オカダxオメガ1・4新日/RIZIN+女子/サーカス巌流島/坂口征二/IGF【週刊ファイト】

週刊ファイト1月12日号オカダxオメガ1・4新日RIZIN女子サーカス巌流島坂口征二IGF
 メインはテレ朝チャンネル2の終了時間21:30をしっかり超えるほどのロングマッチ(46分45秒)に。フィニッシュムーブであるレインメーカーと片翼の天使を巡る攻防ラリーが、ドームを何度も揺るがす。オカダとケニーが締めたメイン。1月4日の新日本プロレス東京ドーム大会をレポートした。

 続く新日本プロレス東京ドーム記事は裏ネタ満載。プロレスファンなら絶対に見逃せないだろう。

週刊ファイト1月12日号オカダxオメガ1・4新日RIZIN女子サーカス巌流島坂口征二IGF


 やはり黄金期を支えた証言者だと話題沸騰の元週刊ファイト編集長、井上譲二氏の連載『週刊ファイト』メモリアル。第15回目は、遂に世界の荒鷲、坂口征ニ氏の登場だ。坂口征ニと言えば、良くもっ悪くも破天荒な人間が多い昭和の大物プロレスラーの中にあって常識人と言われているが、『週刊ファイト』に対してはどうだったのか?そこから見えてくる『週刊ファイト』のみならず昭和のプロレスマスコミが新日本プロレス寄りだった理由が見えてくる。昭和プロレスの秘密がまた一つ明かされた。


 新年最初の緊急座談会は、今年から再スタートを切るプロレスリング・ノアとIGFに関して衝撃の裏ネタを関係者が語り合った。新日本プロレスと関係が切れたと言われるノアはどうなるのか?そして業界で最も注目を浴びているIGF復活はどのような形で行われるのだろうか?プロレスファンが一番、知りたい情報が詰まっている。

週刊ファイト1月12日号オカダxオメガ1・4新日RIZIN女子サーカス巌流島坂口征二IGF



 格闘技も年末年始のRIZINと巌流島を大特集だ。共に豊富な写真と他誌にない鋭い分析で大会の感動と深淵を振り返っており格闘技ファン垂涎の内容となっている。

週刊ファイト1月12日号オカダxオメガ1・4新日RIZIN女子サーカス巌流島坂口征二IGF