「やるなら激辛の刺激が入ったおかずにしないと」ついに因縁の近藤と激突へ!CIMA選手インタビュー

激化するW-1と#STRONGHEARTSの抗争。至宝であるW-1チャンピオンシップをT-Hawkが奪い、#STRONGHEARTSの勢いは止まらない。そしてW-1からは近藤修司がこの抗争に本腰を入れて参戦する。同じルーツを持つ後輩であり、過去に激しい闘いを繰り広げた近藤を前にCIMAは何を思うのか? 話を聞いた。

──#STRONGHEARTSとして約半年間、W-1のリングに上がられていますが、どのような印象を受けていらっしゃいますか?

CIMA 最初は色んな意味でビックリしましたね。本当にほぼリングで試合をしているだけのように感じたので、今まで経験してきたプロレスとは全く異なる空間でした。と、同時に選手が若くて将来性も感じましたね。

──W-1のリングで気になっている選手はいますか?

CIMA 基本的に僕と同世代というより、T-Hawkやリンダマン、山村と同世代の選手が未来含めて気になりますね。

──この半年間の闘いは、W-1の選手たちを#STRONGHEARTSのペース巻き込んでいるように感じます。ご自身ではそれについてはどのように思われていますか?

CIMA 僕らがW-1を異質に感じたのと同時に、W-1の選手、スタッフ、そしてファンも#STRONGHEARTSを異質に感じていると思います。だからこそ、僕たちが動き回ることでW-1を引っかき回し、リング上に刺激が入ったのだと思いますね。

──過去に因縁のある近藤修司選手について、現在の印象を教えてください。

CIMA 昔に因縁があったのかどうかも本当に憶えてないんです。ただポテンシャルは恐ろしい選手というのはハッキリ憶えています。今はW-1の副社長なので複雑だと思いますが、イケメンやアンファン軍があれだけカラダ張って#STRONGHEARTSとやり合ってたのに、本人は出てくるのが遅かったですね。

──過去の近藤選手はCIMA選手にとってどのような選手でしたか?

CIMA 一つ前に言いましたが、本当にポテンシャル、そしてフィジカルが凄い選手という印象でしたね。

──ここまで#STRONGHEARTSに対して近藤選手があまり絡んでこなかったことについてはどのように思われていますか?

CIMA 僕たちはW-1のリングが盛り上がればそれでいいので、せっかく出てきたのならこれまで以上に盛り上がることを期待するだけですね!

──1月5日の後楽園ホール大会でご自分の目の前に近藤選手が立った時はどのようなお気持ちになりましたか?

CIMA よくわからない小さな意地みたいなのは感じましたね。でも、その意地もイケメン、芦野のほうが大きいですよ、まだ。

──いずれ自分と交わる日が来るというのは想像していましたか?

CIMA ウチのメインはあくまでもT-Hawk。W-1は芦野とイケメン。僕らは交わっても、主菜にはなれない、おかずですよ。でもやるなら激辛の刺激が入ったおかずにしないと。

──いずれ一騎打ちをしたいというお気持ちはありますか?

CIMA その時の体調、機運とW-1の流れ次第ですね!

▼[ファイトクラブ]短期連載『ジャイアント馬場 表と裏の顔』 第3回 全日が大物外国人の宝庫となった背景に新日への異常な敵ガイ心

[ファイトクラブ]短期連載『ジャイアント馬場 表と裏の顔』 第3回 全日が大物外国人の宝庫となった背景に新日への異常な敵ガイ心

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年02月07日号NXTランブル5日間WWE 新日 ベラトールOne Reina 覆面マニア 馬場3