DKBA(民主カレン仏教徒軍)記念ラウェイ大会でミャンマー上位選手とタイ選手が対戦!!

 ミャンマー・カレン州ミャワディでDKBA= Democratic Karen Buddhist Army(民主カレン仏教徒軍)24回記念大会ラウェイが3日間連続で開催された。メインはミャンマー vs. タイ、3対3を中心とした組合せで初日メインでは古豪ソー・ンガマンがKO勝でミャンマー側の2勝1分、2日めは3試合共引分、3日めはラウェイ67㎏近辺トップのソー・リン・ウーがKO勝してミャンマー側1勝2分で終わった。

■『DKBA 24TH ANNIVERSARY EVENT』
日時:2018年12月19日、20日21日
場所:ミャンマー・カレン州ミャワディ

~主な試合~
3日め21日
<女子ラウェイ ミャンマーvs.タイ 2分4R>
△シュー・コー・ライ(ミャンマー)
 時間切れ引分
△アーパー(タイ)

<メインイベント ラウェイ ミャンマーvs.タイ 3分5R>
○ソー・リン・ウー(ミャンマー/ゴールドベルト王者2回、ラウェイ69kg級世界王者)※ILFJ日本大会参戦
 4RKO
●プラシット・シートン(タイ)

ラウェイ中量級の一人者ソー・リン・ウー

<ラウェイ ミャンマーvs.タイ 3分5R>
△ダウン・ピューレイ(ミャンマー/2016年Air KBZ勝者)
 時間切れ引分
△ハーマン(タイ)

<ラウェイ>
○ルワンチャイ
 2RTKO ※カット
●セイン・ロンチョ―(2017年ゴールデンベルト60㎏優勝)

<ラウェイ>
△ヤーザー ※ILFJ日本大会参戦
 時間切れ引分
△シュー・チッアウン

<ラウェイ>
△タ・ポーニャウ
 時間切れ引分
△ナイ・トゥートゥー

2日め20日
<ラウェイ ミャンマーvs.タイ 3分5R>
△シッツー・アウン(ミャンマー)
 時間切れ引分
△ワイティ(タイ)

<メインイベント ラウェイ ミャンマーvs.タイ 3分5R>
△イェ・スィニ(第1回、第2回、第3回MLWC 57㎏王者、LETHWEI NATION CHAMPIONSHIP 2018年61kg-57㎏王者、ゴールドベルト2015年51㎏&2016年54㎏王者)
 時間切れ引分
△アサ―ン(タイ)

<ラウェイ ミャンマーvs.タイ 3分5R>
△サン・トー・ウー(2018年ラウェイネイションチャンピオンシップ71kg王者)※トゥェィ・シット・ウイン・ライン※2018年ゴールデンベルト71㎏、2016ゴールデンベルト67kg優勝から変更
 時間切れ引分
△ブーンパラ・ペチャシラ(タイ)

初日19日
<メインイベント ラウェイ ミャンマーvs.タイ 3分5R>
○ソー・ンガマン(ミャンマー/元ラウェイ無差別級王者、2009ゴールドベルト王者、タゴン旗トーナメント優勝)※ILFJ日本大会参戦
 3RKO
●ヨードクンクライ・ポーウィリヤ(タイ)

引退も視野にいれているがまだまだ強いベテランのソー・ンガマン

<ラウェイ ミャンマーvs.タイ 3分5R>
△テット・アウン・ウー(ミャンマー/2016年Air KBZ勝者)
 時間切れ引分
△プータイ(タイ)

<ラウェイ ミャンマーvs.タイ 3分5R>
○テット・パイン・アウン(2018年ゴールデンベルト51㎏優勝)
 2RKO
●ウィッタヤ(タイ)