’23年09月07日号テリー追悼2 AEWウェンブリー 佐藤光留興行 Noah川崎 王道T小島聡

’23年09月07日テリー追悼2 AEWウェンブリー 佐藤光留興行 Noah川崎 王道T小島聡

'23年09月07日号テリー追悼2 AEWウェンブリー 佐藤光留興行 Noah川崎 王道T小島聡

商品コード Weeklyfight400

価格 600 円

ウィッシュリストに追加する »

各号販売リンク※SNS拡散奨励!連絡者は引用自由

週刊ファイト!YouTubeチャンネル登録お願いします。

▼華DATEの 週刊ファイト案内!999円ファイトクラブ、電子書籍~試してみよう!

週刊ファイト!YouTubeチャンネル登録お願いします。

電子書籍ジャーナルのみ収録コンテンツ多数収録!全151ページ特大号~追悼テリー・ファンク特集第2弾:テキサスの荒馬-迫力グラフィック凄惨試合-引退試合-井上譲二ハリウッド進出-藤井敏之KBS京都ラジオ-西尾智幸「プロレス爆笑アイランド」感謝-読者ページ反響~マット界歴史更新AEW8万人$10MM+興行ロンドン・ウェンブリー・スタジアム徹底詳細拡大版:MJFアダム・コール-WオスプレイCジェリコ-CMパンクまた事件~佐藤光留自主興行:変態が見せた夢空間デスペラード戦~ノアN-1カルッツかわさき潮崎豪-征矢学~全日本プロレス王道トーナメント小島聡~ケーシー四コマ漫画:RIZIN万智/他

超簡単!スマホ/タブレットなど全対応ファイトクラブ月額999円
スマホ/アップルiOS全ディバイス対応DMM.com電子書籍配信

'23年09月07日号テリー追悼2 AEWウェンブリー 佐藤光留興行 Noah川崎 王道T小島聡

商品コード Weeklyfight400

価格 600 円

ウィッシュリストに追加する »


◆追悼テリー・ファンク特集第二弾

 テリー・ファンクさんが79歳で亡くなった。昨年の10月にはアントニオ猪木さんがやはり79歳で亡くなっており、昭和プロレスを彩ったレジェンドたちが次々と鬼籍に入られている。テリーさんは本場アメリカのみならず、日本でも絶大な人気を誇っていた。いや、テリーさんの日本での人気はアメリカ以上だったかも知れない。

▼“テキサスの荒馬”テリー・ファンクの想い出
 by 安威川敏樹
・タッグ・マッチの面白さを再認識させたザ・ファンクス
・女性ファンの親衛隊までついたテリー・ファンク
・悪しき前例を作ってしまったテキサス・ブロンコ

▼8・30KBS京都ラジオ“テキサス・ブロンコ”テリー・ファンクさん追悼番組
 by 藤井敏之

▼昭和の時代にコンプライアンス問題で放送カットされた”凄惨試合”を紐解く
(2023年4月27日号より再録)
 photo & text by 西尾智幸

・まだ、放送基準が緩かった昭和の時代に見せ場が静止画放送
・筆者が観始めてからの記憶では、カットされたのは2試合のみ
・ブッチャーがテリーの胸元を割れたビール瓶で突き刺す
・ハンセンがブルロープでテリーを市中引き回しの刑
・逆に近年のCSでの再放送ではフルバージョンOK?!
・“やられの美学”がテリーの真骨頂。それがリアルすぎたのか?

 今週の4コマ劇場は・・・ボケなしです。今回は、先日死去されたテリー・ファンク
さんへの追悼を笑いなしでお届けします。

▼西尾智幸の「プロレス爆笑アイランド」vol.139:ありがとうテリー

 1970年代後半、ポスト馬場として期待されたジャンボ鶴田の興行人気が伸び悩むなか、77年暮れの『世界オープン・タッグ選手権』でのアブドーラ・ザ・ブッチャー&ザ・シーク戦を機に大ブレークしたのがテリー・ファンク。当時の全日本プロレスにとってまさに救世主なのだが、外国人選手が新エースに躍り出たことによってJ・鶴田のモチベーションが下がるなど“支障”も生じた。しかし、それ以上にジャイアント馬場社長を困らせたのはテリーの一方的な引退決意である。

▼井上譲二の『週刊ファイト』メモリアル第63回
 テリー プロレス人生のターニングポイントとなったハリウッド進出
(2020年9月2日号より再録)

・G・馬場社長を困らせたテリーの一方的な引退決意
・アグレッシブな闘い方を見せるテリーはカッコ良かった
・結果的に馬場はウソをつかれたことになる
・レスラーとしては5年ぶりの来日を果たすかもしれない

