日本武道館での来年3月10周年記念が決定も・・・生え抜き岩谷麻優が林下詩美に敗れて陥落 スターダム仙台

 15日、スターダムがビッグマッチ大会タイトルとする“CINDERELLA”を冠した大会を仙台にて開催した。

 メインはスターダムの生え抜きでありアイコンである岩谷麻優が林下詩美の挑戦を受ける赤ベルト戦となった。夏の『5☆STAR GP』を制した林下は、赤ベルト挑戦表明の他選手を先に挑戦させる懐の大きさを見せつつ、この日の仙台大会を迎える。若さと体格からグイグイ攻める林下とゾンビ岩谷のコントラストで試合は進むが、林下がハイジャックパイルドライバーから叩きつける新技で岩谷を仕留めた。

 林下の前にはさっそく朱里、ジュリア、渡辺桃から挑戦要求がかかる。林下が黒星先行の相手である桃を指名の流れから、12・20大阪府立体育会館第1でのビッグマッチでの「林下vs.桃」赤ベルト戦、「ジュリアvs.朱里」白ベルト&SWA2冠戦が濃厚となった。控室では林下の父・ビッグダディこと清志さんが林下の祝福に駆けつけた。

 セミ前には日本武道館での来年3月3日、スターダム日本武道館大会の開催が発表された。団体10周年と同時に生え抜き岩谷が10周年となるが、林下に敗れたことで“このままでは王者として10周年を迎えられない”屈辱的な状態に追い込まれている。

 
■ スターダム STARDOM SENDAI CINDERELLA 2020
日時:11月15日(日)15:00
会場:宮城・仙台サンプラザ 観衆=508人(コロナ対策限定人数/主催者発表)

第1試合:フューチャー・オブ・スターダム選手権試合/15分一本勝負
<王者>
〇舞華(Donna Del Mondo)
  8分9秒 炎華落とし⇒片エビ固め
●飯田沙耶(STARS)
<挑戦者>
※舞華が2度目の防衛に成功

第2試合:5WAYバトル/15分一本勝負
〇スターライト・キッド
  7分6秒 ムーンサルト・プレス⇒片エビ固め
●妃南
※残りは里歩、上谷沙弥、羽南

第3試合:6人タッグマッチ/15分一本勝負
中野たむ&〇白川未奈&ウナギ・サヤカ(STARS)
  10分58秒 GSS⇒片エビ固め
刀羅ナツコ&鹿島沙希&●吏南(大江戸隊)

第4試合:ハイスピード選手権試合/15分一本勝負
<王者>
〇AZM(Queen’s Quest)
  3分20秒 あずみ寿司
●ゴキゲンです☆(STARS)
<挑戦者>
※AZMが2度目の防衛に成功

第5試合:シングルマッチ/15分一本勝負
●ひめか(Donna Del Mondo)
  11分1秒 ピーチ・サンライズ
〇渡辺桃(Queen’s Quest)

第6試合:SWA選手権試合/30分一本勝負
<王者>
●ビー・プレストリー(大江戸隊)
  11分31秒 青龍
〇朱里(Donna Del Mondo)
<挑戦者>
※ビーが初防衛に失敗、朱里が第7代王者になる

第7試合:ワンダー・オブ・スターダム選手権/30分一本勝負
<王者>
〇ジュリア(Donna Del Mondo)
  20分43秒 グロリアスドライバー⇒片エビ固め
●小波(大江戸隊)
<挑戦者>
※ジュリアが3度目の防衛に成功

第8試合:ワールド・オブ・スターダム選手権試合/30分一本勝負
<王者>
●岩谷麻優(STARS)
  24分44秒 BTボム⇒片エビ固め
〇林下詩美(Queen’s Quest)
<挑戦者>
※岩谷が6度目の防衛に失敗、林下が第13代王者になる
※ジュリア、朱里、渡辺桃が登場し、詩美は桃を次期挑戦者に指名