「新日本プロレスの主役は俺だ!」内藤哲也G1初優勝 棚橋弘至にスターダストプレス

 11日、両国国技館で23回目の『G1クライマックス』闕所大会が開催され、内藤哲也が棚橋弘至を下して初優勝。超満員のお客さんに感動のクライマックスを呼び込んだ。
 長期欠場から復帰の内藤は、不安定なヒザを徹底セールする試合展開でお客さんを感情移入させる。棚橋もまた、コンディション面では不完全極まりない2013年夏だったにもかかわらず、かなり美味しいヒール役を完璧にこなし、星5つの満点の完成度メインイベントを作り出している。
■ 新日本プロレス『G1 CLIMAX 23』優勝決定戦
日時:8月11日(日) 試合開始15:00
会場:両国国技館
<第10試合 メインイベント G1クライマックス決勝>
○内藤哲也
 26分44秒 スターダストプレス
●棚橋弘至
DSCF0479.jpg
25分からのhi-spotはタナーのスタイルズ・クラッシュ⇒ハイフライ・フローも、内藤が剣山で切り返す
掟破りのスリングブレイド⇒ドラゴンスープレックスはフォール失敗もスターダストプレス
DSCF0517.JPG
「プロレスを応援する皆さんのためにヒザの1本や2本、くれてやろうと思いました!」
DSCF0512.jpg
次期挑戦者は田中将人「秋田の借りは忘れてない」
内藤哲也「どんな夢でも、あきらめなければ・・・新日本プロレスの主役は俺だ!」
「ちょっとづつ、ちょっとづつ(お客さんに)恩返ししていきたい」
DSCF0314.JPG
<第8試合 G1 CLIMAX 23 Aブロック公式戦>
○棚橋弘至
 10分56秒 スモールパッケージホールド
●柴田勝頼
DSCF0272.jpg
<第7試合 G1 CLIMAX 23 Aブロック公式戦>
○小島聡
 11分56秒 ラリアット⇒片エビ固め
●オカダカズチカ
大会の全容と詳細は別冊miruhonnet101感動のG1クライマックス 長瀬館長Fight of The Ring 浜田文子15周年に収録されました。お楽しみください。
130811NJ-G1.jpg
マット界舞台裏7月11日号新日興行人気マット・ボーン追悼3200全日両国REINA川崎超満員
マット界舞台裏8月8日号今井良晴追悼G1考BattleAid高野UFC会見川田利明アンドレ秘話
別冊miruhonnet101感動のG1クライマックス 長瀬館長Fight of The Ring 浜田文子15周年