[週刊ファイト3月30日号]いよいよレッスルマニア33~豊田真奈美引退~DDTさいたま超満員

[週刊ファイト3月30日号]収録 [ファイトクラブ公開中]

▼いよいよレッスルマニア33~豊田真奈美引退~DDTさいたま超満員
 タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編
・3・20スターダム紫雷イオx宝城カイリと東スポ報道+岩谷麻優
・”飛翔天女”豊田真奈美引退発表 11・3横浜大さん橋ホール30周年記念興行
・日本で報道されるWWE情報の虚実と春の祭典レッスルマニア33
・さいたまスーパーアリーナ満員!DDT集客力への称賛と長時間興行
・今週最大のニュース:真壁刀義NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』出演
・柴田勝頼「俺は生まれた時から新日本プロレスなんだ」NEW JAPAN CUP

―― 春分の日もあり、アチコチで興行がありました。本誌ではDEEP後楽園ホール大会、DDTさいたまスーパーアリーナ大会、漫画『最狂超プロレスファン烈伝』原画展などを収録しています。NEW JAPAN CUPは本稿の担当になります。

オフレコ グローバルに考えないといけないとか、読者の関心や好みはそれぞれにバラバラで違うけれど、何が重要なのか先導していくことも専門誌の役割なので、普通に報道するなら、いよいよ『レッスルマニア33』とか、豊田真奈美の引退発表のほうが大きい。

―― いや、東スポが豊田真奈美に触れてないとか、3・20スターダム大会の紙面での扱いが、業界関係者間の今週最大の話題でした。和解したと漏れ伝わりプレスパスで写真も撮ってるけど、『紫雷イオにWWEも熱視線』とギリギリの表現をしてますが、K点越えだとか、皆さんその話題で持ち切りです。

オフレコ 本誌3月16日号で岩谷麻優の件を報道した分は購入を願うが、東スポは突如また連載コーナーが復活して『ベルトがゼロに!でももう1人の私が覚醒』と言わせてみたり、ケーフェィに煩い団体と、どのような密約成立なのかと大笑いやね。

―― 約束が反故にされたのか、破ってないのか。プロレス村の協定破りK点越えなのか否か(笑)。

オフレコ 紫雷イオ本人に、「フロリダ行きが現地で報じられた」とぶつけて、その事実を認めたんだから、「大会のスケジュールとか決まっているのに、商売の足を引っ張るつもりか!」と文句言われる筋合いはないという言い分だろう。

はい、わざと古い写真ばかり並べてます!

―― 本誌3月23日号にも核心を出してますよね。集客に悪影響を及ぼしたい悪意はなくとも、現地で漏れちゃってることを伝えないのも今のネット時代にオカシクなります。営業妨害ではない。

オフレコ 大人のファンならなぜに予定を超えて紫雷イオがV13にまで防衛回数なってるか、今回の相手が宝城カイリで、ダウンなのかとかだけでも、裏取り取材とかする立場になくてもおよそ流れが読めるハズかと。そこで東スポが笑かしてくれた。行間を読む、と。

―― 東スポと豊田真奈美は、なにかあったんでしたっけ?

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。
ログインして続きを読む