「ビッグバン・統一への道 其の44」王者防衛!新王者誕生!皇治 格闘技イベント『NARIAGARI』城戸康裕と矢島直弥が参戦!

 1月22日(日)東京・後楽園ホールで開催されるキックボクシングイベント「ビッグバン・統一への道 其の44」。ダブルメイン1のビッグバン・スーパーバンタム級タイトルマッチでは王者・一 航(新興ムエタイジム)が判定勝で初防衛に成功。もうひとつのメイン2ではプロキャリア6戦めの板橋武留(健成會)が判定勝で王座戴冠を果たした。「ビッグバン」は、従来のキックボクシングにエンターテイメント要素を加えた新感覚の格闘技プロモーションで、ルールも選手の特性に合わせた柔軟な対応を行っており、「ビッグバンルール」として表記される試合は、K-1ルールに近いヒジなしのルール。「ビッグバンキックルール」として表記される試合は、ヒジでの攻撃が解禁されたルールとなっている。ラウンド数は基本3分3Rとなっているが、ヒジ有りルールにおいては5Rに設定されることもあり、試合ごとに設定が異なっている。
公式サイトより抜粋

■「ビッグバン・統一への道 其の44」
日時:2023年1月22日(日)後楽園ホール 開場17:00 開始17:30
会場:東京・後楽園ホール

<第11試合 メインイベント第2試合 スーパーバンタム級タイトルマッチ 3分3R ビッグバンルール>
○一 航(新興ムエタイジム)Bigbang S バンタム級王者 21戦15勝(3KO)4敗2分
 判定3-0
●愛瑠斗(えると)(健成会)K-1 S バンタム級 6戦4勝(2KO)2敗
※一 航が初防衛

<第10試合 メインイベント第1試合 バンタム級王座決定戦 3分3R 延長1R ビッグバンルール>
●萩原 秀斗(K-1 ジム総本部チームペガサス)K- 1 バンタム級 33戦11勝(4KO)18敗4分
 判定0-3
○板橋 武留(健成會)K-1 バンタム級 5戦4勝(1KO)1敗
※板橋が新王者

<第9試合 スーパーエキジビション 2分2R ビッグバンルール>
城戸 康裕(谷山ジム/2017年K-1 Sウェルター級世界トーナメント準優勝、2008年K-1WORLD MAX日本王者)80戦55勝(26KO)24敗1分
 vs.
実方 宏介(真樹ジム AICHI/前Bigbangヘビー級王者) 25戦13勝(10KO)12敗



城戸は、2月5日 皇治 主催の格闘技イベント『NARIAGARI』に参戦が発表されている。

<第8試合 68Kg 契約 3分3R ビッグバンルール>
●山際 和希 (谷山ジム/Bigbang Explosion ウェルター級トーナメント優勝・初代 Bigbang ウェルター級王者)60戦36勝(13KO)20敗4分
 判定0-3
○プライチュンポン・YSS ジム(YSS ジム/IMC インターナショナル S ウェルター級王者)102戦61勝(21KO)39敗2分

<第7試合 ヘビー級 3分3R ビッグバンルール>
●坂本 英則(修実館/Bigbangヘビー級王者) 23戦15勝(5KO)7敗1分
 2R 1分15秒 ※左ジャブ
●星 龍之介(POWER OF DREAM) K-1 ヘビー級 2戦2勝(2KO)

<第6試合 60Kg 契約 3分3R ビッグバンルール>
○林 京平(湘南格闘クラブ/前Bigbangライト級王者) 32戦14勝(8KO)16敗2分
 判定3-0 vs.
●仲川 広汰(Ten Clover Gym 浜松) S フェザー級 14戦6勝7敗1分

<第5試合 53.5Kg 契約 3分3R ビッグバンルール>
○矢島 直弥(TSKjapan/元WPMF日本フライ級王者) 29戦14勝13敗2分
 2RTKO 2分37秒 ※右ストレート
●小寺 雄太(谷山ジム) S フライ級 10戦3勝(1KO)7敗

2月5日 皇治 主催の格闘技イベント『NARIAGARI』に参戦予定の矢島はKO勝
動画:負けたら出場辞退!! 元WPMFチャンピオン矢島選手がNARIAGARI出場をかけた試合に皇治CEO密着

<第4試合 57.5Kg 契約 3分3R ビッグバンルール>
○知良(ともよし)(RB アカデミー) K-1 フェザー級 19戦7勝8敗4分
 判定2-0
●竹添 翔太(インスパイヤードモーション)フェザー級 4戦2勝(1KO)1敗1分

<第3試合 フェザー級 3分3R ビッグバンルール>
○神田 賢吾(WSR フェアテックス幕張)フェザー級 11戦4勝6敗1分
 1RTKO 2分20秒 ※レフリーストップ
●海 (チーム OJ) フェザー級 プロデビュー戦

<第2試合 55Kg 契約 3分3R ビッグバンルール>
○松下 武蔵(NOPPADET GYM) SUK WAN KING THONG S バンタム級3位 6戦4勝(1KO)1敗1分
 判定3-0
●坂本 侑生(さかもと ゆうき)(ファイティングアカデミー ドラゴンテイル)S バンタム級 ※プロデビュー戦 (アマチュア戦績29戦12勝14敗3分)

<第1試合 (特別試合)2分2R ビッグバンルール>
△片山 大樹(フリー)ヘビー級
 引分0-0
△HIRO (フリー)ライト級

<オープニング第2試合 60Kg 契約 2分2R ビッグバンアマチュアルール>
●修羅斗(谷山ジム)S フェザー級
 判定0-3
○厚澤 純(ファイティングラボ大宮/トイカツ道場) S フェザー級

<オープニング第1試合 52Kg 契約 2分2R ビッグバンアマチュアルール>
●曽我 好健(治政館江戸川道場)ジュニアキック6冠王 68戦41勝24敗3分
 判定1-2
○大久保 祐(修徳会)Bigbang ジュニア50Kg 級王者 52戦36勝10敗5分1NC

【2023年 試合予定】
4月 9日(日) Bigbang 統一への道 其の45 後楽園ホール
6月18日(日) Bigbang 統一への道 其の46 後楽園ホール
9月10日(日) Bigbang 統一への道 其の47 後楽園ホール
12月 3日(日) Super Bigbang2023 横浜武道館