RAWカイリ・セイン復帰!王者対決アスカxベイリー至宝戦

©2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 なんといってもトリの王者対決、アスカvs.ベイリーのRAW回だろう。正直、どうでもいいブレイ・ワイアットvs.ブラウン・ストローマンとか、ルイジアナの沼地で二人ともワニに食われて下さいなんだが、この女子王者二人のレスリングはずば抜けている。お互いのセールの上手さが他と別次元なのだ。道理で3ブランド全部に出てくるハズである。


 番組冒頭はドリュー・マッキンタイアのプロモからなんだが、4月にリストラされた実生活の親友ヒース・スレーターが、「二人の娘のためにもラスト・チャンスをがんばるしかない」と、明らかなガチ演説には心を揺さぶられるかも。10年一緒に行動してきたらしい。一方はWWE王者、一方は現在無職なんだから現実は厳しい。まぁヒースは試合というか、クレイモア一発で吹っ飛ばされるだけなんだが・・・。


 あとまた、71歳のリック・フレアーをスキットに出演させて、エンジェル・ガザ、アンドラデ、ランディ・オートンの3人に「お前たちはともに第三世代という共通点がある」とやらしていた。アンドラデはシャーロットと事実婚なので、フレアーは親父なんだからまぁいいか。

 バイキング・レイダースのエリックとサラ・ローガン夫妻が妊娠を公表。サラもまた解雇リスト入りだったんだが、ここぞとばかり子作りに励んだら一発でオメデタだったそうだ。試合はそんなバイキングがビッグショーと組んでの6人タッグ。オートンがエリックにRKOを決めていた。

■ WWE RAW
日時:7月6日(現地放送時間)
会場:米フロリダ州オーランド パフォーマンス・センター

◆カイリ・セインがサーシャ・バンクスとの復帰戦で反則裁定勝ち!

 カブキ・ウォリアーズのカイリ・セイン w/アスカが復帰戦でサーシャ・バンクス w/とシングル初対決。なかなか見ごたえのあるカードとなった。先にWWE女子タッグ王者サーシャ&ベイリーがリングに登場すると、サーシャは「私がアスカをタップアウトしてRAW女子王者になる」とPPV「エクストリーム・ルールズ」で2冠王者になることを宣言。するとそこへアスカが登場して「獲れるもんなら獲ってみろ」と挑発すると、さらにサーシャの対戦相手としてカイリが待望の復帰に。
 カイリは初対決のサーシャ相手にハリケーン・ラナやオクトパス・ホールドで攻め込むと、サーシャもバックブリーカーやダブル・ニーで反撃して白熱の攻防を展開。セコンドのアスカが“カイリ”チャントで声援を送ると、カイリはフライング・カブキ・エルボーからブロックバスター2発、さらにスピアーやスライディングDと怒涛の連続攻撃を仕掛けると、最期はサーシャをイカリ(実況は変形のボストンクラブ)で締め上げたところでベイリーが乱入して試合は反則裁定に。
 試合後、アスカも加わって4人が乱闘に発展すると、最後はカイリがコーナートップから場外へのインセイン・エルボーを放ってサーシャ&ベイリーを2人まとめて倒すなど待ち望んでいたユニバースを喜ばせた。アスカ対サーシャのRAW女子王座戦が行なわれるPPV「ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ」は日本時間7月20日にWWEネットワークで配信される。

