« 5・3 Road to GLORY JAPAN−85kg 清水賢吾優勝 マグナム酒井無念 DykiスーパーファイトKO勝利 | メイン | 5・3ディアナSareee凱旋興行@板橋グリーンホール大会は『マット界舞台裏5月16日号』にて詳報 »

世界トーナメント優勝久保優太、準優勝野杁正明急所悶絶2度、ピーター・アーツ逆転巨人倒し〜GLORY 8 TOKYO

130503Glory2877.jpg

 「Road to GLORY」後の本戦、 「GLORY WORLD SERIES」8回目となる日本・東京大会が有明コロシアムで開催された。
 今大会メインの-65kg Slamトーナメント決勝は、各国の強豪をやぶり勝ち上がった久保優太と野杁正明の日本人同士の対決となり、久保が最終3R左フックでダウン奪い決定的なポイント差をつけて優勝、ベルトと10万ドルの賞金を獲得した。 

 またワンマッチではピーター・アーツの逆転KO劇やジェロム・レ・バンナがコウイチのリマッチを振り切る一戦等、盛りだくさんの内容に。2012年1月の「IT’S SHOWTIME 54」で日菜太を秒殺したアンディ・リスティは、K-1でお馴染のアルバート・クラウスをKO、佐藤嘉洋 vs.爛灰螢▲鵐皀鵐好拭辞瓮ぁΕ愁鵐劵腑鵑琉貔錣覆廟こΕ肇奪廛ラスのキックボクサーが集まったイベントは大盛況となった。

130503Glory2904.jpg

 大会の全容と詳細はマット界舞台裏5月9日号全日カネGlorySareeeJWP雫あきヘイリーWAVE小橋引退直前検証に掲載されました。

■ GLORY 8 TOKYO -65kg Slam
日時:5月3日(祝) 開始15:00
会場:東京・有明コロシアム


130503Glory13A.jpg
1R終了ゴングと同時に久保が放った後ろ回し蹴りがローブローになり野杁は10分程悶絶
130503Glory13B.jpg
<第13試合−65kg SLAM 決勝戦 3分3R>
●野杁正明(OISHI Gym)
 判定136-146
◯久保優太(Fighting Kairos)
※久保が優勝
※1R久保のバッスピンキックがローブローとなり、体力回復のため野杁に約10分の休憩
※3R左フックで野杁ダウン


130503Glory1845.jpg
アルバート・クラウスに続き、我々は"20世紀最強の暴君"の落日を目撃するのかと危惧…
130503Glory12.jpg
眉上もカットして流血、しかし瀕死の老兵が反撃開始!アーツは生ける伝説となったのだ
<第12試合 スーパーファイト ヘビー級>
◯ピーター・アーツ(オランダ)
 2RTKO 2:28 ※3ダウン
●ジャマル・ベン・サディック(ベルギー)
※1R左フックでアーツに1ダウン

<第11試合 スーパーファイト -70kg級>
◯アンディ・リスティ(スリナム)
 2RKO 0:27 ※顔面への膝蹴り
●アルバート・クラウス(オランダ)

<第10試合−65kg SLAM 準決勝 3分3R>
●ガブリエル・バルガ(カナダ)
 判定140-145
◯久保優太(Fighting Kairos)

<第9試合−65kg SLAM 準決勝 3分3R>
●モサブ・アムラーニ(モロッコ)
 判定141-144
◯野杁正明(OISHI Gym)

<第8試合スーパーファイト ヘビー級 3分3R>
◯ジェロム・レ・バンナ(フランス/チャクリキ)
 判定150-135
●コウイチ(バンゲリングベイ道場)

<第7試合 スーパーファイト 70kg契約>
◯佐藤嘉洋(名古屋JKファクトリー/ISKAライトミドル級王者、K-1 WORLD MAX2006&2007日本王者)
 判定144-141
●イ・ソンヒョン(韓国/仁川ムビジム/韓国格闘技協会ウェルター級王者、RISE KOREAウェルター級王者、RISEライト級王者)

<第6合−65kg SLAM 1回戦 3分3R>
◯久保優太(Fighting Kairos/K-1 WORLD MAX 2011 -63kg日本トーナメント王者、Krush-67kg初代王者、ISKA世界ライトウェルター級王者)
 2RKO 3:00 ボディへの膝蹴り
●イム・チビン(韓国/2008K-1 ASIA MAX IN SEOUL優勝)

<第5試合−65kg SLAM 1回戦 3分3R>
●アブダラ・エズビリ(フランス/2007〜2009フランスK-1王者)
 判定136-149
◯ガブリエル・バルガ(カナダ/WKN&WKFプロ世界王者)

<第4試合−65kg SLAM 1回戦 3分3R>
●リアム・ハリソン(イギリス/元WPMFムエタイ世界−63.5kg王者)
 2RTKO 1:06 膝による顔面カット
◯野杁正明(OISHI Gym/Road TO GLORY JAPAN -65kg Slam優勝)

<第3試合−65kg SLAM 1回戦 3分3R>
◯モサブ・アムラーニ(モロッコ/オランダ/2009年WMC −63kg世界フェザー級王者)
 判定150-135
●マーカス・ビニシウス(ブラジル)

<第2試合 −65kg SLAM −65kg 第2リザーブファイト 3分3R
◯チョン・レック(タイ/SUPERPRO SAMUI)
 判定146-139
●藤田ゼン(エイワスポーツジム/REBELS −65kg級王者)

<第1試合−65kg SLAM 第1リザーブファイト 3分3R>
○アンドレ・ブルール(ドイツ/ロシア/WPKC世界−67kg王者)
 判定143-142
●小宮由紀博(スクランブル渋谷/2009RISE 70kgトーナメント’09)

About

2013年05月03日 22:58に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「5・3 Road to GLORY JAPAN−85kg 清水賢吾優勝 マグナム酒井無念 DykiスーパーファイトKO勝利」です。

次の投稿は「5・3ディアナSareee凱旋興行@板橋グリーンホール大会は『マット界舞台裏5月16日号』にて詳報」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。