ONE公開ワークアウト超大盛況!”戻ってきたキング”エディ・アルバレス認知度大!DJはスープレックス、アームバー披露!アンジェラ・リー慣れたセミナー好評

 21日、大森駅近くのGOLD’S GYM-SOUTH TOKYO ANNEXにて、One Championshipが公開ワークアウトを実施。とにかくビックリしたのは人、人、人。関係者含めれば500人近くがギッシリと詰め寄った光景だった。また、最初に登場したアンジェラ・リーはこの種のセミナーに慣れている感じで、「一緒にワークアウトしたい人は?」と尋ねれば、30人までとアナウンスしているのに、40名近くが手を上げて実技を反復していたように、やる側の参加者が多かったようだ。
 大会前の「公開練習」と言えば、なんだかパターン化してしまい、内容もおざなりのミット打ちなどをして、選手が「がんばります!」と言うだけの、マスコミにとっては余り意味のないセッションが少なくないことを思えば、今回のデメトリアス・ジョンソン、エディ・アルバレス、アンジェラ・リーの回はアドバイス内容なども納得のいくもので、勉強になった感がある。参加者も満足だったに違いない。
 3月31日、両国国技館にていよいよONEは日本上陸を果たす。

アンジェラ・リーの指導。3・31『A NEW ERA』では二階級制覇を目指す!

出、出、出ました! DJのバックスープレックスからのアームバー実演。生で見れて感激!

日本では馴染みなのかアルバレスは人気者。「4人の子供に家族と格闘技のバランスをとってきた」ことに誇りを持っていると質疑応答で話していたのが印象的だ。

ミット打ちが絵になるアンジェラ! アルバレスは縄跳びから披露。

最後は青木真也も加わっての記念撮影!

5時間かけて大森に来たキッズたちとも撮影に応じていた。

会見の詳細は金曜25日発売の週刊ファイト1月31日号に収録されました。

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年01年31日号WWE新日AEW Rランブル ONE修斗 ブル中野 Color’s旗揚 越中詩郎R小川