノフ(ロシア)
 1R 2分39秒 TKO
●ソクジュ(カメルーン)

<暫定フェザー級王座決定戦>
○イヴァン・ブッシンジャー(スロバキア)
 4R 3分23秒 リアネイキドチョーク
●チムール・ナギビン(ロシア)

【海外情報の決定版!UFC実況解説者、稲垣 收】
▼paypal電子書籍ジャーナル毎週_金曜!銀行振込み対応!999円ファイトクラブ会員主要記事読めます
※開くごとに毎回パスワードを入れる必要ありますが、資料PDFとして手元スマホやパソコンに永久保存が可能なeasypay電子書籍になりました。
スマホPayPalアプリのダウンロード
※440円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

【easypay電子書籍】’17年06月08日号新日jr.NWAブラッシーWWEアイスリボン235パンクラスBellator


▼6月はベラトールNY大会でヒョードル、シウバがそろい踏みほか、日本ファン注目の大会多数!
 by 稲垣 收
・ヒョードルの相手は“復帰後最強の敵”ミトリオン
・ライアン・ベイダーがフィル・デイヴィスのベラトールLH王座に挑戦
・選手のUFC離脱の理由は?
・UFCのNZ大会ではハントvs“KOマシン”ルイス。廣田、国本も参戦!
・UFCシンガポール大会に元女王ホーリー、アルロフスキー、ドス・アンジョスら元王者と五味、憂流迦も出場
 稲垣收の海外情報~6月は、日本の総合格闘技ファンにとって注目の大会が多い。ニューヨークMSGでのベラトールには、“皇帝”ヒョードル、ヴァンダレイ・シウバも参戦。元PRIDEヘビー級王者とミドル級王者がそろい踏み。UFCのNZ大会では元K-1王者ハントが“ロンダの婚約者”ブラウンをKOしたルイスと激突。同シンガポール大会ではロンダをKOしたホーリー・ホルムや、元PRIDEライト級王者・五味隆典も参戦する。そこでは・・・

[ファイトクラブ]6月はベラトールNY大会でヒョードル、シウバがそろい踏みほか、 日本ファン注目の大会多数!