W1「芦野をねじ伏せて、あいつ自身の手でマットを叩かせたい」芦野からのギブアップ奪取を宣言!〜征矢学選手インタビュー

9月29日(土)にエディオンアリーナ大阪第2競技場で開催される芦野祥太郎とのタイトルマッチを目前に控える征矢学。横浜文化体育館大会では無念のレフェリーストップ負けとなってしまったが、今度は自ら芦野をタップアウトさせたいと意気込んでいる。タッグリーグも稲葉大樹とのタッグで2連勝中と絶好調。短期間でのチャンピオン返り咲き、そして再びチャンピオンとして子どもたちにプロレスを伝えるという使命を全うするべく、ワイルド男は燃えている!

──9月29日の大阪大会でのW-1チャンピオンシップが目前に迫っております。文体の芦野選手とのタイトルマッチ後に、すぐリマッチを申し出たのはやはりレフェリーストップという裁定は納得がいかなかったということですか?

征矢 自ら手を叩いて降参したという負けではなかったのでね。プロレスのルールとしてレフェリーが絶対なところはあるわけですけど、やっぱり自分で認めた負けではないから納得はいかないですよね。

──あそこで止められなかったら、ロープエスケープや技から逃げることができたという気持ちはあったんですか?

征矢 痛みを我慢しつつ、何かしら逃げるための方策を考えていたんで。例えば両足がふさがれている状態でしたけど、芦野を引きずってでもロープに行くという荒業もあったんです。ただ、その前にレフェリーの判断があった。だから、俺の中であの試合は終わってないんですよ。

──ということは、レフェリーのミスジャッジじゃないかというお気持ちもあったんですか?

征矢 お客さんの目にどう写っていたかわからないですよ? ただ、俺としては止めなくてもよかった。レフェリーは危機を察知したがゆえに止めたんでしょうけど、大きなお世話でしたね。

──なるほど。芦野選手とは今年に入って2回もタイトルマッチをやっているわけですけど、半年前の3月の試合と文体の時と比べて、変化だったりは感じたりしましたか?

征矢 あいつもベルトを落として一番下まで落ちて、それからトーナメントで優勝して俺のところまで来たんで、リマッチに近い気持ちだったのかもしれないですね。だから、最初にやった時よりも執念的なものは感じました。

──1勝1敗で迎えた3度目の対戦ですから、次は完全決着戦という形になると思うんですけど。

征矢 その決着戦を大阪で見せられるというのはいいですよね。大阪のお客さんにW-1の頂点のベルトを懸けた闘いを見せられる。大阪でやるのは初ですからね。俺は常々日本全国でプロレスを見せたいと思っているし、今回の一戦はその架け橋になるんじゃないかと思うんですよ。子どもにプロレスを伝えたいと思っていろいろ動いているんですけど、なかなか自分一人では形にできないところがある。やっぱりいろんな人の力を借りなきゃいけないし、そのためにも全国に行っていろんな人たちとつながりたい。そういう意味でも今回の大阪でのタイトルマッチは望むところですよ。

──そのきっかけになる一戦にしたいということですね。ちなみにタッグリーグが並行して行なわれているわけですけど、征矢選手にとってこの状況はプラスですか? 芦野選手は大阪の防衛戦に集中していたので、タッグリーグへのモチベーションが上がらなかったということをおっしゃっていたんですが。

征矢 例えば三層の違う味が重なったケーキがあったとすると、俺は一つの味だけではなく三つの味を楽しみたいタイプなんですね。タッグリーグもタイトルマッチも両方楽しむ。そこは芦野とは経験の差がありますよね。全日本プロレス時代にも大日本プロレスさんのベルトを持っていたり、『最強タッグ』中にタイトルマッチをやったりしたこともありましたからね。だから、全然気にならないです。そこはスイッチを切り替えてやっていける部分なんで、経験の差でしょうね。

