[ファイトクラブ]井上譲二の『週刊ファイト』メモリアル第39回 ノアとパンクラスから理不尽な要求が・・・

[週刊ファイト4月19日号]収録 [ファイトクラブ]公開中

▼井上譲二の『週刊ファイト』メモリアル第39回
 ノアとパンクラスから理不尽な要求が・・
・長州力の理不尽な取材拒否で解任されたターザン山本
・全日を乗っ取ったと書かれた仲田龍
・尾﨑社長からの電話は1時間半に及んだ
・ターザン山本を使い続けた週刊ファイト


 この連載ですでに書いたことだが、私の編集長在任中に何らかの抗議をしてこなかった主要団体は1つもなかった。ただ、クレームは記事内容に限らない。仲田龍ノアGM、尾﨑允実パンクラス社長のように「ターザン山本を使わないでくれ」と言う団体首脳もいた。

 これは明らかに編集介入行為。もちろん、私はこの不当な要求を突っぱねた。


ターザン山本を週プロ編集長解任に追い込んだ長州力

 1996年、新日プロ(長州力および永島勝司)の理不尽な取材拒否によって最終的に『週刊プロレス』編集長を解任されたターザン山本氏(以下、T・山本氏)。それから半年も経たないうちに彼は『ベースボール・マガジン社』から退社したが、プロレスマスコミの中でT・山本氏に原稿を依頼したのは『週刊ファイト』のみだった。

 で、私が最も懸念したのは新日プロからの「T・山本を使うなら取材させないぞ」という恫喝。ところが、T・山本氏を毛嫌いする長州&永島氏はこれを容認した。

 そして、意外にもファイト紙上における「T・山本外し」を言ってきたのはノアの仲田GMとパンクラスの尾﨑社長だった。


仲田龍氏

記事の全文を表示するにはファイトクラブ会員登録が必要です。
会費は月払999円、年払だと2ヶ月分お得な10,000円です。
すでに会員の方はログインして続きをご覧ください。
ログインして続きを読む