設立11年目、DDTプロレス早くも今年3度目の6・15大阪デルフィンアリーナ道頓堀興行

 DDTプロレス率いる高木三四郎の師匠筋にあたる鶴見五郎の、10年以上前にIWA格闘志塾を主催していた頃の、これぞまさしく大衆(スポーツ)芸能である至言をまず紹介しよう。
 「現在のプロレスはマニアックなファンや長く観続けていたファンにはわかるのですが、初めて観る人にとっては非常にむづかしくなってきております。よしあしは別にし、私たちの目指すプロレスはいつどこで誰が見てもわかるプロレス。大衆(パブリック)プロレスを追求していくつもりです。」
 弟子の高木代表はその言葉をいままで十二分に培ったイベンター的感覚にて独自にアレンジ、形を変えて見事に昇華させている。年季のはいったファンにも予備知識のない一見さんにも楽しめて、元を取った気分で帰路に着いてもらうことを心がけているわけだ。
 特に一見さんには団体、プロモーションそしてあの選手のファンになった、気になったと記念にグッズも何か買って帰ろう、また来てみようと思わせたらしめたもので、そのわかりやすいプロレスを見事に提供している。
 またプロレス特有の胡散臭さも、ところどころ切りはしに散りばめてギャグにしていてなんともユニークである。それがDDTプロレスだ。
08.6.15ddt2.jpg
DDTコミッショナーを兼ねる不思議なプロレスワールドの神・ゴージャス松野、1試合目でMIKAMIと珍試合(上)
沖縄プロレスのパロディー、「DDTを君たちは捨てるのか!」というデルフィン一派を比喩したようなちょっと危ないコント。それにDDT側として若手で人気のヌルヌルブラザーズとともに、大阪プロレスを退団した内田祥一が加わっているのがミソ。ヌルヌルはいわくつきの問題となった魔王・秋山成勲からきているギャグ(下)
 今年でここ3度目となる(1月は5日と6日の2日間連続、3月20日)デルフィンアリーナ大会ではフェスティバルゲートと道頓堀の場所の違いがあれど、かつて大阪プロレスに所属していた古くはディック東郷、そして犬仁田厚→ぺロの正体である元DDTの高井憲吾、内田祥一(ラ・内田)、レフェリーの松井幸則も出場していて、大阪プロレスのファンもしくは、だった者にはプレミアム価値のある大会となったのではないだろうか。
 奄美大島プロレスネタもラストに新藤リングアナが不適切な発言で・・・とマイクで断っていたが、何か思わせぶり感が大阪大会名物の「探偵ファイトスクープ!」ともどもおおいに楽しませてくれた。スペル・デルフィン率いる沖縄プロレス旗揚げを皮肉ったものであろう。
08.6.15ddt1.jpg
大日本に先駆けてマルベル堂のプロマイド(名称はブロマイドではない)400円で発売(中)
ポイズン澤田はファンタジープロレスの象徴にして、DDT躍進の立役者。マムシデスマッチを知る年季の入った柔軟なプロレスファンは手の込んだキャラ設定だと納得したものだ。WWEのアンダテイカーのような息の長いキャラであってほしい。
 インディーマット界のきさくなリビングレジェンド!ポイズン澤田のファジーな存在も同様に楽しい。過去を知らない人は、かつての初代タイガーマスクの試合の映像をみたらセコンドについている新弟子時代の澤田の姿を観て驚き桃の木であろう。
 またナンチャッテ・プロレスの現代神、ゴージャス松野さんもまた楽しめる。比較的若い連中のなかで自然に溶け込んでいるのもこれもまたすごい。
 試合巧者ヤス・ウラノの着ているTシャツ「yas」は、大物プログレッシブ・ロックグループのYESのロゴのパロディーでこれまたにんまりさせられる。7月18日開催の自主興行「ヤスうけあい」新木場1stRING(19時半開始)は、ぜひ成功してほしいものだ。
 秘境のアルゼンチン・マット界でも活躍するレスリングマスター、ディック東郷やアントーニオ本多等が観られるのもDDTプロレスのすばらしさである。
 15日の大阪遠征大会は、成功裏に幕を閉じた。
08.6.15ddt3.jpg
三四郎自伝は好評発売中。内容保証、読まれた方はまたもう1度読んでみたくなる本+メタルバンパイアのサイン入り限定Tシャツ(左)
ヤスTシャツ、高木社長のニューTシャツ(右)
『大阪道頓堀ストーリー2 』  観衆294人(公式発表)
★オープニングマッチ 15分一本勝負
○MIKAMI vs ゴージャス松野●
7:27 片エビ固め
※450°スプラッシュ 松野が初防衛に失敗、MIKAMIが744代アイアンマン王者。
★第二試合 第2回DDT探偵ファイトスクープ(一人目) 30分一本勝負
○星誕期 vs シオ高梨(塩田探偵)●
3:10 体固め
※ブエノスアイレス午前零時でアルゼンチンのイマチ・マルセロ・サロモン(42)こと星が勝利
★第二.五試合 第2回DDT探偵ファイトスクープ(二人目) 無制限一本勝負
○高木探偵 vs CAT’S岡本●
2:36 片エビ固め
※ねこだましスタナー 高木探偵が浅利慶太主宰にCAT’S岡本を紹介する事を約束
★第三試合 30分一本勝負
●マサ高梨、男色ディーノ、マッスル坂井 vs 中澤原マイケル、松永智充、内田祥一○
14:42 片エビ固め
※ダイビング・ヘッドバット
★第四試合 30分一本勝負
タノムサク鳥羽、○柿本大地、安部行洋 vs 高木三四郎、高井憲吾(でら名古屋)、入江茂弘(でら名古屋)●
15:44 逆エビ固め
★セミファイナル 60分一本勝負
諸橋晴也、飯伏幸太、●アントーニオ本多 vs ディック東郷、大鷲透、Koo○
18:56 エビ固め
※ハワイアン・スプラッシュマウンテン MV松井は地域密着型石垣島プロレスをぶち上げる
★メインイベント 60分一本勝負
ポイズン澤田JULIE、○JARASHIMA vs KUDO、ヤス・ウラノ●
16:6 ゴーゴンクラッチ 大阪初見参のJARASHIMAが閉める