[ファイトクラブ]緊急座談会~宝城カイリ 功労金はズズメの涙。だがWWE入り後は年収数千万円に!

[週刊ファイト6月15日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼緊急座談会~宝城カイリ 功労金はズズメの涙。だがWWE入り後は年収数千万円に!

 この1週間の興行で新日プロの6・3代々木に匹敵するくらい盛り上がったのは宝城カイリのスターダム退団マッチが行われた6・4新木場。同大会がカイリの見収めにならないが、433人(超満員)のファンは彼女との別れをいつまでも惜しんでいた。しかしカイリの米メジャー入りはファンのみならず他の女子レスラーにも夢と希望を与える“快挙”である。
(*編中 A記者=『マット界舞台裏』特約記者、B記者=スポーツ紙記者 C記者=フリーのべテラン記者)

A 今週1番ビックリしたのは、東スポ(6月5日発売)が報じた『坂口征二「重病」だった』。2月に右ヒジの手術を受けた後、患部に細菌が入り長期入院を強いられた、と。

B その情報、ボクも掴んでいましたよ。でも、その頃、退院して1か月以上たっていたからね。東スポさん、よほど1面ネタがなかったんじゃないかな(笑)。

C 80年代の新日プロ黄金時代に活躍した猪木(74)、藤波(68)、新間さん(82)、ミスター高橋(76)らはここ数年、みんな入院して手術を受けていますが、全員が元気になっている。アタマのほうもしっかりしているし(笑)。

A 試合で話題になったのは宝城カイリのスターダムにおけるラストマッチ(6・4新木場)。6人タッグを終えた後、本人の希望で所属選手と10人掛けマッチ(1分1本勝負)を行って感動的だった。

B 小川宏代表としては6・21後楽園ホールでやりたかったはずですが、WWE(NXT)入り内定のカイリが15日前後に渡米することになって6・4での退団マッチが決まったようです。

【easypay電子書籍】’17年05月18日号猪木内縁の妻宝城カイリBJW横浜文体UFC211舞浜巌流島SEI☆ZA

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。
ログインして続きを読む