[ファイトクラブ]石井がケニー撃破! ニュージャパンカップ1回戦で尼崎超満員

[週刊ファイト3月23日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼石井がケニー撃破! ニュージャパンカップ1回戦で尼崎超満員
by編集部
・石井の“大物食い”劇場とケニーの“相手技引き出し”が合致
・柴田勝頼vs.鈴木みのる13年ぶりシングルは柴田勝利
・そろそろ来るか!? クールなSANADAがYOSHI-HASHI下す
・かつての内藤パートナー・裕二郎、ジュースの噛ませ犬敗戦

 3月12日、新日本プロレス兵庫・ベイコム総合体育館大会は3,862人(超満員)の盛況の中で行われた。

 メインは新日本が誇る名勝負製造機、ケニー・オメガと石井智宏が対決。カウント2.99の攻防でドッカンドッカン沸かせ、フィニッシュ前には珍しい石井による“煽り”まで飛び出す。何度も片翼の天使を阻まれたケニーは、石井の垂直落下式ブレーンバスターに沈むしかなかった。

 一方で、フォールに行く回数はほとんどないままに決着したのがセミファイナル。タイチの介入こそ序盤にあったものの、打撃、絞め技、関節技が主体の正統派の試合として柴田勝頼と鈴木みのるの試合は展開した。デスバレーボムからの掌打、走り込んでの胸板キックといういつもの“PK”とは違ったフィニッシュというのも味わい深い。柴田が13年越しでみのるにリベンジ。

 こういうスタイルが真逆のセミ・メインがいずれも観客を沸かせるから新日本は強い。加えて、ここのところのマッチメイクはファンを実にうまく引っ張っているのではないだろうか。名古屋(満員)・尼崎(超満員)をニュージャパンカップ1回戦で盛況にやり終えたのだから、サスガである。

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。
ログインして続きを読む