IWGP女子初代KAIRI「ダーッ」締め 1・4ドームV1戦は中野たむ ブシロード

 20日、ブシロード(新日本プロレス&スターダム)が初の合同興行『Historic X-over』を有明アリーナで開催した。

 創設が発表されたことが大きな話題を呼んだIWGP女子王座。初代はKAIRIが戴冠した。前日の大阪府立体育会館では岩谷麻優がメインのマネーボールマッチ出場、KAIRIがワンダー・オブ・スターダム戦30分フルタイムであったことから、まさにフル稼働だ。有明では岩谷が何度もKAIRIのカットラスを被弾。KAIRIもまた強烈なドラゴンスープレックスで幾度となく頭部をマットに打ちつけられる。観客を魅了したIWGP女子初代王座決定戦は、KAIRIがこの試合2度目のインセインエルボーで勝利した。

 KAIRI「本日は、寒い中、遠い中、有明アリーナ、お越しいただいてありがとうございました。ここで皆さんとやりたい締めがございます。IWGPといえば(アントニオ)猪木さんですよね? ということは、1、2、3…みなさん、いいですか? いいですか? 棚橋さん『愛してます』じゃなくていいですか? オッケー? ありがとうございます。それでは、みなさんで1、2、3、ダー!で拳を突き上げて、みなさんの“プロレス愛”をここにひとつに集結させましょう。準備はいいですか! いきますよ~! 1、2、3、ダーーーッ!!」。

 試合でもマイクでもKAIRIが締めた合同大会は、中盤のミックスドマッチも見せ場十分で大成功と言える内容だった。なお、メイン後に中野たむがリングイン、来年1・4新日本東京ドームでの初代王者KAIRI初防衛戦の相手に名乗りを上げている。

■ 新日本プロレス/スターダム Historic X-over
日時:11月20日(日)17:00 ※第0試合は16:00
会場:東京・有明アリーナ 観衆7102人(主催者発表)

<第0−1試合/オスカー・ロイベ デビュー戦>
●オスカー・ロイベ
藤田晃生
大岩陵平
中島佑斗
 9分39秒 DPD⇒片エビ固め
ケビン・ナイト
ゲイブリエル・キッド
〇アレックス・コグリン
クラーク・コナーズ

<第0-2試合/スターダム・ランボー>
〇MIRAI
 23分06秒 ミラマーレ・ショック⇒片エビ固め
●スーパー・ストロング・スターダム・マシン
※15選手参戦

<第1試合>
〇リオ・ラッシュ
YOH
YOSHI-HASHI
石井智宏
 7分05秒 3K⇒片エビ固め
●ディック東郷
SHO
高橋裕二郎
EVIL

<第2試合>
レディ・C
AZM
〇上谷沙弥
 9分09秒 ファイヤーバードスプラッシュ⇒片エビ固め
テクラ
●桜井まい
ひめか

<第3試合/ミックスドタッグマッチ>
朱里
●トム・ローラー
 10分29秒 ヨーロピアンクラッチ
ジュリア
〇ザック・セイバーJr.

<第4試合/ミックスド8人タッグマッチ>
なつぽい
中野たむ
金丸義信
〇タイチ
 12分01秒 ブラックメフィスト⇒片エビ固め
渡辺桃
スターライト・キッド
●DOUKI
エル・デスペラード

<第5試合/ミックスドタッグマッチ>
〇林下詩美
棚橋弘至
 9分36秒 ハイジャックボム⇒片エビ固め
●舞華
後藤洋央紀

<第6試合>
●BUSHI
高橋ヒロム
SANADA
鷹木信悟
内藤哲也
 9分55秒 コリオリス⇒体固め
ギデオン・グレイ
フランシスコ・アキラ
TJP
〇カイル・フレッチャー
マーク・デイビス

<第7試合/グレート・ムタ新日本プロレスラストマッチ>
グレート・ムタ
矢野通
〇オカダ・カズチカ
 9分48秒 レインメーカー⇒片エビ固め
●アーロン・ヘナーレ
グレート-O-カーン
ジェフ・コブ

<第8試合/IWGP USヘビー級選手権試合>
[挑戦者]
〇海野翔太
 23分30秒 ストームブレイカー⇒片エビ固め
●ウィル・オスプレイ
[第16代王者]
※オスプレイが4度目の防衛に成功

<第9試合/IWGP女子初代王座決定トーナメント決勝戦>
●岩谷麻優
 25分28秒 インセインエルボー⇒エビ固め
〇KAIRI
※KAIRIがIWGP女子初代王者になる