コーミエKO防衛で新プロレス王者ブロック・レスナー指名!UFC呪われたMSG3度目の正直

Photo by Jeff Bottari/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

 ルーク・ロックホールド vs.クリス・ワイドマン戦の消滅から始まり、舞台裏がドタバタだった『UFC 230』が3度目のニューヨークMSGで開催された。
 メインでは二階級王者のDCことダニエル・コーミエがヘビー級タイトルをかけて、ランキング2位につけるデリック・ルイスを手のケガが完治しないままの参戦だったが、聖地MSG大会抜擢ということで迎え撃ち、圧巻のパフォーマンスで横綱相撲を展開したコーミエが一本勝ちを果たした。入場収益は$2,841,718で、地方の会場なら凄いが、MSGとしては大きくはないものの、最終的には恰好をつけたことになる。
 勝利後、実況アナウンサーとしての第二の人生が決まっており、40歳の誕生日(3月20日)前の引退を明言しているコーミエは、ブロック・レスナーの名前を叫び「新しいWWEのベルトを持ってここに来やがれ!」と吼えた。

 セミではAll Americanのクリス・ワイドマンと、ブラジルのジャカレ・ソウザとのミドル級戦となり、会場からはUSAコールも起きたワイドマンが序盤からプレッシャーをかけて試合をコントロールしていたが、第3ラウンドを迎えて”ワニ男ジャカレイ”ソウザが打撃で一気に巻き返し、大逆転のノックアウト勝利を収めてミドル級王座に近づいた。

■ UFC 230
日時:11月3日(土、現地時間)、日本時間4日(日)
会場:ニューヨーク州ニューヨーク市 マディソン・スクエア・ガーデン 観衆17,011(=主催者発表)

【メインイベント】
<ヘビー級タイトルマッチ 5分5ラウンド>
○ダニエル・コーミエ
 2R 2分14秒 サブミッション(リアネイキドチョーク)
●デリック・ルイス

勝者ダニエル・コーミエのコメント

「両肩にベルトが2つだ! 今回もこうなると思っていたさ。歴史だね。ダニエル・コーミエこそ史上最高の1人だ。びっくりしたのは、最後の一撃を狙っていた時に打たれたこと。相手のケリをチェックしている間に足が傷んだ。毎回、ヤツの打撃はパワーがすさまじくて。俺はデリック・ルイスが大好きだし、彼のストーリーも大好きだ。彼とオクタゴンで戦えて光栄に思う。もう俺は9年もやっているし、チャンピオンシップレベルでは8年もやっているから、驚きはもう何もないよ。デリックはうまいが、まだそのレベルではない。ブロック・レスナーよ、新しいWWEのベルトを持ってここに来やがれ。そうすりゃ、俺はそれも手に入れた気になれるからな。やろうぜ、ブロック!」

【セミメインイベント】
<ミドル級マッチ 5分3ラウンド>
●クリス・ワイドマン
 3R 2分46秒 TKO
ジャカレ・ソウザ○

勝者ジャカレ・ソウザのコメント

「今回の試合にはとても満足している。クリス・ワイドマンのことは本当に尊敬しているんだ。史上最高の一人だと思っている。彼と戦うのは名誉なこと。2人とも勝利を目指してきたし、ファンにとっては最高のショーになったと思う。これはMMAだ。何があっても覚悟を決めていないといけない。でも、リスペクトも示す必要がある。クリスはいいヤツだし、好きだ。俺たちが尊敬し合っているからこそ、ファンもフェイスオフを楽しんでくれたと思う。今回の試合はすごく意味が大きくて、ニューヨークのファンの前で戦えたことは最高だった。俺は今でも世界チャンピオンになりたいし、それがゴールだ」

【メインカード】
<ミドル級マッチ 5分3ラウンド>
●デビッド・ブランチ
 2R 0分39秒 TKO
ジャレッド・キャノニア○

勝者ジャレッド・キャノニアのコメント

「これぞ本物の天の恵みだ。今回の試合は思っていた通りにできなかったけど、一番大事な場面を生かせた。ブランチは思っていたほど早くなかったから、相手を感じるのに少し時間がかかったけど、世界で一番伝説的なアリーナでこの気分を味わえてとにかく本当にうれしい。ミドル級の方が自分にも体にもかなり合っている気がする。速さもパワーもあったし、直前の試合決定でも計量に問題はなかったしね。今回、試合したデビッド・ブランチのことはとても尊敬している。デイナがパフォーマンスに感動してくれたと聞いたから、きっとランキングが上がると思うし、ミドル級でちょっとかき回せるんじゃないかな。契約はあと残り2試合で、今回がそのうちの1試合だったから、ランクアップを期待している。目標は常に同じ、ゴールドを手に入れることさ」

