NJKF 2018 west 4th中野椋太がTETSUROを下しNJKFウェルター級新王者に!

 12月16日(日)、大阪・阿倍野区民センターにてNJKF・誠至会主催興行「NJKF 2018 west 4th」が開催された。今大会のメインは、地元・誠至会の中野椋太が自団体での初タイトルに挑むNJKFウェルター級タイトルマッチ。同級王者・TETSUROにとっては北海道から大阪に乗り込んでの初防衛戦となる。

 中野は元蹴拳スーパーライト級王者の実績も持ち、昨年、さらなる強さを求めて誠至会に移籍。一方で今夏、「JUNON・スーパーボーイ・コンテスト」で応募総数16000人以上の中からベスト100に残った「イケメン・キックボクサー」としても知られる。8月の誠至会興行でJUN DA 雷音を下して今回の王座挑戦権を獲得し、試合に向けては1ヵ月間、ジムに泊まり込んで備えてきた。

 王者のTETSUROは先日引退した8冠王・TOMONORIの愛弟子。ボクシングの経験を生かした強打で鳴らし、昨年11月には浅瀬石真司を下してNJKFウェルター級王者となった。今回の中野戦は戴冠初戦にして初防衛戦となった。

 1Rは中野が序盤からハイを繰り出すなどで前に出る。蹴りとパンチをバランスよく出していく中野に対し、TETSUROはパンチ中心に応戦。2Rに入ると中野は一気にギアを上げ、パンチラッシュから右フックでダウンを奪う。だがTETSUROもパンチで反撃、中野がのけぞる場面も。終盤にも中野はラッシュをかけ、ヒジも繰り出す。しかし3Rに入ると、ローとパンチで出るTETSUROに対し、パンチを警戒したか中野は様子見に。3R終了時のオープンスコアはジャッジ3者とも30-27で中野を支持。

 4R、ミドルからのパンチなどで攻める中野に対し、TETSUROはパンチで前進し右のオーバーハンドをヒット。しかし中野もヒジで反撃すると、TETSUROの顔面をカットすることに成功。ドクターチェックが入るが再開され、その後もパンチ、ヒジで出る中野に対し、TETSUROもパンチでの反撃を続ける。5Rに入ると激しいパンチの応酬が展開され、その中で中野はハイキックもヒット。両者パンチ、ヒジを当て合う中、中野も額をカット。両者出血しながらの打ち合いとなり、パンチをまとめた中野が2度目のダウンを奪う。終盤はさらに激しい打ち合いとなり、大歓声の中でゴング。

 判定はジャッジ3者とも50-44で中野。挑戦者・中野が2度のダウンを奪うも、TETSUROも試合をひっくり返しかねないパンチ力を随所で見せ、中野優勢の中でも最後まで予断を許さない好勝負となった。

 リング上でマイクを持った中野は「とりあえず勝ててよかったです。チャンピオンはメッチャ気持ちが強かったです。今回、100人以上の応援が力になりました。とりあえず遊びに行きましょう(笑)」とメッセージ。リングを下りると「ゆっくり構えて、チャンスがあれば流れで倒そうと思ってたんですが、相手の気持ちが強くてなかなかまとめて倒せなかったです。2Rに倒しに行くときにパンチをちょっともらっちゃったので、3Rはまたゆっくり立て直していこうと。倒したかったですけど、相手の気持ちが強くて倒しきれなかったのは課題です。NJKFのチャンピオンになって、このベルトの価値を上げるのが僕の仕事なので、他団体の強い選手と戦っても勝てるように練習します」とコメント。王座を獲得した喜びよりも、今後の躍進に思いを寄せた。

 セミで松本龍斗が笹木一磨を3RTKOで下した一戦をはじめ、この日はメインを含めた後半5試合がヒジありで行われたが、どの試合もヒジでのTKO決着やカットが相次ぐ戦いとなり、ヒジありルールの勝負の妙や緊張感も味わえる大会となった。誠至会の次回主催興行は来年2月24日、大阪・平野区民ホールで開催される。

(レポート&写真:高崎計三)

■ NJKF west 2018 4th
日時:12月16日(日)
会場:大阪市・阿倍野区民センター大ホール 開始13:30
主催 NJKF誠至会 TEL 06-6536-7379
問い合わせ NJKF西日本 

