パンクラス復帰ISAO微差判定マレガリエ下し王座統一!二人合わせて87歳:近藤有己x郷野聡寛

 26日、パンクラス305が開催され、メインで1年ぶりの復帰となったISAOが、暫定王者にしてパンクラス無敗、強豪ナザレノ・マレガリエを微差の判定で下し、フェザー級王者を統一するとともに二階級王者を達成した。
 また、元王者の田村一聖を肩固めで下した摩嶋一整には今後、要注意だろう。
 14年ぶりの対戦となった近藤有己vs.郷野聡寛の三度目対決は立ち技勝負に終始したが、かろうじて近藤が逃げ切っている。実況では、二人合わせて87歳と強調されていたが、両雄、鉄人というほかない。

 ちなみにせっかくのTOKYO MX地上波放送なのだが、今回もメインの途中で時間切れに。AbemaTVがあると言われればそれまでだが、本戦10試合だけでも長すぎると感じたし、実際会場は、ジムの選手の試合が終われば帰る客も少なくなく、最後まで残っていたファンにも申し訳ないように思う。

■ skyticket presents PANCRASE 305 sponsored by ONE championship
日時:5月26日(日) 開始16:00
会場:東京・スタジオコースト

<メインイベント フェザー級K.O.P.T. 5分5ラウンド>
●ナザレノ・マレガリエ(アルゼンチン/TEAM TAVARES)
 判定0-3 (46-49/47-48/47-48)
○ISAO(NEVER QUIT)

※ISAOが第8代フェザー級王者、2階級制覇

<セミファイナル フライ級 5分3ラウンド>
○小川徹(TRIBE TOKYO M.M.A)
 判定3-0 (30-27/30-27/30-27)
●マモル(シューティングジム横浜)

<第8試合 フェザー級 5分3ラウンド>
●田村一聖(KRAZY BEE)
 3R 4分31秒 肩固め
○摩嶋一整(毛利道場/Rebel FC王者)

<第7試合 ウェルター級 3分3ラウンド>
○近藤有己(パンクラスイズム横浜)
 判定3-0 (30-27/29-28/29-28)
●郷野聡寛(GRABAKA)

<第6試合 バンタム級 5分3ラウンド>
●福島秀和(BLOWS)
 判定0-3 (28-29/28-29/28-29)
○春日井 寒天 たけし(志村道場)

<第5試合 バンタム級 5分3ラウンド>
○大橋悠一(P’sLAB大泉/Neo Bloodトーナメント2018優勝)
 1R 0分41秒 左フック⇒グラウンドパンチ レフェリーストップTKO
●ディションバイ・バキトベック(Sport Club Attila)

<第4試合 バンタム級 5分3ラウンド>
○米山千隼(マルワジム横浜)
 2R 1分43秒 グラウンドパンチ レフェリーストップTKO
●JOEY BOY(SPIKE22/USA)

<第3試合 フェザー級 3分3ラウンド>
○杉山和史(TURNING POINT MMA/HF)
 1R 2分59秒 グラウンドパンチ レフェリーストップTKO
●川那子祐輔(秋本道場jungle junction)

<第2試合 ストロー級 3分3ラウンド>
○宮澤雄大(K-PLACE)
 判定2-1 (30-27/28-29/29-28)
●リトル(GUTSMAN)

<第1試合 バンタム級 3分3ラウンド>
○坂野周平(マルワジム横浜)
 判定2-1 (28-29/29-28/29-28)
●花レメ 紋次郎TK(リバーサルジム新宿Me,We)


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼WWE悪戦苦闘-新日G1ジョン・モクスリー!?-AEW後出しジャンケン続く

[ファイトクラブ]WWE悪戦苦闘-新日G1ジョン・モクスリー!?-AEW後出しジャンケン続く

▼青木篤志バイク事故死-NXTテイクオーバーWWE不服-BOSJ.26頂点

[ファイトクラブ]青木篤志バイク事故死-NXTテイクオーバーWWE不服-BOSJ.26頂点

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年06月06日号AEW旗揚げ 新日板挟み WWE苦悩 SEAdLINNNG外様王者 パンクラス足踏

’19年06月13日号BOSJオスプレイ鷹木 NXTテイクオーバー W1才木 RIZIN神戸 青木篤志