<ミドル級マッチ 5分3ラウンド>
○カール・ロバーソン
 判定3-0(30-26、30-27、30-26)
●ジャック・マーシュマン

勝者カール・ロバーソンのコメント

「今日はすさまじい。ここはメッカだからな! ガーデンで戦うなんて夢がかなったよ。観客のみんなは俺がニュージャージー出身だってアナウンスされた途端、大歓声だったね。俺たちは一人ひとりが代表だから。世界で一番の気分だった。しかも、自分が言った通りに圧倒できた。この後はトップ15の誰かとやりたい。今回のカードに出ている誰かでもいいぞ。ブランソンでもアデサニヤでも、誰でもいい。ただ、デビッド・ブランチだけはない。俺たちは一緒にトレーニングしているし、ジャカレもそう。彼の国に行った時にはお世話してもらったんだ。彼らは友達だけど、それ以外なら誰でもいい。食ってやる!」

<ミドル級マッチ 5分3ラウンド>
●デレク・ブランソン
 1R 4分51秒 TKO
イズラエル・アデサニヤ○

勝者イズラエル・アデサニヤのコメント

「楽勝だったな。チームには、あまりニューヨークに来たことがないから、いろいろと楽しむ時間がほしいと話していたんだ。だから早めに仕事を片付けられたし、リラックスする時間が増えたな。戻ってパフォーマンスを見てみないといけないけど、最高の感触だった。時間をかけて相手を感じながらいけたし、相手に追わせることができたから、自分の打撃に時間をかけられた。あの膝はタイミングが完璧だった。コーチに聞いてみてよ。今週はトレーニング中に打ち込まれたらずっとあれを打ち返していたんだ。みんな、俺にできることは分かっているよとか言うんだろうけど、今日はいつもと違う俺を見せられたんじゃないかな。今回の試合までにもレベルを上げてきたし、これからももっともっとレベルアップしていく。今日はこの後、他のミドル級の試合を見て、どうなるかを見てみたい。焦る必要はないからね。試合の展開がどうなるか、ガステラムがケガをして代理が必要になるかもしれないだろ・・・。とりあえず待機して待つかな。正しく動きたい」

【プレリム】
<フェザー級マッチ 5分3ラウンド>
●ジェイソン・ナイト
 判定3-0(25-30、27-30、26-30)
ジョーダン・リナルディ○

勝者ジョーダン・リナルディのコメント

「戻って見てみないとわからないけど、自分のパフォーマンスにはとても満足している。たぶんファンはグラウンドでレスリングのチェスマッチになってしまって退屈だったと思ったかもしれないけどね。ランドとフレボラの試合を見た後だと、こういうタイプの試合を見たがる人はいないだろうけど、俺の目標は自分らしく戦って勝利を手に入れること。それを証明できたと思う。かなりプレッシャーをかけていけたし、負けたら切られていたかもしれないから、勝利街道に戻れてうれしいし、次の試合に向けてプレッシャーが軽くなった。戻るのが待ち遠しいし、この勢いを築いていくためにも、自分がオクタゴンの中でできることを証明するためにも、ベストなマッチアップを希望する」

<女子フライ級マッチ 5分3ラウンド>
○シジャラ・ユーバンクス
 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
●ロクサン・モダフェリ

勝者シジャラ・ユーバンクスのコメント

「いい試合だったと思うわ。直前のオファーだったのに試合を受けてくれたロクサンには本当に感謝しているし、私と一緒にショーを盛り上げてくれて感謝している。自分の方が強いファイターだってことは分かっていたし、自分のアドバンテージを生かしただけ。相手を傷つけられていたし、何度か、フィニッシュできたんじゃないかと思った場面があったのに、彼女はやっぱりすごいわね。タフだし、手強い。この階級のトップにいることをみんなに証明する必要があったから、この勝利が重要だった。ワレンチナ(シェフチェンコ)とヨアンナ(イェンドジェイチェク)の勝者と戦うべきなのは私しかいないわ。ミスをしないで、タイトルマッチはきちんと体重を合わせる。私はグラインダーだし、グラインドを強化して自分の腰にゴールドのベルトを巻くまでは相手を打ち負かし続けるつもりよ」

