ECW同窓会!サブゥー、RVD、トミー・ドリーマーにサンドマンも登場!インパクト・レスリング!

(C)TNA

 5月31日(現地時間・放送日)に『Impact Wrestling』が放送された。
 今回の放送では、番組冒頭で伝説のハードコア団体ECWのレジェンドであるサブゥー、ロブ・ヴァン・ダム、トミー・ドリーマーがタッグを組み、ムース、ザ・ノース(イーサン・ペイジ、ジョシュ・アレキサンダー)と対戦した。2019年5月24日放送回でヴァン・ダム、ドリーマーに襲いかかったムーズとザ・ノースだが、サブゥーが加勢に入りECWレジェンド軍が迎撃して蹴散らしてしまった。ECWレジェンドのあまりの強さにほうほうのていで逃げ出したムースらだが、今回は雪辱する為に6人タッグマッチで挑戦する事となったのだった。試合はECWレジェンド軍の連携が冴えわたり、ムース組を圧倒。ムースらも反則のローブローで反撃するも、すぐにECWレジェンド軍がペースを奪い返し、サブゥーの椅子攻撃で会場を沸かせる。最後はサブゥーの椅子とテーブル攻撃からヴァン・ダムのファイブスター・フロッグ・スプラッシュでECWレジェンド軍が勝利。やはりレジェンド達は強いと証明された。
 またメインでは、現インパクト世界王者ブライアン・ケイジの王座を狙ってインパクト・レスリング入りしたマイケル・エルガンと前王者であるジョニー・インパクトが悪の共闘を開始し、ウィリー・マック、リッチ・スワンと対戦。シングルプレイヤーとしてはインパクト、エルガンの方が上だが、タッグマッチなのでマック、スワンは連携プレイで攻めたてる。インパクト、エルガンも反撃するも、なんと同士討ちをさせられてしまい、エルガンはインパクトは信用できないと試合放棄してしまったのだった、二対一となれば流石のインパクトでも勝てず、最後はスワンの450°スプラッシュの前にフォール負け。エルガンとインパクトの強力タッグは早くも仲間割れした形となった。
 更に因縁が続くエディ・エドワーズとキラー・クロスがシングルマッチで激突。エドワーズは自分の相棒と言える竹刀を叩き折られており怒り心頭。今回はハードコア戦なのでバケツや椅子、梯子など凶器も飛び交い激しい試合となる。クロスがエドワーズを梯子に叩き落とすなどパワーで圧倒するも、なんとそこにECWレジェンドであるサンドマンが竹刀を持って乱入。クロスを攻撃すると形勢逆転。最後はエドワーズがボストン・ニー・パーティーでクロスを仕留めて逆転勝利となった。試合後、サンドマンは自分の竹刀(シンガポール・ケイン)をエドワーズに渡して、クロスに折られた竹刀の代わりにしろとプレゼント。エドワーズはお礼にサンドマンに缶ビールを渡し、観客席でビールをがぶ飲み。完全にECWが帰ってきたという大団円となった。

■ Impact Wrestling
日時:2019年5月24日(現地時間・放送日)
場所:アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア

<タッグマッチ>
○ウィリー・マック、リッチ・スワン
 ピンフォール
●ジョニー・インパクト、マイケル・エルガン

<シングルマッチ>
○エディ・エドワーズ
 ピンフォール
●キラー・クロス

<タッグマッチ>
○ザ・ディーナーズ
 ピンフォール
●デジ・ヒット・スクワット

<シングルマッチ>
○テッサ・ブランチャード
 ピンフォール
●グレン・ギルバーティ(ディスコ・インフェルノ)

<6人タッグマッチ>
○サブゥー、ロブ・ヴァン・ダム、トミー・ドリーマー
 ピンフォール
●ムース、ザ・ノース





※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼青木篤志バイク事故死-NXTテイクオーバーWWE不服-BOSJ.26頂点

[ファイトクラブ]青木篤志バイク事故死-NXTテイクオーバーWWE不服-BOSJ.26頂点

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年06月13日号BOSJオスプレイ鷹木 NXTテイクオーバー W1才木 RIZIN神戸 青木篤志