ディオナ・プラッゾが女子二冠王に!Impact Wrestling

公式HPに画像が公開されたら追加します。
(C)TNA

 1月13日(現地時間・放送日)に『Impact Wrestling』が放送された。
 今放送では、メキシコAAAの女子王座レイナ・デ・レイナス王者であるディオナ・プラッゾとROH女子世界王者ロックCがダブル王座戦を行った。他団体王座のダブル王座戦がインパクト・レスリングで行われるというとんでもない事態になった。試合は激戦の末、プラッゾがヴィーナス・デ・ミロを極めて勝利。プラッゾが団体の垣根を越えた二冠王に輝いた。 しかし、試合後にマリア・ケネリスが現れてプラッゾを挑発。プラッゾのマネージャーをしているマシュー・リーヴォルトが割って入るとそこにROH軍OGK、ヴィンセント、PCOがなだれ込んで集団暴行。助けに入ったインパクト・レスリング正規軍のリッチ・スワン、ウィリー・マックもROH軍にやられてしまい、ROH軍がリングを占拠して団体抗争をアピールした。
 また団体最高峰王座、インパクト世界王者のムースに対し、W・モリッシー、そしてジョシュ・アレキサンダーが相次いで挑戦をアピール。しかしムースは彼らの挑戦を無視して、元NWA世界テレビ王者であるジッキー・ダイスと王座戦を行い、秒殺勝利で王座防衛。これに対し怒ったモリッシーは、試合後にリングに乗り込んできてムースを襲撃。逃げるムースが忘れていったベルトを手にして王座挑戦をアピールした。アレキサンダーは、王座挑戦をぶちまけた時、なんとかつてWWEでレスリング軍団チーム・アングルの一員として、そしてザ・ワールド・グレイテスト・タッグチームとして活躍したチャーリー・ハースが現れてアレキサンダーを急襲。レジェンドがいきなり現れアレキサンダーより先に自分が王座挑戦すると乱闘となり、王座戦の前に新旧アマレス強豪対決として二人の抗争がスタートするようだ。

■ Impact Wrestling
日時:2022年1月13日(現地時間・放送日)
会場:アメリカ合衆国 TVテーピング

<AAA&ROH女子王座ダブルタイトルマッチ>
○ディオナ・プラッゾ(AAAレイナ・デ・レイナス王者)
 ヴィーナス・デ・ミロ
●ロックC(ROH女子世界王者)

<シングルマッチ>
○ジョナ
 ピンフォール
●ラジャ・シン

<インパクト世界王座タイトルマッチ>
○ムース(王者)
 ピンフォール
●ジッキー・ダイス(挑戦者)

<シングルマッチ>
○マーシャ・スラモビッチ
 ピンフォール
●ヴァート・ヴィクセン

<シングルマッチ>
○マイク・ベイリー
 ピンフォール
●ジェイク・サムシング

<シングルマッチ>
○ラレド・キッド
 ピンフォール
●クリス・ベイ