▼テリー・ファンク 名勝負は永遠に!昭和58年8月31日の引退試合!
 編集部編


◆ニュースの舞台裏:海外ニュース同時進行
 2020年より富士通スタジアム川崎で行われている佐藤光留自主興行も、2023年で4回目を迎えた。2部制で開催された今年の目玉は、何と言っても第2部メインで組まれた『佐藤光留vs.エル・デスペラード』だろう。プロレス界の陰日向に咲く月見草が、業界の太陽とも言うべき新日本プロレス所属選手と相対するシングルマッチは、観客に夢を見せた。とはいえ、このメインの対極に位置する試合が1興行に組まれる振り幅の広さは、佐藤光留興行の特色でもある。全2部制の狂乱に満ちた大会を、業界専門誌が取材に来なかった第1部も含めて本誌では特集する。

▼佐藤光留自主興行エル・デスペラード戦 変態が見せた限りない夢空間
 photo & text by 鈴木太郎

・選手自身も楽しんだ夏の屋外大会
・メジャー・インディー超越した『佐藤光留-エル・デスペラード』夢舞台!
・”プロレス小僧”デスペラードによる枠組み超えた尊敬
・インディーから轟かすJrの脅威! 渡辺壮馬見せた新たな可能性
・”2代目阿部史典”バトルロイヤル覇者・阿部史典が2代目襲名!
・観客も理解不能な【オーバー・ザ・阿部史典】ルール
・『Evo女-有名フリーランス』圧倒的力量差でフリーランス勢軍配
・身長キャリア差度外視タッグ『火祭り』覇者松永準也JTO夕張源太下す
・長渕剛リスペクト♪JEEEP勝者CDデビュー”SUSHIを向いてあるこう”
・当たり屋4人火花散らすバチバチマッチ壮絶時間切れドロー永尾颯樹
・コスプレ、『だるまさんがころんだ』、関根シュレック秀樹! 狂乱のYMZ
・夢みがち56歳 presents『岩崎永遠-塚本竜馬』ラリアットで岩崎勝利!
・飯伏研究所・前口太尊プロレス2周年記念!和田拓也が関節技で下す
・場繋ぎ余興感満載の長時間ダークマッチ照明暗転決着”イベント終了”

 AEW『All IN』ロンドンはウェンブリー・スタジアム興行は、WWEの有料入場者数を上回りマット界歴史の新記録を樹立。このエポック・メイキングのメガ・イベントを、恐らく世界最長の20ページを費やして、徹底的に詳細拡大版にてシュート活字委員会が斬り込んだ。舞台裏情報は無論のこと、またものCMパンク事件をも裏のウラまで公平に解析する。

▼マット界史更新AEWウェンブリー有料80709人もCMパンクまた喧嘩
 オージーオープン⇒タッグ王座MJFアダム・コール~トリ防衛まで英国
 (c) AEW タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編
230827AEW-Z3
・長い大会勘弁して欲しいZero Hour名義2時間ダブルJギター喰らう
・親友タッグ戴冠 オージーオープン技量を披露する目論見も短すぎの尺
・ECW所縁FTW王座HOOK奪回、ジャングルボーイと恋人ハワイ休暇

・発端はCollision収録怪我⇒休暇ジャック・ペリー本物ガラス案の却下

・入場から不機嫌CMパンクなだめてお仕事サモア・ジョー本戦第1試合
・首絞めた暴力沙汰だの謹慎処分まで、またも極端に違う現地媒体論調

・バレットクラブ竹下幸之助Kオメガ丸め込むトリオ戦 飯伏幸太?出来
・Cウィラー火器使い暴れ逮捕も予定ケツ通りFTR防衛-ヤングバックス

・スタジアムスタンピード=狂人MOXお約束流血ハードコア戦オレンジC
・Queen国ウェンブリー母Sweet Saraya Knight絡むサレヤ地元戴冠劇
・メタリカ曲入場スティング64歳Dアレン棺桶蓋閉Swerveクリスチャン

・フレディ・マーキュリーCall Responseからジェリコ♪Judas声だけ生演奏
・Revolution Pro鷹木信悟戦濃かった陰口Cジェリコ倒すWオスプレイ

・4ヶ月後AEW「4歳の息子のために」⇒アレックス・ウィンザーの連れ子
・House of Blackトリオ選手権アクレイムド&ビリー親父に譲る 続きあり

・Rストロング介入も善玉MJF防衛Aコールと敵対にせず友情守るケツ

 プロレスリング・ノアが贈る真夏のリーグ戦『N-1 VICTORY 2023』。優勝の行方は、拳王と潮崎豪の2選手に絞られる事となった。現GHCヘビー級王者であるジェイク・リーの勢いを止めると目されていた有力候補同士による一戦は、近年も因縁を築いてきた関係もあり、今のノアが自信をもって贈れる看板カードだろう。今回の最終公式戦が行われたカルッツかわさき大会では、選手の悲喜交々も交錯する人間模様が随所で垣間見られたのである。

