« 読者からのお便りご紹介 | メイン | 本日DSE取締役会〜新社長内定か? »

6月27日T-1グランプリ〜高原智美デビュー戦テーマは「裸にした女子プロ」

 6月27日水曜日、歌舞伎町の新宿Faceにて伝説の「T−1グランプリ」が新たなるスケールで復活を遂げる。二見社長が「腐りきった女子業界はコントロールが出来なくなった。ならば自分の女を出すしかない!」と開催宣言。桃太郎映像出版からAVデビューも決まっている高原智美が、プロレスラーにも挑戦する。選手と何度も問題を起こしている二見社長だけに、「自分のイチバン信頼している女性だ」と、笑顔がステキな高原智美嬢を水道橋の「チケット&トラベルT−1」での記者会見でマスコミに公開した。

 二見社長は「新しいことに挑戦すること、裸一貫でがんばっているところ」を今回のテーマにすると発表。また、人気アイドル・レスラーの風香に対して、「女子プロでイチバン客を呼べるのは俺で100名。彼女は77名止まりだ」と、ガチンコ発言で挑発。心の病気だという風香を「奈良に帰ってんじゃない」、最近ピンクのコスチュームを使いだした中島安里紗を「俺にホレてんだろう」とこき下ろし、「悔しかったら脱いでみろと」、記者会見中に高原を脱がしてみせた。
 
4.16T-1takahara1.JPG

 高原は参戦の動機を「赤字が続いていると聞いて助けてあげたい、楽させてあげたい」と告白。会見では交際中の二見社長のことを「情熱的で男らしいから好き」だとのろけ、「肉じゃがとダシ巻き卵が得意料理」とまでプライベートを披露。必殺技は開発中で、「夜のほうで教わってま〜す」と、二見社長の絶倫ぶりを暴露している。
 
 会見には50本以上のAV出演歴があるnao.も参加。「妹分のデビューが心配なので、セコンドにつく」と参戦を表明している。彼女は4年目の人気女優で、デビュー作のDVD売り上げは23万本にのぼるという。
 4月7日のガッツワールド主催大会で、プロレスの筋書きが崩壊するというあってはならない事件が勃発。お客も反逆のエスペランサー二見の暴走を支持したことで、新木場1stリングは最後のヒーローの出現に狂喜乱舞したばかり。これでT-1グランプリのメインイベント「敗者裸マッチ」のカードは、一宮章一と浦井百合の参戦が白紙撤回に。よって二見、高原、T-1マスク2号組の対戦相手は未定となる。
4.23T1b.JPG
(写真:今野梨乃、高原智美、乙音奈々、nao.)
【大会概要】
 女子プロXAV「T-1グランプリ」〜高原智美デビュー戦
 6月27日新宿FACE 開場19:00 開始19:39(イク〜!サンキュー)
 お問い合わせ 「チケット&トラベルT-1」 筺。娃魁檻毅横沓機檻横沓沓
 主催:ゼロサム 03−5469−3257 

About

2007年04月16日 18:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「読者からのお便りご紹介」です。

次の投稿は「本日DSE取締役会〜新社長内定か?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。