アレクサ・ブリスが女子GM、SロリンズDジグラーIC王座戦白熱も質低下傾向RAW

©2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

 現地時間11月26日、ウィスコンシン州ミルウォーキーのファイサーブ・フォーラムにてRAWが開催、代行GMながらバロン・コービン政権が続くことになったが・・・

■ WWE RAW
日時:2018年11月26日
会場:米国ウィスコンシン州ミルウォーキー ファイサーブ・フォーラム

◆「TLCでお前の腕を折ってやる」王者ロンダがナイアと舌戦

 RAW女子王者のロンダ・ラウジーがPPV「TLC」で激突する#facebreakerナイア・ジャックスと対峙して舌戦を演じた。ナイア&タミーナリングに登場するとナイアは「私はベッキー・リンチの顔面を砕いて、長期欠場に追いやった。ロンダからもタイトルを奪ってやるわ」と王座戦に向けて勝利宣言。さらにロンダのモノマネを披露して馬鹿にすると「ロンダの最悪の日はまだ訪れてない」と挑発した。するとそこへロンダ本人が登場して対峙すると舌戦を展開。ロンダは「バトルロイヤルで勝利したのは評価するけど、TLCではお前の腕を折ってやる。今、勝負してもいいわよ」と自信を見せて一触即発。しかし、ナイアは言い訳してこれを拒否すると、タミーナと2人でロンダ襲撃を狙う展開に。このロンダの数的不利な状況に盟友ナタリアが救援に現れるも、同時にライオット・スクワッド3人も突如現れてナタリアを襲撃。ロンダとナタリアはナイア&タミーナだけでなく、ライオット・スクワッドとも因縁を深め、王座戦は波乱含みの展開となった。
 PPV「TLC」は日本時間12月17日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

◆IC王者ロリンズがジグラーに逆転勝利で王座防衛

 IC王者セス・ロリンズがオープンチャレンジを表明し、ドルフ・ジグラーとの王座防衛戦で逆転勝利した。リングに登場したロリンズは「嘘つきで臆病者のアンブローズの心理戦はどうでもいい。今日はオープンチャレンジだ」と告げると、ドルフ・ジグラーが登場して「今夜俺はIC王者になる」と王座に挑戦した。ロリンズは実力者ジグラーにフロッグスプラッシュやカーブ・ストンプ2発を避けられると、逆にフェイマサー、ジグザグを食らって劣勢となった。さらにDDTを決められたロリンズだったが、追撃を狙ったジグラーがコーナートップに登ると、ロリンズは素早くジグラーに飛び掛かり、スーパープレックスからファルコンアローを叩き込んで3カウント。ロリンズが土壇場で劣勢を跳ね飛ばして逆転勝利し、ジグラー相手にIC王座防衛を果たした。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
▼タイガー戸口~新日WWE~AbemaTV-DDT/K-1マット界百花繚乱

[ファイトクラブ]タイガー戸口~新日WWE~AbemaTV-DDT/K-1マット界百花繚乱

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年12月06日号新日タッグ NXT英国 イケメンW1 覆面マニア ドリー T戸口 谷川貞治