15年04月16日号新日両国超満員Pアーツ・スピリットWeRemember’83猪木人間不信

 両国国技館が超満員札止めというのはもの凄いことで、大いに称賛すべきなのだ。それを深く分析するのが、他誌にはできない電子書籍の存在意義でもある。
 本年度の新日本プロレス、本当の試金石かつ正念場となる21年ぶりの7・5大阪城ホール大会AJスタイルズ vs.オカダカズチカ戦がいよいよ決定! 但し、このカードは昨年の不入りだった5・25横浜アリーナ大会と同じだ。人間とは面白いもの。コケたらそれで「今後こそ本当の満員にしてやる」とフロントは意気込む習性がある。防衛戦を3ヶ月も寝かせて満期をきするんであろうが、さて…。

 もったいぶったというべきなのか、さすがにAJが初防衛すらさせないうちからの王座交代はセオリーに反するとold schoolに従ったのか・・・。生え抜きのいないメインだが、日米天才対決「AJスタイルズvs飯伏幸太」という至極カードにファン集結。開演時間を待たない15時台にチケット完売となった新日本プロレス4・5両国国技館大会「INVASION ATTACK 2015」大会は、ハイグレードなままの新日本プロレス劇場が繰り広げられた。

 谷川貞治の『プチ格闘技通信』第40回~先週の日曜日は、久しぶりに朝から格闘技どっぷりの一日でした。まず、お昼は「ピーター・アーツ・スピリット」というアマチュア・キック大会を観戦。今回はプレ大会ということで、ディファ有明で夕方から行われる『蹴拳』というキックボクシング団体にお願いして、昼間に20試合ほど実施。私はこの大会のスーパーバイザーを務めていますが、ピーターと同様、大会の進行やルールをチェックする役目を担っていました。
 さらに、久しぶりに新日本プロレスの両国大会を観戦に行きました。よくチケットが売れているという話を聞きましたが、両国国技館に入ってビックリ! 本当に演出で潰しているスペースもなく、升席に4人びっしり。2階席までぎっしりと客で埋め尽くされていました。私は「最大の演出は観客」と考えており、チケットが売れればお金をかけて舞台などのセットを作る必要は全然ないと思っています。その意味で、この新日本の両国大会は理想の大会に見えました。

 We Rememberシリーズ、それは電子書籍店ファイト!ミルホンネットが膨大な資料をまとめて作り上げた永久保存版であり、第一弾『1966年のアントニオ猪木』は、愛好家諸氏から最大級の称賛をいただいてロングセラー作品となっている。ところが会社の体制が替わり、編集部スタッフが入れ替わって以来、プロジェクトは中断されてしまった。
 しかし、ここに寝かされ続けた第二弾『1966年のアントニオ猪木~人間不信』がついに解禁登場。単独タイトルとして前作に合わせた1050円で販売するのが筋であるが、第一弾の反響にも関わらずお待たせした罪滅ぼしの意味もあり、なんと『週刊マット界舞台裏4月16日号』にカップリング収録という、信じられない大盤振る舞いを断行する。シュート活字本篇だけで22ページ13000字ある、昭和プロレス究極の聖典超大作がベールを脱いだ。
 アントニオ猪木、黄金期の新日本プロレスに興味ある方の唯一無比の必読書。都合のいい後出しじゃんけんの通説・俗説をことごとく破壊、恐るべき時代背景の解きあかしからIWGP決勝戦ベロ出し失神事件に至る壮絶ドキュメントに驚愕せよ!


