5・17ONE青木真也防衛戦!フェザー級キックボクシング世界トーナメント開幕!優勝賞金史上最高額1億円超!

 ONEチャンピオンシップは5月14日、『ONE:ENTER THE DRAGON』(17日・シンガポール・インドアスタジアムにて開催)の公式記者会見をマリーナ・ベイ・サンズにて行った。

 会見で、ONE会長兼CEOのチャトリ・シットヨートン氏(以下、チャトリ氏)は、今大会から開幕するONEフェザー級キックボクシング・ワールド・グランプリのトーナメントの優勝者に100万米ドル(約1億950万円/2019年5月19日のレートにて)の賞金を現金で贈与することを発表した。

 チャトリ氏は「世界最高のストライカー8人が優勝賞金100万ドルを賭けて競います。史上最高のキックボクシングWGPです。全てのカードが世界王者対決。5月17日のシンガポール大会からトーナメントは開幕します」と、自身の公式FACEBOOKアカウントで発表した。
 キックボクシング世界トーナメントの優勝賞金が1億円を超えることは、日本とアジアの格闘技史上最高額となる。
注)韓国のMMA団体ROADFCが100万ドルトーナメントを謳って大会を行っている。

 ONEフェザー級キックボクシング・ワールド・グランプリは、世界王者のキックボクサー8人によって争われるトーナメント。トーナメント優勝者として大本命の呼び声が高いジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)を筆頭に、ヨドサンクライ・IWE・フェアテックス、ペットモラコット・ペッティンティーアカデミー、スモーキン・ジョー・ナタウット(全てタイ)、サミー・サナ(フランス)、ジャバル・アスケロフ(ロシア)、エンリコ・ケール(ドイツ)、サーシャ・モイサ(ウクライナ)が参戦する。
 尚、当初出場が予定されていた元K-1王者のアンディ・サワー(オランダ)とスモーキン・ジョー・ナタウットとの対戦は、ナタウットvs.モイサに変更となった。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼AEW会見裏-今週の格闘技界-Sキング訃報-Lサリバン-安倍健治暴行

[ファイトクラブ]AEW会見裏-今週の格闘技界-Sキング訃報-Lサリバン-安倍健治暴行

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年05月23日号AEW放送発表 巌流島 DEEP JKAプレ旗揚 Sキング死 安倍健治 A猪木