──むしろタッグリーグは2連勝で、あと一つ、札幌での公式戦に勝てば優勝決定戦進出ですもんね。

征矢 もうパートナーが稲葉ですから。信頼は厚いし、試合も任せられますんで。元々プライベートでも仲がいいんですよ。なんとなく奴の心の内もわかるし、NEW ERAでやっていた時は無理しているなと思っていたんですけど、今のほうがのびのびとやっているんじゃないですかね? まあ、あいつは自分のことを発信するのが下手な部分があるんですけど、あいつの感情的な部分を引き出せるのは俺しかいないんじゃないかと思いますね。もっと弾けた時に奴の意外な一面が見られるかもしれない。もしかしたら、名前も変えたほうがいいかもしれないですね。

──リングネームから弾けたほうがいいと。

征矢 そこは奴に任せます。ただ、タッグを組んだのが今回のタッグリーグからだし、2試合しかしてない中で結果を残せていることを考えると、タッグに関しては問題ないですね。

──#STRONGHEARTSのスパイを探す活動も2人でされていますけど、タッグやあるいはタイトルマッチに向けてもいい効果は出ていますか?

征矢 W-1に入ってから、一つのことだけに集中するということはなかったんで。マッチメイカーをやったりしながら試合もしていたし、そういう意味では二足のわらじ、三足のわらじは得意分野ですよ。だから、もしかしたら、周りの人は「タイトルマッチに集中しろよ! ふざけんじゃねえよ!」って思っているかもしれないけど、ちゃんとタイトルマッチにも集中してますよ。

──それぞれのベクトルに対して集中できるということですか?

征矢 そうです。そして全ての方向に集中することが俺のパワーになっているのは間違いないですね。

──なるほど。ちなみに芦野選手から今度は自分がギブアップを取るという宣言をされていますが、もう対策は練ってあるんですか?

征矢 もちろんありますよ。俺はラリアット一本で来たかのようなイメージがあるかもしれないですけど、実際には武藤さんからギブアップを取ったこともある。自信の技がありますから。あいつをねじ伏せて、あいつ自身の手でマットを叩かせたいですね。

──元々、柔道やられていましたし、そのベースが生きてくるんですか?

征矢 全く。柔道の技は一切使っていません。

──では、プロレスの中で培ってきた技術を出そうと。

征矢 そうなりますね。

──芦野選手は「自分が負けるとW-1の未来がない」という言い方をしているんですけど、征矢選手は自分が巻いていたほうがW-1は上がるという感覚がありますか?

征矢 まあ、防衛回数も2回しかしてなかったし、それほど長い期間を巻いていなかったんで、俺自身チャンピオンとしては中途半端な発展途上の段階ではありましたよ。ただ、芦野が巻いてないと終わりだと言うなら、W-1は文体前に終わってるだろうって話じゃないですか? だいたい、この間の米子の行動もよくわからない。

──9月24日の米子大会では、アンディ&パンテーラ組との公式戦を壊してしまいましたね。征矢選手も出てきて急遽8人タッグになりましたけど。

征矢 あいつのチャンピオン像が見えてこないですよね。声援もなければブーイングもない。どうしたいのか見えてこない。まあ、米子の件に関して言えば、例え両チームとも決勝戦に行けなくても、お客さんが納得するような試合を見せるのが一番のご奉仕ですよ。それをしなかったら、本当にW-1は終わりますよ。だって、「お前ら、見に来いよ」じゃないですよね。「見に来ていただいてありがとうございます」という世界じゃないですか? 身体を酷使してでもお客さんに何かメッセージを伝えなきゃいけない、特にチャンピオンは。俺はそう思いますね。

──わかりました。では、大阪でのタイトルマッチを楽しみにしているファンの方たちに一言お願いします。

征矢 大阪初のW-1チャンピオンシップ、そして久しぶりのエディオンアリーナ大阪での大会なので、これをきっかけに地方にいろんな形で刺激を与えたいですね。そして、この大阪の皆さんに素晴らしい試合を見せて、征矢学がベルトを取る!


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]井上譲二の『週刊ファイト』メモリアル第47回 情報先取りの『ファイト』はいつの時代も悪者扱い

[ファイトクラブ]井上譲二の『週刊ファイト』メモリアル第47回 情報先取りの『ファイト』はいつの時代も悪者扱い

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年10月04日号新日神戸 全日王道 ジミー鈴木TCW 初代虎京都 小橋スポーツ名場面