オープンフィンガーグローブ・ムエタイ「Muay Hardcore」ラウェイから参戦のベロニカ スプリット判定敗!

@MuayHardcoreCH8
1月8日タイバンコクのTVマッチで定期開催されている、オープンフィンガーグローブでの3Rムエタイ“Muay Hardcore”に、ミャンマー3選手が参戦、中でもラウェイでもいちばんの実績がある女子ラウェイ選手のベロニカは、ムエタイ初戦で昨年WBCムエタイ女子スーパーフライ級王座を獲得したダンコンファ(タイ)と対戦、基本減量しないで闘うラウェイで58-60㎏で試合をしていたベロニカは体力、技術も向上していて試合はほぼ互角の展開、パンチのヒットっ数ではベロニカが上回っていたが、1-2のスプリット判定で敗退。しかし次回に期待ができる試合内容だった。
 またタイ在住のムエタイ選手で判定有ラウェイのWLCに参戦しているソーミオンは一進一退の引分、イェイェントナウンは滅多打ちにされダウンも奪われるが、3R持ちこたえ判定負けとなった。

ダンコンファ(タイ)

昨年からタイ・プーケットのTiger Muay Thai & MMA Training Campでトレーニングを積んでいたベロニカは、身体も締まり体力、技術もアップしていた。


■ Muay Hardcore
日程:2022年1月8日 19;00開始(日本21:00)
場所:タイバンコク
放送:チャンネル8

<第4試合 55㎏契約 3分3R>
●ダンコンファ(タイ/WBCムエタイ女子スーパーフライ級王者)ดังก้องฟ้า-Dangkongfah 53.8kg.
 判定1-2
○ベロニカ(ミャンマー/2019MTBF女子ベルト王者 ラウェイ18戦9勝1敗8分)ဘရောနီကာ-Veronika 54.2 kg

<第2試合 54㎏契約 3分3R>
△ペッチダムクワン・トー.ファラン47(タイ)เพชรด้ามขวาน ท.พราน 47-Petchdamkwan Tor.Phran 47 55.4kg
 引分
△ソーミオン(ミャンマー)စိုးမင်းအောင်-Somiong 53.2kg

タイ在住でムエタイ選手であるソーミオンは、試合前インタビューもタイ語で応えていた


<第1試合 60㎏ 3分3R>
○チャロンスック・イーグルムエタイ(タイ)ฉลองศึก อีเกิลมวยไทย-Chalongsuek Eagle Muaythai 60.4kg
 判定
●イェイェントナウン(ミャンマー)Ye Yint Nung 59.8 kg.

ムエタイ技術では圧倒的な差があり、滅多打ちになってレフェリーストップも有り得た試合展開だったが、イェイェントナウンの気持ちは折れず、ポイントでは勝っていると確信したチャロンスックは、3R流し気味に試合を進めて判定勝。勝利はKOのみのラウェイとはやはり別競技である。