長与千種とサスケが電流爆破戦で初コンビ結成!11月30日に佐賀県鳥栖市でビッグマッチ開催

 11月30日に佐賀・鳥栖市民体育館で開催される「プロレスリングフェスティバル IN SAGA」と題したビッグイベントの概要および全対戦カードが17日、ZERO1道場(神奈川県川崎市)で発表された。この日の記者会見にも出席した長与千種とザ・グレート・サスケがメインの電流爆破タッグデスマッチで初のコンビを結成する。

 佐賀の隣県・長崎(大村市)出身の長与は、「久しぶりの九州での試合。鳥栖や(隣町の)神埼に友だちがたくさんおりまして。まさかそこで(試合ができるとは)本当に嬉しい次第。それに加えて電流爆破マッチ。(15年5月に)電流爆破を(初めて)やる前に勉強しようと思って、一番最初に見たのがサスケ選手と大仁田さん(厚)の試合」と、運命のいたずらに驚きを隠せない様子で興奮気味にコメント。

 電流爆破のリングで長与と男女の垣根を超えた抗争を繰り広げてきたTARU、長与の直弟子(元付き人)にあたる水波綾が、11・30鳥栖で長与&サスケと激突する。「普通(通常形式)の試合では完璧に負けます」と、その成長ぶりを師・長与が認める水波にとっては、未知の領域となる電流爆破は試練であると同時に知名度を高めるビッグチャンス。「このタイミングで長与さんと対戦するということも、すごい運命。闘い抜いたあとに、新しい自分に絶対出会えると思いますので、とにかく全力で闘い抜きたい」と、この一戦に対する意気込みを力強く訴える。

 今大会を主催する(株)NEXT INNOVATION取締役・鶴啓介氏は、「地方の田舎町で用意した闘いの場ではございますが、選手の皆様には闘う男の強さ、闘う女性の美しさを思う存分、見せていただけたらと思います。プロレスを知る我々世代も、機会に恵まれずプロレスを知らない若い世代にも楽しんでいただけるイベントにできたら」と、熱っぽく語った。

 サスケは、「この鳥栖というところは、プロレス史上に残る街ですよね。あれですよね、大仁田さん(旧FMW)とロックフェスのジョイント大会。あれがプロレス史上に残る最大規模のイベントの一つと言っていいほどのビッグイベントだったと。ところが、そのあとモメてしまったと。プロレスサイドとロックフェスサイドが。そんな最大の珍事でもありというね」と、大仁田FMWが多額の負債を抱える結果に終わったという、泉谷しげるやザ・ブルーハーツ、筋肉少女帯も出演した伝説のイベント「炎のバトル」(91年8月)を、あえて引き合いに出して27年前の“リベンジ”を期す。

 この11・30鳥栖には、藤原喜明、越中詩郎、ダンプ松本に、大谷晋二郎、佐藤耕平、日高郁人らZERO1勢、“はぐれ邪道軍”(?)の保坂秀樹、松崎和彦、パンディータといった多士済々のメンバーが集結。体調不良で欠場中の初代タイガーマスク、このほどプロレス界から引退を表明した“過激な仕掛け人”新間寿氏も応援に駆けつけ、大会名にふさわしい夢の祭典が華々しく開催される。

(小野 仁)

■ NEXT INNOVATION&一心工業 PRESENTS
「プロレスリングフェスティバル IN SAGA」
日時:11月30日(金) 
会場:佐賀・鳥栖市民体育館 18:30試合開始(18:00開場)

<メインイベント=電流爆破タッグデスマッチ>
ザ・グレート・サスケ、長与千種 vs. TARU、水波綾

越中詩郎、大谷晋二郎 vs. 佐藤耕平、保坂秀樹

ダンプ松本、ZAP.T vs. 彩羽匠、門倉凛

藤原喜明、SUGI vs. 日高郁人、菅原拓也

松崎和彦、橋本友彦 vs. ブラックタイガー、クリス・ヴァイス

横山佳和 vs. パンディータ

岩崎永遠 vs. 北村彰基

入場料金=特別リングサイド席(1~2列目)8000円、指定席5000円、自由席3000円

※小中学生無料

お問合せ:ドリームオンステージ 044(201)9750

※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]追悼・輪島大士さん~全日プロと日テレが輪島さんに求めたのは客寄せパンダ的な役割

[ファイトクラブ]追悼・輪島大士さん~全日プロと日テレが輪島さんに求めたのは客寄せパンダ的な役割

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年10月25日号SD1000回 カネック SEAdLINNNG DLジョナサンDスレーター訃報 ラウェイ