AEWタイ・コンティ、ナイラ・ローズに勝利!KオメガMサイダル-DアレンJシルバーTNT王座戦

(c) AEW


 未だ先週の大流血戦、サンダー・ロサvs.ブリット・ベイカーD.M.D.の賞賛が鳴りやまない。ロサが先週のMVPに選ばれるのは無論のこと、記録面でもかのカードが、米国でもっとも多くの視聴者に見られた女子プロレス試合となるという快挙も判明。道理でNXTとAEWの水曜戦争、最後の方で現地ではUSAネットワークで中継放送されるNXTがCMになった途端、AEWのTNT局にチャンネルを合わせてみて、そこでなんかすさまじい女子の大流血戦が目に飛び込んできて、そのままNXTに戻らずAEWを見ていたというデータも上がってきている。なんら驚きはなく、そうだろうなぁという確認ではあるのだが。

■ AEW Dynamite
日時:3月24日(現地放送時間)
会場:米フロリダ州ジャクソンビル デイリーズ・プレイス


 そんな勢いの中で始まったLIVE中継、日本からの視聴者には馴染みになるケニー・オメガvs.マット・サイダル戦から。一応ノンタイトル戦で、サイダルが勝てば王座戦のチャンスが与えられるという体裁からも、米国内ではまだ広くには知られてないハイフライヤーになるのだろうか。但し、我々の期待通り素晴らしい試合が番組トップで披露され、最後はVトリガーからの片翼の天使である。これでいいのだ。


 続いてはハングマン・ペイジが、長身のセザル・ボノーニに豪快なバックショット・ラリアットを決めていた。ペイジは着実にスター街道を歩んでいる。


 プロレスの凄いところは、試合に負けようがそれでスターになることもあること。今大会のハイライトは間違いなくトニー・シェバーニーのインタビューを受けるDr.ブリット・ベイカーD.M.D.であり、「ファンはもっと温かくワタシを迎えるべきだ」から始まって、ヒールだから散々悪態つくんだが、もう何を言ってる許される。また様になっている。「サンダー・ロサはワタシに感謝しないさい」とやって、「AEWはワタシが大きくした。でもAEWよりDMDのほうが大きい」とまで言うんだが、はい、ごもっともでございます。体張って数字取ったのだから正義なのだ。

 クリスチャン・ケイジのAEW初試合は、フランキー・カザリアン戦になった。渋い選考である。内容、大いに期待持てるだろう。


 MJFのザ・ピナクル軍が始動。今回はショーン・スピーアースにFTRが出陣して、ブライアン・ピルマンJrのバーシティ・ブロンズにダンテ・マーティンを加えたトリオとの6人タッグ戦。スピアーズがダンテにデスバレー・ドライバーを決めた。

 タズ軍から離脱するかのような素振りで、ベビーフェースターンを伺わせるブライアン・ケイジが、先週は悪かったと許しを請うんだが、果たしてどうなのかというスキットも挿入。


 ヒールターンしたと思ったQTマーシャル、彼の話はどこまでがお芝居で、どこからがシュートなのか微妙なのが面白いのだが、一応はCodyに「この前は悪かった」みたいなことを言って、次週Codyと対戦したいという。右肩がガチで上がらなくなっているCodyは、アーン・アンダーソンがレフェリーをやるならと決定するのだ。さて、どうなるのか?


 ちなみにDynamiteを放送するTNTは、Codyとブランディの30分のリアリティーショー番組をやると発表した。いつから、どの曜日にとかは未定なのだが、凄いことには違いない。


 ルチャ兄弟は今回はラレド・キッド、対するヤングバックスはブランドン・カトラーと加えてのトリオで6人タッグ戦。もはやAEWの定番カードである。

 ラレド・キッドがカトラーに雪崩式スパニッシュフライを決めるケツにして、あえてルチャ兄弟もヤングバックスも勝敗には絡んでない。

 ケニー・オメガがやってきて、「3年前に俺は最高の団体を作るためにヤングバックスを選んだのに、裏切った」と非難をやりだし、ルチャ兄弟がケニーを串刺しにするはアンギャロのグッドブラザースも出てくると、次週の予告ということになろう。


 AEWは格・序列の呪縛に囚われないというか、ビッキー・ゲレロ姉御を従えての元女子王者ナイラ・ローズを、タイ・コンティがハンマーロックDDTで3カウント取るカードはどうだろう。ブラジルの柔道家で美貌なのに、NXTでは芽が出なかったコンティがAEWでは輝き始めたのだ。これはWWEに対するメッセージでもある。

 負けて暴れるローズに志田光が竹刀でリングインすれば、バニーもと、今後の展開が仕込まれていた。


 番組トリがダービー・アレンのTNT王座防衛戦であり、ダークオーダー軍のジョン・シルバーをカナディアンデストロイヤーで切り返しての王座防衛に。但し、途中で当然ダークオーダー軍が介入してくるが、そこはスティングが立ちはだかるという案配だ。

 良い試合だったんだが、どうもシルバーが途中で肩を打ち付けたのは気になる。最後までやり遂げたが、大きなケガになってないことを祈るばかりである。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼RレインズWM変更Heelエッジ3way戦Dブライアン30分ファストレーン

[ファイトクラブ]RレインズWM変更Heelエッジ3way戦Dブライアン30分ファストレーン

※500円電子書籍e-bookで読む(カード決済ダウンロード即刻、銀行振込対応)
’21年04月01日号Rizin 仙台決勝 DG赤磐 ノア藤田拳王 FastLane転換 SSプロレス会見