[ファイトクラブ]9・15AAAマンハッタン上陸もビザ発給WWEのClash重なりPPV惨敗

[週刊ファイト9月26日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼9・15AAAマンハッタン上陸もビザ発給WWEのClash重なりPPV惨敗
 photo by George Napolitano 編集部編
・流血禁止!?ブルー・デーモンjr.ドクトル・ワグナーjr.の「水戸黄門」長寿
・無料Twitchナシ!覆面ケイン・ヴェラスケス投入もPPV購入は60件?
・AAA世界タッグ王座戦ルチャ兄弟がプエルトリコLAX仕留め王座防衛
・タジャがテッサ・ブランチャードから王座をメキシコに戻すもイマイチか
・マイケル・エルガンらImpact勢協力2時間半WWE4時間半より満足
・ラ・パルカら入国出来ず!AAA色は薄まったが3000人メヒコ系客熱狂


 現地時間9月15日、ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン地下にあるHulu TheaterにてAAAがマンハッタンに侵攻。インパクト・レスリング勢の協力のもと、元UFC戦士ケイン・ヴェラスケスのプロレス二戦目から、8・3『トリプレマニア 17』で「引退」とか言ってたものの、まだまだ続くブルー・デーモンjr.とドクトル・ワグナーjr.の長寿抗争まで、ルチャリブレの世界が繰り広げられ盛況だった。
 もっとも、最初の発表段階ではMSG本丸のほうでやると一度は発表され、それはさすがに無茶だとなって現在は名称権が移動してHulu Theaterの方に落ち着いた経緯はある。但し、新日本プロレスの米国遠征でも露呈したように、トランプ政権になってから労働ビザが簡単に取れない、あるいは異常に遅れる課題があり、カード発表も直前になってしまうなど、現在のアメリカの政治情勢に左右されたことも弁護しておきたい。

 タダシ☆タナカ記者はマンハッタン在住時の1994年7月に行われた同会場でのAAA大会(当時の名前はパラマウント・シアター)を取材している。コナン&ペロ・アグアーヨ&シエン・カラスvs.エディー・ゲレロ&アート・バーLove Machine&ジェイク・ロバーツの6人タッグがメインであり中身は良かった、観客も熱かったと記憶するんだが、今回も似たようなものか。あそこでまたやると聞いて、何十回は通った勝手知ったるコンサート用の会場なので知り合って40年になるブルックリン在住のジョージ・ナポリターノ記者を派遣したのだが・・・。

外部的には元UFC王者ケイン・ヴェラスケスの米国でのプロレス初試合が売りだったのだが・・・

■ AAA Lucha Invades NY
日時:9月15日(現地時間)
会場:ニューヨーク市 マジソン・スクエア・ガーデン Huluシアター

流血禁止!?ブルー・デーモンjr.ドクトル・ワグナーjr.の「水戸黄門」長寿
<第7試合>
○Dr.ワグナーjr.
 ピンフォール
●ブルー・デーモンjr.

 メインはレジェンド対決で、ドクトル・ワグナーJr.とブルー・デーモンJr.が激突した。ワグナーJr.は途中まで覆面をかぶったまま試合を行い、いつも通り、お互い覆面をやぶりあい激しい試合となった。最後はデーモンJr.がワグナーJr.をボディスラムで投げ、トップロープから攻撃したのを上手くワグナーJr.が切り返して逆転のフォール勝ち。クリーンにピンフォールでワグナーJr.が勝利して大歓声を浴びた。

 試合後、納得出来ない、デーモンJr.がワグナーJr.を攻撃。更にAAAと提携団体であるインパクト・レスリングのサミ・キャラハン、ザ・ノース、テッサ・ブランチャードらが乗り込んできてデーモンJr.に加勢するも、そこにサイコ・クラウンらAAAテクニコ勢がワグナーJr.救出に飛んできてインパクト・レスリング勢を蹴散らしたのだった。特にケイン・ベラスケスはキャラハンに腕十字で極め圧倒。デーモンJr.らをリングから追い出し、ワグナーJr.を中心にテクニコ勢がポーズをとって大会は大団円となった。AAAの選手たちが駆けつけてメデタシめでたしという・・・。水戸黄門でいいのである。これでいいのだ。

無料Twitchナシ!覆面ケイン・ヴェラスケス投入もPPV購入は60件?

<第6試合>
ブライアン・ケージ、○ケイン・ヴェラスケス、サイコ・クラウン
 リーサル・インジェクション
ロス・メセナリオス(テハノjr、レイ・スコーピオン、●タウラス ラ・マスカラは負傷欠場)

 セミファイナルでは提携団体インパクト・レスリングのブライアン・ケイジ、AAAテクニコの絶対エース、サイコ・クラウン、元UFC王者のケイン・ベラスケスが夢のタッグチームを組んで、エル・テハノJr.、レイ・エスコルピオン、タウルスのルード軍と対戦。最後はベラスケスがスタナーでタリウスを仕留めてフォール勝ち。夢のメンバーが快勝した。

AAA世界タッグ王座戦ルチャ兄弟がプエルトリコLAX仕留め王座防衛
<第5試合 AAAタッグ王座戦>
[王者]ルチャ・ブラザース(フェニックス、○ペンタゴンjr.)
 パッケージ・ドライバー⇒フォール
[挑戦者]LAX(サンタナ、●オーティズ)
※ルチャ・ブラザーズが王座防衛


AAA世界タッグ王座戦は王者ルチャ・ブラザーズが合体パイルドライバーでLAXを仕留め王座防衛。

タジャがテッサ・ブランチャードから王座をメキシコに戻すもイマイチか
<第4試合 AAAレイナ・デ・レイナス女子王座戦>
[王者]●テッサ・ブランチャード
 ダブル・チキンウィング・フェースバスター
[挑戦者]○タジャ・ヴァルキリー
※タジャが新王者


タジャ・ヴァルキリーの夫はジョン・モリソン(ヘニガンとかジョニー・インパクト名)である。

マイケル・エルガンらImpact勢協力2時間半WWE4時間半より満足
<第3試合 4way戦>
○Daga
 ジェイ・ドリラー
●プーマ・キング、アエロ・スター、フラミータ

<第2試合 6人タッグ戦>
[インパクト軍]ジョシュ・アレクサンダー、○マイケル・エルガン、サミ・キャラハン
 ライガー・ボム
[AAA軍]ドラゴ、ファビ・アパッチ、●マーダー・クラウン

<第1試合 タッグ戦>
クリス・ディケンソン、○マスカラ・ドラダ
 クレイドル
デイブ・ザ・クラウン、●デマス3:16(ダミアン666)

ラ・パルカら入国出来ず!AAA色は薄まったが3000人メヒコ系客熱狂

▼レスリング・オブザーバーの評価
AAA NEW YORK INVASION
Thumbs up 45 (95.7%)
Thumbs down 0 (00.0%)
In the middle 2 (04.3%)

BEST MATCH POLL
Pentagon Jr. & Fenix vs. LAX 43

WORST MATCH POLL
Taya Valkyrie vs. Tessa Blanchard 18
Dr. Wagner Jr. vs. Blue Demon Jr. 12

Based on phone calls and e-mails to the Wrestling Observer as of Tuesday, 9/17.