▼メインイベント NJKFウェルター級タイトルマッチ 3分×5R 肘あり
× TETSURO (GRABS/同級王者)
  VS 判定0-3(三者とも44-50)
○ 中野椋太 (誠至会/同級1位)
※中野がNJKFウェルター級新王者に

▼セミファイナル NJKFフェザー級 3分×3R 肘あり
 × 笹木一磨 (理心塾)
  VS TKO 3R 1分34秒
 ◎ 松本龍斗 (京都野口ジム)

▼第10試合 交流戦 60kg契約 3分×3R 肘あり
 ◎ 殿 (心将塾)
  VS TKO 2R 2分37秒
 × 篤椰 (team Bonds)

▼第9試合 NJKFスーパーライト級 3分×3R 肘あり
 × 木村颯太 (拳心會館)
  VS 判定0-2(27-28、26-28、28-28)
 ○ 田邊裕哉 (京都野口ジム)

▼第8試合 NJKFフェザー級 3分×3R 肘あり
 × 虎之助 (誠輪ジム)
  VS 判定0-3(27-30、27-30、28-30)
 ○ 梅井泰成 (京都野口ジム)

▼第7試合 交流戦 68kg契約 3分×3R
 ◎ 龍威地 (ARENA)
  VS TKO 2R 1分25秒
 × 哲弥 (team Everest)

▼第6試合 NJKFフライ級 3分×3R
 × PRINCE博 (ARENA)
  VS 判定0-3(三者とも29-30)
 ○ 甲斐元太郎 (理心塾)

▼第5試合 NJKFフライ級 3分×3R
 △ 寺西大輝 (田頭道場)
  VS 判定1-0(29-28、29-29、29-29)
 △ 郁依斗 (健心塾)

▼第4試合 ミネルヴァ 50kg契約 2分×3R
 ○ 喜多村美紀 (テツジム)
  VS 判定3-0(30-29、30-29、29-28)
 × 聖愛 (魁塾)

▼第3試合 ミネルヴァ 49kg契約 2分×3R
 ○ Ayaka (健心塾)
  VS 判定3-0(30-28、30-28、29-28)
 × TSUBASA (誠輪ジム)

▼第2試合 NJKFライト級 3分×3R
 ○ KAZU (健心塾)
  VS 判定3-0(三者とも30-29)
 × KEITA (ARENA)

▼第1試合 55kg契約 3分×3R
 × 福田優斗 (田頭道場)
  VS TKO 1R 1分47秒
 ◎ 湧也 (BOSS GYM)

〈オープニングファイト 〜NEXT☆LEVEL提供試合〜〉

▼第4試合 TOP☆RUN 一般55kg級タイトルマッチ 2分×3R
 △ 山脇飛翼 (隆拳塾/王者)
  VS 判定1-1(30-29、28-29、29-29)
 △ 北野峻平 (拳心會館/挑戦者)
※山脇がタイトル防衛に成功

▼第3試合 TOP☆RUN 一般65kg級王座決定戦 2分×3R(EX1)
 ○ 古宮 晴 (昇龍會)
  VS 判定3-0(30-28、30-28、29-28)
 x 中本 賢 (勇健塾)
※古宮が一般65kg級新王者に

▼第2試合 TOP☆RUN 一般60kg級王座決定戦 2分×3R(EX1)
 × 松崎 亮磨 (T.B.NATION)
  VS 延長0-3(9-10、9-10、9-10)
 ○ 田中陸登 (拳狼会)
※本戦0-1(28-29、29-29、29-29)
※田中が一般60kg級新王者に

▼第1試合 60kg契約 1分×3R
 × 山本啓斗 (誠輪ジム)
  VS 判定0-3(29-30、29-30、28-30)
 ○ 山内歩希 (及川道場)


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼MMA年末年始RIZINさいたま24時間-ONE-修斗パンクラス身売り続報

[ファイトクラブ]MMA年末年始RIZINさいたま24時間-ONE-修斗パンクラス身売り続報

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’19年01月17日号年末年始総括 RIZIN 新日 AEW 猪木&ボック 馬場&女帝 W1 新日キック