9・9 KUNLUN76出場の宮越慶二インタビュー

 9月9日に中国の山東省、済南市の山東財経大学体育館で開催されるKUNLUN76が開催され、日本からは宮越慶二郎選手(拳粋会)が1年4か月ぶりに64キロのワンマッチでKUNLUNに参戦。
 中国の孙志祥(Sun Zhixiang)選手と戦います。孙志祥選手は5月に潘隆成選手(クロスポイント吉祥寺)に判定勝ちをした選手で前に前に出るタイプの選手。宮越選手の華麗なステップワークでプレッシャーを回避できるか?

宮越選手のコメント:
「今回、一年4ヶ月ぶりのクンルンファイト参戦という事で、とても嬉しく思います。
クンルンファイトとは相性が良く、毎回良い試合をして褒めてくれます。
今回も良い試合をして盛り上げます。
最近良い結果が出せてないので、しっかり勝って、次戦に繋げていきたいです。」

 目玉は今年から始まる女子60キロトーナメントで8人がワンディーで戦う。
 また、前回怪我で試合が出来なかった一昨年の優勝者タイのSuperbon BanchamekとコートジボアールのNayanesh Aymanが70キロトーナメントベスト4の最後の枠をかけて戦う。


※月額999円ファイトクラブで読む(クレジットカード、銀行振込対応)
[ファイトクラブ]RIZIN.11視聴率惨敗! フジテレビの凋落が浅倉カンナを泣かせた夜

[ファイトクラブ]RIZIN.11視聴率惨敗! フジテレビの凋落が浅倉カンナを泣かせた夜

※490円電子書籍e-bookで読む(PayPal決済easypay、銀行振込対応)
’18年09月06日号亜利弥’Deep 棚橋弘至 山本小鉄 無我 蝶野正洋 WWE女子 山本KID