明日開催!第3回日本ラウェイ大会『ラウェイinジャパン 3 ~GRIT~』後楽園ホール大会!計量と公開記者会見終了!

 4月18日(火)東京・後楽園ホールで開催される日本ラウェイ大会第3回『ラウェイinジャパン 3 ~GRIT~』の計量と公式記者会見が17日都内会場で行われた。

第2試合出場のコディー・モベリー(USA)が1回目の計量で2.4kgオーバー、2時間後再計量を行い1.2kgオーバーだったが対戦相手とMTBFレフリーがこの体重を了承し、試合が行われることが決定。1.2㎏オーバーで了解というのもキック、MMA、ボクシングなどでの競技ではあり得ないがラウェイならでは

■『ラウェイinジャパン 3 ~GRIT~』
日時:4月18日(火) 午後6時30分開始
会場:東京・後楽園ホール
【各プレイガイド、後楽園ホールにて発売中】
VIP 20,000円(残り僅か) S席7000円 A席5000円 B席4000円
問合せ: ILFJ 03-6272-3392   http://ilfj.or.jp/

<第7試合 ラウェイ80kg契約 カナダVSオーストラリア 3分5R インターバル2分 判定なし>
デーブ・レダック(カナダ:24歳/現ミャンマーラウェイ80㎏級王者、カナダ75㎏ムエタイチャンピオン:38戦28勝8敗2分/ラウェイ4戦2勝2分)
 vs.
アデム・フェニックスジム(オーストラリア:37歳/47戦35勝(20KO)10敗2分ラウェイ1敗)

・デーブ・レダック(右)
「ミャンマーラウェイ史上初のミャンマー人のいないメインイベントで戦えることをILFJに感謝します。
勝つのか負けるのかは結果論、アデム選手は大先輩でしかも初の対戦です。もてる力を出し切って
戦います。」
・アデム・フェニックスジム(左)
「ラウェイルールそしてこの階級(80kg)で、オーストラリア対カナダは過去に聞いたことがないし、
デーブが強いのは知っています。自分の仕事は相手を倒すことなので出来ることを最大限やり切ります。」

<第6試合 ラウェイ65㎏契約3分5ラウンド:判定なし>
ターアス・タプウィント (ミャンマー)
 vs.
蓮實 光 (パラエストラ栃木:MMA)

・蓮實 光(左)
「計量もパスして今は楽しみで仕方ないです。必ずお客さんが喜んでもらえるような試合をします。」
満面の笑顔で語りました。

<第5試合 ラウェイ69㎏契約3分5ラウンド:判定なし>
ピャン・トゥエ (ミャンマー)
 vs.
ARANA (FSA拳真館USA支部:空手)

<第4試合 56kg契約 ミャンマーVS日本3分5R インターバル2分 判定なし>
テーン・タイク(ミャンマー)
 vs.
浜本”キャット”雄大(クロスポイント吉祥寺:キックボクシング)

・浜本”キャット”雄大(左)
「僕が今後名前を上げていく上で、キャットも昔ラウェイに出ていたんだなと言われるように必ず結果を出します」
と、ラウェイを”踏み台”にすると宣言。

<第3試合 80kg契約 ミャンマーVS日本3分5R インターバル2分 判定なし>
ソー・ガマン(ミャンマー:37歳/元ラウェイ無差別級王者、タゴン旗トーナメント優勝)
 vs.
久保輝彦(禅道会:空手)

<第2試合 60kg契約 ミャンマーVSUSA3分4R インターバル2分 判定なし>
チャーバー・ヘイン(ミャンマー)
 vs.
コディー・モベリー (USA:28歳/ムエタイ、2015クィーンカップ王者、NAMTAライト級王者)

コディー・モベリーは初回の計量で2.4㎏オーバーで会見時には姿をみせなかった

<第1試合 60kg契約 ミャンマーVS日本3分4R インターバル2分 判定なし>
サライチャム・ミャァコー(ミャンマー:23歳/ラウェイ60㎏地方大会金メダル)
 vs.
BAKI(SHIROI DREAM BOX)

また次回6月16日(金)日本ラウェイ第4回大会『ラウェイinジャパン4 FRONTIER』の大会開催告知と入場券情報が発表された。
VIP20000円 第1バルコニー7000円 第2バルコニー5000円 第3バルコニー4000円

▼10・27ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2016後楽園ホール
wf058Chirashi-718週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斉藤大阪謎新日キック

▼初参戦・高橋奈七永KO勝利!トゥントゥン・ミン無念の敗退!
wf065Chirashi-718週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キック

▼紅闘志也 ラウェイ・ジャパン2総括

週刊ファイト3月2日号真壁刀義20周年全日Jr.開幕テレ朝中井りんROAD FC訃報嵐UFC