ムエタイ2大殿堂のひとつルンピニースタジアムで大改革発表!女子マッチ、3Rマッチ開始!MMA戦導入!賭け禁止!

 COVID-19感染拡大の為、休止状態であるタイのムエタイ。その中でも権威ある2大殿堂スタジアムひとつルンピニースタジアムが、9月10日大改革を発表した。
1.5Rが通常だが、3Rマッチも導入(THAI FIGHT、MAX MUAYTHAI、MuayThai Super Champなどは、タイvs.外国人をメインとした3Rムエタイ大会はエンタメ性が高い)
2.女子マッチ解禁(ルンピニー、ラジャでは女子マッチは禁止されていた。)
3.MMA戦の導入
4.試合での賭け禁止
5.最終Rの流し禁止(ポイントで勝っていると判断した選手は、最終ラウンド倒しにいかず逃げの体制にはいる)

これによりルンピニースタジアムのムエタイ判定基準はどうなるのか?判定もKOを狙う選手の姿勢、ダメージを伴う攻撃、倒しに行く姿勢をより評価してのK-1、ONE的なものになるのか? 始まってからの変更の可能性もあると思える。
Source:Lumpinee Boxing Stadium


9月25日(土)のルンピニーでは解禁された女子マッチで、判定有ラウェイWLC女子バンタム級(51㎏-54㎏)王者のソーリス・マンフレディ・ルークヤノー(フランス)がWBCムエタイスーパーフライ級(50.8㎏-52.16kg) タイトルマッチでペッカンヤ・ ポー・ プワントーン(タイ)と対戦する。