◆ロリンズ対ミステリオの“目には目を戦”がPPV「エクストリーム・ルールズ」で決定

 このご時世に「恐怖劇」とはいかがなものかと非難が出ているのだが、抗争を展開するセス・ロリンズとレイ・ミステリオがPPV「エクストリーム・ルールズ」で“目には目を戦”で対戦することが決定した。2020年にハムラビ法典を施行とは、もっと楽しいことをやれという気もするのだが・・・。
 ケビン・オーエンズがKOショーのゲストとして”月曜夜の救世主”ロリンズ司教 w/マーフィーを呼び込むと、『レッスルマニア』で闘った者同士に通じるものがあるとか言い出して・・・。「レッスルマニアはケビン・オーエンズ」なるTシャツをプレゼントするんだが、笑えるから”マンデイナイト・メサイヤ”Tシャツよりは欲しいかも。
 結局セスは「試合許可が出たミステリオとエクストリーム・ルールズで対戦したい」と対戦要求。すると「今は昇給なんか不可能! 選手切ってるくらい」と契約延長で押し通そうとするWWEに対して、フロリダに飛来しないままZOOMプロモを延々と繰り返すに留まっていたミステリオ親子がようやく現場に登場。どうやらWWE残留が成立したのだろうが、ミステリオ w/ドミニクが「その挑戦を受けてやる」と対戦を受諾すると、続けてオーエンズがバックステージでロリンズらに襲撃されたアリスター・ブラックの代わりに予定していたタッグ戦に参加することを表明。

 ロリンズ&マーフィー対ミステリオ&オーエンズのタッグ戦がPPV「エクストリーム・ルールズ」で行なわれるロリンズ対ミステリオの試合条件を選ぶ権利をかけて行なわれると、4人がハイレベルの激しい攻防を展開した。しかし、試合終盤に突如ブラックが登場するとドミニクがこれに動揺したマーフィーにサミング、さらにミステリオがマーフィーに619からフロッグ・スプラッシュを叩き込んで3カウント。試合後、勝利したミステリオは「試合条件は“目には目を”だ! お前の目玉を素手でくり抜いてやる」と試合条件をロリンズに叩き付けて遺恨戦に闘志を燃やした。ロリンズ対ミステリオの“目には目を戦”が行なわれるPPV「ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ」は日本時間7月20日にWWEネットワークで配信される。

◆アスカがベイリーを破って“女子王者対決”を制す

 RAW女子王者アスカが因縁のSmackDown女子王者ベイリーを撃破して“女子王者対決”を制した。試合前、アスカは「ベイリーに勝って次週はWWE女子タッグ王者戦だ!」とタッグ王座も見据えて試合に挑むと、シャイニング・ウィザードやミサイルキックで攻め込んだ。一方のベイリーもアスカを解説席に叩き付けるとアスカのダンスを真似て挑発。これに怒ったアスカがダブル・ニー、ヒップアタック、ジャーマン・スープレックスと猛攻を仕掛けて試合を優勢に進めたが、ベイリーがアスカをターンバックルに叩き付けると形勢逆転。

 ベイリーはカイリを挑発してレフェリーの死角を作ると、サーシャのヒザ攻撃からベリー・トゥ・ベリーをアスカに叩き込んだ。そもそも実況席をハイジャックする格好でPPV「エクストリーム・ルールズ」でベイリーとの王座戦が決定しているニッキー・クロスがサモア・ジョー解説員の横でわめていた伏線があり、ヘッドセットを吹っ飛ばされたのに怒って向かって行ったため、オフィシャルたちがバックステージに追いやっていた。アスカのピンチが続く中、アクリルの飛沫防止壁を隔てた客席にニッキーが姿を現しバンバンとプラスティックを叩き出すと、これに動揺したベイリーをアスカがアスカロックで捕獲。


 続けてカイリが介入を狙うサーシャをスピアーで蹴散らすと、最期はアスカがアスカロックから脱出したベイリーを丸め込んで3カウント。アスカがベイリーからピンフォールを奪取して宣言通り“女子王者対決”を制した。

 アスカ対サーシャのRAW女子王座戦、ベイリー対ニッキーのSmackDown王座戦が行なわれるPPV「ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ」は日本時間7月20日にWWEネットワークで配信される。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼橋本真也命日~UFCファイトアイランド/RIZIN~#金8はプロレス深淵とDOMINION後

[ファイトクラブ]橋本真也命日~UFCファイトアイランド/RIZIN~#金8はプロレス深淵とDOMINION後

※500円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’20年07月16日号NJC新日DOMINION直前 RIZIN AEW水曜NXT カイリ引退 川上スターダム