« 継続した福祉活動を続ける初代タイガーマスク、児童養護施設『白峰会 高風子供園』を慰問!大仁田厚にデスマッチでの一騎打ちを要求 | メイン | FEG破産請求認められる〜バス・ブーン独占インタビュー第二弾 »

激戦続く5・13新日本キックボクシング協会『BRAVE HEARTS 19』江幡塁x志朗がMVP

 今大会で19回めを迎える新日本キックボクシング協会治政館ジム主催の『BRAVE HEARTS 19』

 ダブルメインでは先月4月8日千葉・市原大会で保持する東洋スーパーフェザー級王座を防衛した蘇我英樹と2009年5月31日に蘇我を敗っている泰国BBTVフェザー級王者のルンラウィー・サシプラパーの再戦に、新日本バンタム級王者・江幡塁と以前江幡に敗れているが積極的にタイでも試合をこなし今年の2月11日にはタイ・チョンブリ地区タイトルも獲得しているバンタム級1位の志朗とのタイトルマッチでの再戦とダブルメインは何れもリベンジマッチとなった。

 メインは2試合共激しいものとなり、タイトルマッチは1Rに江幡がダウンを奪うも、志朗も追い上げ5R1-1のドローで江幡の防衛となり、この試合は今大会のMVPとなった。

 蘇我vs.ルンラウィ−の日泰国際戦5Rは一進一退だがややルンラウィーペースになってきたところで蘇我からダウンを奪いルンラウィーがそのまま振り切り3−0の判定で勝利した。


■ 新日本キックボクシング協会『BRAVE HEARTS 19』
日時:5月13日
会場:東京・後楽園ホール

120513njk-1.jpg
<ダブルメインイベント(第13試合) 日タイ国際戦 59.5kg契約 3分5R>
●蘇我英樹(市原/東洋スーパーフェザー級王者 34戦22勝10KO8敗4分)
 判定 0-3(50-47・49-46・49-46)
○ルンラウィー・サシプラパー(泰国/泰国BBTVフェザー級チャンピオン)

120513njk-2.jpg
<ダブルメインイベント(第12試合)新日本バンタム級タイトルマッチ 3分5R>
△江幡塁(伊原道場/新日本バンタム級王者 19戦17勝7KO2分)
 引分 1-1(48-47・47-48・48-48)
△志朗(治政館/同級1位 7戦5勝2KO1敗1分)

<セミファイナル(第11試合) 3分3R>
○宮本武勇志(治政館/元新日本ミドル級王者・1位 29戦16勝5KO4敗8分)
 判定 3-0(30-27・30-27・30-27)
●バアシイル コオスタディノブ(ブルガリア)

<セミファイナル(第10試合)新日本ウェルター級王座次期挑戦者決定戦 3分3R延長あり>
●渡辺健司(伊原稲城/同級1位 20戦7勝2KO4敗9分)
 判定 0-3(27-29・28-29・28-29)
○大塚隼人(ビクトリー/同級2位 33戦18勝6KO7敗8分)
※大塚は次期新日本ウェルター級王座挑戦者となる

<第9試合 日タイ国際戦 61kg契約 3分3R>
△翔栄(治政館/K-1甲子園2010王者 5戦5勝)
 引分 0-1(28-29・29-29・29-29)
△ノンガン・サシプラパー(泰国/元泰国BBTVタイガートーナメントSバンタム級王者)

<第8試合 62.5kg契約 3分3R>
△ジョニー・オリベイラ(トーエル/新日本ライト級1位 33戦8勝15敗10分)
 引分(※2R偶然のバッティングによりジョニーが出血により続行不能1Rの採点で三者共10-10)
△福岡直也(治政館 26戦11勝5KO8敗7分)

<第7試合 日タイ国際戦 58kg契約 3分3R>
●TATSURO(ビクトリー/新日本フェザー級5位 20戦8勝2KO4敗8分)
 3R 1分00秒 TKO
○ガイファー・ラジャサクレック(泰国)

<第6試合 ライト級 3分3R>
○平野一誠(伊原稲城/新日本ライト級8位 24戦11勝3KO8敗5分)
 判定 3-0(29-28・29-28・29-28)
●春樹(横須賀太賀/6戦3勝2敗1分)

<第5試合 ウェルター級 3分3R>
●後藤綾亮(藤本/新日本ウェルター級6位 8戦5勝3KO3敗)
 判定 3-0(29-30・29-30・29-30)
○山際和希(谷山/MAウェルター級8位)

<第4試合 59kg契約 3分3R>
△石原將伍(ビクトリー 5戦5勝1KO)
 引分 1-0(29-28・29-29・29-29)
△拓郎(はまっこムエタイ 7戦3勝1KO2敗2分)

<第3試合 日本ライト級 3分2R>
△井上昌彦(宮川道場 6戦2勝4敗)
 引分 0-1(20-20・19-19・19-20)
△エージェント木村(宮川道場 2戦1勝1敗)

<第2試合 53垠戚 3分2R>
○麗也(治政館)
 2R 2分05秒 KO
●KEN(B-Family NEO)

<第1試合 フェザー級 3分2R>
○太平洋亘(野本塾 11戦1勝1KO7敗2分)
 1R 1分35秒 KO
●布施木将大(藤本 1戦1勝)

セコンド情報含む詳細版はマット界舞台裏5月24日号K1激震Bブーン魔裟斗ノア黒幕新日戦略渇+3kick大会総浚いに掲載されました。


別冊ミルホンネット 新女王RENA年間最高UFC139 新日本キック日泰対抗戦MAキック聖域
マット界舞台裏2月23日号選手稼ぎ新日値段SMASH解散仏人ダミアン・アラモス戸井マサル
マット界舞台裏3月22日号オカダ政権大阪興行外人招聘パンクラス石井宏樹快挙悪魔同盟
マット界舞台裏月5月3日号EMCOM株高K1危機7・1両国人気Z1大仁田TITANS三流選手考

About

2012年05月13日 23:20に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「継続した福祉活動を続ける初代タイガーマスク、児童養護施設『白峰会 高風子供園』を慰問!大仁田厚にデスマッチでの一騎打ちを要求」です。

次の投稿は「FEG破産請求認められる〜バス・ブーン独占インタビュー第二弾」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。