▼新日両国国技館超満員札止め!
 オカダカズチカ政権の開始と7・5大阪城ホール大会
 by タダシ☆タナカ


▼4・5新日本両国INVASION ATTACK 2015超満員札止め9500人
 Photo by AYAKA他 編集部編
・日米天才対決はAJスタイルズが怪我負った飯伏幸太を返り討ち!
・復活オカダがバッドラック・ファレ下しAJ襲撃で王座戦に名乗り
・抗争ドラマ矢野通と棚橋弘至、桜庭和志と元Laughter7柴田勝頼
・内藤哲也&後藤洋央紀&真壁刀義-YOSHI-HASHI&石井智宏&中邑真輔
・CアンダーソンDギャローズ マリア美貌でタッグ王座ROH組に移動
・マリア・ケネリスとMAO~日米尻胸職人対決お好みはどちら?
・カナダ人ケニー・オメガ日墨ゴミ退治次は米シェリー!Mドラダ
・六本木ヴァイス、変幻自在ヤングバックス下しjrタッグ王座奪取
・高橋&MAO様TトンガCホール持ち上げ!勝利は本間こけし天コジ
・小松シェリーKUSHIDAキャプテン永田-田中翔田口虎獣神中西10人

▼WWEネットワーク130万人-新日本プロレスワールド22000人発表

▼ロンダ・ラウジー本MY FIGHT/YOUR FIGHTウォルマート販売不可


▼谷川貞治の『プチ格闘技通信』第40回 Peter Aerts Spirits
 無限の可能性を秘めたピーター・アーツ、アマ大会!
 4・5その後は新日本・両国大会を観戦!大盛況に感銘受ける

▼パンクラス4・19+4・26テレビ東京・特番情報

▼タブー満載企画【海外情報局287】
 WWEから引退AJリー!『THAI FIGHT』2015年始動!
・Qジャクソン、ベラトール提訴で4・25UFC出場不可に
・WWEスマックダウン2016年からUSAネットワークに移動
・RAW RオートンWWE世界ヘビー級王座挑戦権を獲得
・TNA Kアングル×Bラシュリー再戦も不穏決着
・Cセイビン電撃参戦!ROH「The Conquest Tour '15」
・Rストロング王座防衛PWG「Don't Sweat the Technique」
・Cメンデス剛腕豪快TKO勝利『UFC Fight Night 63』
・Pグラハム敗れる『Tech-Krep FC Ermak Prime Challenge』
・ダニエル・ピネダ一本勝ち!『Legacy FC 41』
・RFロスマーレン王座防衛!ドバイ大会『GLORY 20』
・タイファイト常連メンバーは順当に勝利『THAI FIGHT 2015』
・アンディ・サワー判定勝ち!中国キック大会『武林風』

特別ボーナス・カップリング

▼We Remember第二弾 1983年のアントニオ猪木~人間不信
 猪木失神気絶入院のようなスキャンダルこそが麻薬的ともいえるプロレスの神髄
 by タダシ☆タナカ
・初代IWGP決定戦の真相~昭和プロレスの終焉
・プロ空手vs.プロレス異母兄弟と梶原一騎の逮捕
・黄金時代の裏・ブラジル事業の闇、ロイヤルホテル監禁事件
・一人芝居?83年6月2日蔵前国技館とアントンハイセルの亡霊
・恐怖のシュート・アングル佐藤三蔵菊屋橋病院長
・脱出イリュージョンと人間不信~地獄のアングル
・織田信長が明智光秀に裏切られ本能寺自決~その時歴史は動いた

★一緒にカートに入れて合わせて読めばさらに楽しめる!
マット界舞台裏鷹の爪大賞2014~新日 WWE UFC独走の反動と試練

4/2WWE祭典前メデューサ藤波Reinaリアルジャパン巌流島

3/19新日広島ノア有明WM解析Pアーツ華名プロ福山怪獣酒場

3/5Wスターダム世Ⅳ虎惡斗ノアX東京マラソンIGF猪木72歳ロンダ

販売告知
許可なくの無断転載は厳禁であり引用可能なのはサイト宣伝文までが原則です。情報商材で知り得たいかなる記述も転用は堅くお断りします。公式Facebookシェア奨励のみならず宣伝文を超えて紹介したい場合は事前にご相談下さい。表紙画像等を送付させていただきます。

15年04月16日号新日両国超満員Pアーツ・スピリットWeRemember'83猪木人間不信

商品コード wkbutaiura092

価格 690 円

ウィッシュリストに追加する »