<フェザー級マッチ 5分3ラウンド>
●フリオ・アルセ
 判定2-1(28-29、26-30、29-28)
シェイモン・モラエス○

勝者シェイモン・モラエスのコメント

「試合に出て、ファンのためにショーを見せられたことは本当にうれしい。ユナニマス判定で勝ったと思ったんだけどね。2ラウンドと3ラウンドは自分が勝ったはずだけど、1ラウンド目も勝った気がしていた。でも、まああまり気にしてはいないさ。今回の勝利が何よりも大事だからね。相手はタフなヤツだ。医者が彼の傷を見ていたけど、気持ちが強かったし、戦い続けていたから、ファンのために2人で素晴らしいショーを見せられたと思う。一度も誰かを指名したことはない。目標は最高になること、試合のたびにそれを証明することだ。だから、今は家に帰って家族に会いたい。家族と休みを過ごして、次にどうするかはチームと話すよ」

<ウェルター級マッチ 5分3ラウンド>
○ライマン・グッド
 1R 1分32秒 KO
●ベン・サンダース

勝者ライマン・グッドのコメント

「最初からずっとこのプランだった。試合に臨んで相手をフィニッシュする。それをやったまでさ。第1ラウンドかそれ以降かは分からなかったけど、これが俺のゲームプランだったのは確かだ。マディソン・スクエア・ガーデンで、ニューヨーカーとして勝利するのは大きな意味がある。かなえたいことリストのひとつだったしね・・・。世界一有名なアリーナで戦って勝利する。俺の周りにはいないからね。目標は今回みたいな試合を続けること。1回のパフォーマンスでランキングが上がるとは思っていないけど、今回みたいな試合を続けていればきっとそうなる。それに集中する」

【アーリープレリム】
<ライト級マッチ 5分3ラウンド>
△マット・フレボラ
 ドロー1-0(28-28、29-28、28-29)
△ランド・バンナータ

マット・フレボラのコメント

「自分にとっては友達や家族が来てくれているこの(マディソン・スクエア)ガーデンで最高の試合をすることがすべてだった。自分が勝ったと思っている。1ラウンドと3ラウンドは勝ったと確信していたけど、2ラウンド目の流れがドローの結果につながるかもしれないと言われた。戻って試合を見直してみないと。再戦がいいんじゃないかな。今回の最初の試合も自分が勝っていたと証明したいし、彼との2回目があればそれも俺が勝つ」

ランド・バンナータ
(コメントできる状態にないためコメントなし)

<フェザー級マッチ 5分3ラウンド>
シェーン・ブルゴス
 1R 2分11秒 サブミッション(タップルートアームバー)
●カート・ホロボー

勝者シェーン・ブルゴスのコメント

「マディソン・スクエア・ガーデンで勝利するなんて、自分にとってはすごいことだ・・・でも、負け試合の後にガーデンでこんな風に第1ラウンドでフィニッシュできたことがさらにすごい。ものすごい急いだ。5分持ちそうだったけど、でももう自分では批判して見ている。相手にダウンさせられるのはごめんだ。これまで1度しかないから、自分はそれを誇りに思っているし、今回のフィニッシュもうれしいけど、こういう形じゃなくてダウンさせて決めたかったな。まだ俺たちは若いし、これからだ。カート・ホロボーのようなファイターは好きだよ。俺みたいな戦いをするし、彼もすべてをかけて勝ちに行って、そのために限界を攻める。俺はまだフレッシュだから、すぐに戻る準備はできている。マッチメーカーに伝えてくれ、1月に戦いたいって」

<ヘビー級マッチ 5分3ラウンド>
アダム・ウィチョレク
 判定3-0(27-30、27-30、27-30)
●マルコス・ホジェリオ・デ・リマ

勝者マルコス・ホジェリオ・デ・リマのコメント

「今回の試合に挑むにあたって、相手がタフなのは分かっていたし、グラウンドゲームがうまいのも知っていたけど、自分の方がうまいと思っていたから、ゲームプランに沿って進めたし、まさにそれができた。オレにとっては新しい階級だから、ちゃんと結果を残すことが重要だった。UFCのヘビー級でベストの1人になれることをはっきりさせたかったんだ。この後はすぐにまた試合に戻って、また結果を残すことが一番大事だと思っている」

*****

【中止】
<バンタム級マッチ 5分3ラウンド>
ブライアン・ケレハー vs. モンテル・ジャクソン
(ケレハーの体調がよくない為)

◆ONEからトレードされたベン・アスクレンが美人妻と一緒に画面紹介
そして死刑宣告リスト発表


コルビー(コビントン) アホやから
(スティーブン)トンプソン 空手効かない
(ダレル)ティル 英国のお子ちゃま(次戦の最有力候補=3月16日ロンドンか?)
ディアズ兄弟 葉っぱやりすぎ
ハビブ(ヌルマゴ) 強すぎてお断り