AAAベラノ・デ・エスカンダロ2017+クラッシュ メキシコ2大会!

(C)AAA

 6月4日(現地時間)にメキシコ・ヌエボ・レオン州モンテレイでAAA『ベラノ・デ・エスカンダロ2017』が開催された。AAAはCMLL(当時EMLL)のブッカーを務めていたアントニオ・ペーニャが独立して、メキシコシティを本拠地に設立した団体。CMLLから引き連れたルチャドール達に加えレイ・ミステリオやシコシスといった当時の新世代のレスラー達が活躍、アメリカン・プロレスを意識したエンターテイメント性の強いプロレスを推し進め、ライバル団体のLLI(UWA)を壊滅に追い込み、メキシコを基盤に南米やアメリカへの人気を獲得していった。
 この大会はメキシコの2大メジャー団体のAAAが初夏に開催するビッグイベントで、今大会も発表されていたカードや試合順に変更が繰り返され、メインは結局、マスカラ・コントラ・マスカラ(敗者チーム覆面剥ぎ)3WAYタッグマッチとなった。タッグチームでの3WAYマッチで、抗争中のドクトル・ワグナーJr.、サイコ・クラウンが組まされ、そのサイコを裏切ってワグナーについたモンスター、マーダーのサイコ・サーカスも参戦し、そこにソウル・ロッカー、カルラ・ブラバJr.が加わった。通常の試合ならワグナーはサイコを裏切りサイコ・サーカスと共にサイコを集団で攻撃するところだが、今回、それをやるとワグナーまで覆面を脱がないといけない為、協力してロッカー、ブラバJr.を仕留める事となった。結果、ロッカー、ブラバJr.が敗者チームとなり、覆面を剥がされソウル・ロッカーは本名イグナシオ・パティニョ、ルチャ歴15年。 カルラ・ブラバJr.は本名セルヒオ・マルカ、ルチャ歴15年と公表されてしまったのだった。
 また、セミファイナルではAAAタッグ王座戦が組まれ、前王者チーム、クエルボ、スコリアが王座を奪還した。

■ AAA ベラノ・デ・エスカンダロ2017
日時:2017年6月4日(現地時間)
場所:メキシコ・チワワ州シウダ・フアレス

<マスカラ・コントラ・マスカラ3WAYタッグマッチ>
○ドクトル・ワグナーJr.、サイコ・クラウン
 ピンフォール
●カルタ・ブラバJr.、ソウル・ロッカー
モンスター・クラウン、マーダー・クラウン

<AAAタッグ王座4WAYマッチ>
○クエルボ、スコリア(挑戦者)
 ピンフォール
●エル・メシアス、パガノ(王者)
ドラゴ、アエロスター(挑戦者)
オーストラリアン・スーサイド、ベンガラ(挑戦者)

<金網3AYWマッチ>
同時脱出 エル・テハノJr.、イホ・デル・ファンタズマ
ケビン・クロス

<カベジェラ・コントラ・カベジェラ>
○ピンピネーラ
 ピンフォール
●マンバ


(C)CRASH

 6月2日(現地時間)にバハ・カリフォルニア州ティファナで「ザ・クラッシュ」が開催された。
 この団体はメキシコマット界の重鎮コナンの新団体だ。長年AAAで実権を握っていたコナンだが、AAAA首脳陣と決裂し離脱。新団体を作ると選手の人望が厚いコナンに慕ってレイ・ミステリオJr.やロス・ペロスの面々が次々とAAAを離脱してコナンの元に集まってきて、かつてのプロモ・アステカ(コナンがかつて運営していた団体)の様になってきた。更にコナンは米マットにも顔が利く為、米国の大物を呼び、特にインパクト・レスリング(TNA)のオーナー変更に伴いコナンと仲の良いジェフ・ジャレットが復権した為、インパクト・レスリングと提携を開始。結果、ジャレットだけではなくインパクト・レスリングの選手も呼ぶ事が出来るようにあった。しかし、このインパクト・レスリングの親会社アンセムは、全方位外交を打ちだしコナンが喧嘩分かれしたAAAとも提携を発表した為、ややこしい事となっている。
 そして今大会でもCMLLを解雇されたマキシモ・セクシーとラ・マスカラが試合に乱入したのだった。メインとセミの2試合に乱入したマキシモとマスカラはクラッシュの正規軍と言えるレベリオン(レイ・ミステリオJr.、ペンタ・セロ・ミエド、ダガ、ガルサJr.など)を襲って凶器で痛めつける。しかしメインではレベリオンと抗争しているルード軍ファミリア・デ・ティファナ(ダミアン666、ニチョ(シコシス)、ハロウィンなど)もマキシモ、マスカラのロス・アルバラードに攻撃し、ここはアレナメヒコ(今までマキシモらが活動していたCMLLの本拠地)ではなく、自分達の土地ティファナだと、外敵排除に立ちあがったのだった。これにはルードであるファミリア・デ・ティファナに会場からも大声援。レベリオン、ファミリア・デ・ティファナ、そしてロス・アルバラードの三つ巴の抗争がスタートしそうだ。

■ ザ・クラッシュ
日時:2017年6月2日(現地時間)
場所:メキシコ・バハ・カリフォルニア州ティファナ

<6人タッグマッチ>
○レイ・ミステリオJr.、ダガ、ガルサJr.
 ピンフォール
●ニチョ(シコシス)、ダミアン666、Mr.アギラ

<6人タッグマッチ>
○ペンタ・セロ・ミエド、レイ・フェニックス
 ピンフォール
●ブラック・テリー、スカイデ

<タッグマッチ>
○ソロ、ジャック・エバンス
 ピンフォール
●ベスティア666、イホ・デ・ピラタ・モルガン

【海外情報の決定版!UFC実況解説者、稲垣 收】
▼paypal電子書籍ジャーナル毎週_金曜!銀行振込み対応!999円ファイトクラブ会員主要記事読めます
※開くごとに毎回パスワードを入れる必要ありますが、資料PDFとして手元スマホやパソコンに永久保存が可能なeasypay電子書籍になりました。
スマホPayPalアプリのダウンロード
※440円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)

【easypay電子書籍】’17年06月08日号新日jr.NWAブラッシーWWEアイスリボン235パンクラスBellator


▼6月はベラトールNY大会でヒョードル、シウバがそろい踏みほか、日本ファン注目の大会多数!
 by 稲垣 收
・ヒョードルの相手は“復帰後最強の敵”ミトリオン
・ライアン・ベイダーがフィル・デイヴィスのベラトールLH王座に挑戦
・選手のUFC離脱の理由は?
・UFCのNZ大会ではハントvs“KOマシン”ルイス。廣田、国本も参戦!
・UFCシンガポール大会に元女王ホーリー、アルロフスキー、ドス・アンジョスら元王者と五味、憂流迦も出場
 稲垣收の海外情報~6月は、日本の総合格闘技ファンにとって注目の大会が多い。ニューヨークMSGでのベラトールには、“皇帝”ヒョードル、ヴァンダレイ・シウバも参戦。元PRIDEヘビー級王者とミドル級王者がそろい踏み。UFCのNZ大会では元K-1王者ハントが“ロンダの婚約者”ブラウンをKOしたルイスと激突。同シンガポール大会ではロンダをKOしたホーリー・ホルムや、元PRIDEライト級王者・五味隆典も参戦する。そこでは・・・

[ファイトクラブ]6月はベラトールNY大会でヒョードル、シウバがそろい踏みほか、 日本ファン注目の大会多数!