西村・天コジ悲痛! 恩師、ジョー・大剛こと大剛鉄之助氏逝く

 元新日本プロレスの北米支部長で、天山らを育てたジョー大剛こと大剛鉄之助氏が11月4日、カナダ・カルガリーで大腸がんにより亡くなった。享年76。 
 大剛氏は仙台強として1966年に東京プロレスでデビュー。東京プロレス崩壊後に大剛鉄之助として国際プロレスに転身、トーキョー・ジョーとしてカナダ・カルガリーでブレイク。
 先日亡くなったグレート・サキこと、故・デビル紫とのタッグでカルガリーのインターナショナルタッグチャンピオンを戴冠してサーキット中に交通事故で右脚を切断、レスラー生命を絶たれた。
 その後はブッカー、ジョー・タイゴーとして国際、新日本プロレスに多数の選手を招聘、90年代以後は武者修行に出た新日本プロレスの若手選手のコーチなどでも活躍、西村修、天山広吉らのコーチとしても活躍した。
 東京プロレス、国際プロレスを知る古参が、レスラーとして絶頂期を共に過ごした故・デビル紫の後を追うように亡くなられた。安らかに…


▼WeRemember 1966年のアントニオ猪木 君は東プロ時代の猪木を見たか!!

WeRemember 1966年のアントニオ猪木 君は東プロ時代の猪木を見たか!!