ロンダ・ラウジーが完敗! UFC207

(C)Photo Courtesy of UFC

LAS VEGAS, NV – DECEMBER 30: (R-L) Amanda Nunes of Brazil punches Ronda Rousey in their UFC women’s bantamweight championship bout during the UFC 207 event at T-Mobile Arena on December 30, 2016 in Las Vegas, Nevada. (Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)

 12月30日(現地時間)にネバダ州ラスベガスで『UFC 207: Nunes vs. Rousey』が開催された。
 この大会のメインイベントでは2015年11月に行われたUFC193でホリー・ホルムに敗れて女子バンタム級王座から陥落したロンダ・ラウジー(アメリカ12勝1敗)が、13カ月ぶりに復帰し、現在の同階級王者であるアマンダ・ヌネス(ブラジル13勝4敗)とタイトルマッチを戦う。また、この試合はヌネスにとっても7月のUFC 200でミーシャ・テイトからチャンピオンベルトを奪って以降、初の防衛戦となるだけに、世界中が注目する試合となる。
 一時は無敵無敗時代を築いた、北京オリンピック柔道70kg級銅メダリストであるラウジーは約1年間の沈黙を破ってオクタゴンに復帰するにあたり、「この試合は間違いなく、私のファイナルマッチの1つになるでしょう。だからみんな、見ておいた方がいいわよ。お楽しみはそんなにいつまでも続かないから」とコメントしており、女子総合格闘技の歴史に残る試合が期待されている。試合は元女王の復活に多くの注目が集まったものの、試合開始早々からラウジーの顔に打撃を見舞っていくヌネスが一気に攻撃を仕掛けると、左右の拳を当てられたラウジーは金網際で膝が崩れ、そのままレフェリーが試合をストップ。ヌネスはわずか48秒でKO勝ちを収め、初防衛を成功させた。
ヌネス
「私はものすごくハードな練習をしてきた。そしてアメリカントップチームの皆のサポートのおかげで、すごい選手になることができた。今日、入場する時に、チームで今日は私が輝く時だって話をしたの。ロンダ・ラウジーは偉大な功績を残してきた選手で、感謝している。でも今は私の時代。みんな、私、アマンダ・ヌネスがチャンピオンなのよ! (試合前に注目が全てラウジーに集まっていたことは)全然問題なかった。この試合が決まった時から、そうなるのは分かっていたから準備ができていたし、勝てることも分かっていた。私がこの地球上でナンバーワンよ! ロンダは引退して映画にでも行けばいい。もうお金も十分持っているんだし。この階級には私がいる。もうロンダのことは忘れていいわ!」

LAS VEGAS, NV – DECEMBER 30: Cody Garbrandt (center) reacts to his victory over Dominick Cruz in their UFC bantamweight championship bout during the UFC 207 event at T-Mobile Arena on December 30, 2016 in Las Vegas, Nevada. (Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)

LAS VEGAS, NV – DECEMBER 30: (R-L) Cody Garbrandt punches Dominick Cruz in their UFC bantamweight championship bout during the UFC 207 event at T-Mobile Arena on December 30, 2016 in Las Vegas, Nevada. (Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images)

 また、セミファイナルではバンタム級タイトルマッチとして、王者ドミニク・クルーズ(アメリカ22勝1敗)に、これまで無敗のバンタム級ランキング5位のコーディ・ガーブラント(アメリカ10勝0敗)が挑む。すでに戦う前から、両陣営がソーシャルメディアなどを通して激しい舌戦を繰り広げており、オクタゴンの中でも激闘必至と見られている。試合は、2Rまでは互角の戦いだったが、3Rにクルーズがバッティングから出血すると、ガーブラントが優位に立ち始め、4Rにはガーブラントの右フックがクルーズを打ち抜き、クルーズが崩れ落ちると、その後も何度かダウンを奪われる展開になった。5R終了まで、シャープなフットワークを生かして冷静に戦い続けたガーブラントが見事に3対0の判定で白星を勝ち取り、バンタム級新王者に輝いた。
ガープランド
「クルーズやチーム・アライアンスのおかげで、俺はより良き人間、より強いファイターになることができたと思っている、感謝の気持ちしかない」「彼が王者だったのにはそれだけの理由がある。彼が世界最強だったんだ。だけどこれで俺が世界最強になった。T.J.ディラショー、かかってこい!」

大会や選手の詳しい情報などは、UFC 公式サイトへ
FOXスポーツ&エンターテインメント UFC ナンバーシリーズ
UFCファイトパス、全世界で配信開始!
UFC生放送!DAZN

■ UFC 207: Nunes vs. Rousey
日時:2016年12月30日(現地時間)
場所:アメリカ・ネバダ州ラスベガス

<女子バンタム級王座タイトルマッチ/5分5R>
○アマンダ・ヌネス(ブラジル/王者)
 1R 0分48秒 TKO
●ロンダ・ラウジー(米国/挑戦者)

<バンタム級タイトルマッチ/5分5R>
○コディ・ガーブラント(米国/挑戦者)
 判定 3-0
●ドミニク・クルーズ(米国/王者)

<バンタム級/5分3R>
○TJ・ディラショー(米国)
 判定 3-0
●ジョン・リネカー(ブラジル)

<ウェルター級/5分3R>
○キム・ドンヒョン(韓国)
 判定 2-1
●タレック・サフィジーヌ(ベルギー)

<キャッチウェイト(129.5ポンド)/5分3R>
○レイ・ボーグ(米国)
 判定 3-0
●ルイス・スモルカ(米国)

電子書籍版は週刊ファイト1月12日号オカダxオメガ1・4新日RIZIN女子サーカス巌流島坂口政二IGFに掲載されました。

【UFC情報商材】
wf066Chirashi-718週刊ファイト12/29-1/5号欠場RIZIN最強タッグ抗議録プ本DeepパンクラスSEI☆ZA豆腐
▼メイウェザーがマクレガーの負け動画をアップ+UFCロンダ様復活
 by 稲垣 收
・ボクシング王者がUFC二階級王者を挑発!
・「キャプションをつけろ! 一番いいのには賞金1万ドルだ」
・ 日本時間・大晦日、UFC207でロンダ様復活! アマンダに挑戦
・「これは私の“最後の何試合かの1つ”になる」とロンダ
・UFC207ドミニク・クルーズ FヴェウドゥムxCベラスケス
 稲垣收のUFC海外情報~ついにロンダ様が帰ってくる! 元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジーが、悪夢のKO負けによる王座陥落から1年1ヵ月ぶりにオクタゴンに復活。しかし相手はロンダをKOしたホーリーでも”宿敵”ミーシャでもなく、新王者のブラジル人アマンダ・ヌネスだ。
 ボクシング界最大のスーパースター、フロイド・メイウェザーJr.。「俺が復帰するとしたら、相手の第一候補はマクレガーだ」とUFC王者を相手に指名していた彼だが、最近マクレガーがUFC初の同時二階級制覇を達成した後は、さかんにマクレガー攻撃を開始している。そして・・・