▼潮崎豪-征矢学N-1悲喜交々 ジェイク・リー敗戦 稲村愛輝全敗⇒海外
 photo & text by 鈴木太郎

・ストーカー被害告白も雑音振り払った潮崎
・天敵・拳王打倒へ潮崎秘策は緩急にあり?
・急遽実現”優勝決定戦進出決定”潮崎豪ラリアット一閃で征矢学撃破!
・若手の戦法”丸め込み連発”活かした潮崎
・武田取締役も「NOAHの新たな柱」と絶賛した征矢学
・最終戦”王者のまま全勝優勝”潰えたジェイク・リー苦杯Block拳王1位
・【絶望を覚える制圧力】が無かったジェイク
・怖さ皆無なジェイクの原因は”星取り調整”にあり?
・『AXIZ』同門対決潮崎豪制す! フランケン⇒ラリアットで中嶋勝彦撃破
・因縁よりもスポーツライクが強調されたAXIZ対決
・稲村愛輝まさかのN-1公式戦全敗で『無期限海外修行』決断!
・稲村は若手不足&進まない新陳代謝の犠牲者である
・海外で箔を付けないと上に行けないノアの課題点
・【凱旋帰国後に即GHC王座挑戦⇒王座戴冠】が出来ないと・・・

▼異常灼熱期マット界の肝!お盆+台風交通X⇒AEWウェンブリー8万人
 タダシ☆タナカ+シュート活字委員会編

・今週の要「テリー・ファンク逝去の話題が止まらない」偉大さのワケ
・回転率の速さが国内マット界の大衆認知を阻む負のスパイラル構造癌
・シュート活字キャッチコピー「末永く愛そう!底なし沼プロレス・格闘技」
・「鷹の爪大賞’22」裏MVP小島聡、AEWインディ⇒王道トーナメント
・「3冠のベルト、取っちゃうぞバカヤロー!」9・3新潟アオーレ長岡大会
・『博士の異常な愛情』『私を愛したスパイ』ケン・アダム美術監督の頂点
・Yes, I believe (Stargazer) SHOWTIME版『DIO:Dreamers Never Die』

▼格ヲタ似顔絵師 ケーシーの四コマ漫画劇場:RIZIN万智

・知る人ぞ知る格ヲタ似顔絵師ケーシー
・格闘技選手の素顔


◆読者コーナー
▼寺内1/2兵衛「テリー追悼最高の内容」梅崎一郎「竹田CREATIONだぁ」

※読者コーナーへの投稿・情報提供大歓迎!
各種イベントや大会レポート、写真のご投稿お待ちしております。

▼編集スタッフ募集中+人材紹介歓迎
(宛先fight@miruhon.net)

▼タブー満載企画【海外情報局732】
 大会最多の13選手にボーナス!「ONE Lumpinee 30」ラウェイ情報網羅!
・日本から参戦の3選手2勝1敗も獲得!「ONE FRIDAY FIGHTS 30」
・【ラウェイ】メイン上昇中の若手対決は時間切れ引分「ANS FUTURE 1」
・8・31 & 9・1ミャンマー・カレン州「ミャンマー vs.タイ」ラウェイ開催!
・マックス・ホロウェイがKO勝ち!UFCファイトナイト・シンガポール
・ライト級、ウェルター級決勝進出者決定!PFL 9: 2023 Playoffs
・アレックス・シェリーが王座防衛!Impact Wrestling
・Jアレキサンダーが仲間割れでフォール負け! Emergence 2023
・ソベラノJr.がミスティコに6人タッグで勝利!CMLL アレナメヒコ金曜

★まとめ買い対応【見る本電子書籍】あわせて読めば流れがわかりさらに楽しめる!
8/24-31 TファンクBワイアット追悼 あきぴ G1 HEAT-UP NewBlood10 DG大田区
8/17 飯伏幸太Gleat両国 アメプロ頂SummerSlam 大阪2連戦G1船橋アリーナ
8/3 猪木アリ再訪 小島聡エナジャイズ全日大阪 新日G1 NXT肉薄Dynamite
7/27 AEW血祭 NWA日プロ回顧 勝彦ノア健斗 JKA昼夜K1両国 上半期ワースト
7/20 拳王清宮海斗 MSG収益SD新記録 DDT名無し 昭和回顧WJ 新日本キック
7/13 BattlegroundロンドンMITB みちのく30ハヤトGLEAT 青柳優馬 SS虎女
7/6 徹底検証AEW新日トロント禁断の扉 Stardom金網 ノア潮目 RIZIN札幌
6/29 新番組AEW+新日 ノア名古屋GLEAT大日本 スックワンキントーン 昭和
6/22 AllTogetherAgain 末広通り+仙女 3150Fight 小橋建太FortuneDream
6/15 Iシーク追悼 NewBloodスターダムEvolution AEW新日Dominion Gleat
6/8合併 新韓国UD校長 中野たむ WWEサウジAEWベガスNXT 永田bjw藤波Noah
5/25 スターダムNewBlood訃報SBグラハム Bハート 和歌山城ノアSベース AEW

'23年09月07日号テリー追悼2 AEWウェンブリー 佐藤光留興行 Noah川崎 王道T小島聡

商品コード Weeklyfight400

価格 600 円

ウィッシュリストに追加する »

▼いまから約1年前の週刊ファイト
’22年09月08日号ノア清宮N1鈴木 WWE週末決戦AEW SS王座流出S虎 PEACE大阪 鶴見五郎