日本大会前にラウェイ無敗のピャン・トゥェはタイの強豪シンマニーと引分!『BATTLE FOR GLORY』ミャンマータウングー大会!

1月5日ミャンマー中心都市ヤンゴンから北方に車で4時間近く、首都ネピドー近くのタウングーで開催された『BATTLE FOR GLORY』メインイベントは、ムエタイトップの古豪シンマニー(※日本でも2008年3月石井宏樹、2015年9月TOMOYUKIに判定勝利。)と2015年71㎏ゴールドメダルチャンピオン、2016年67㎏ラウェイ世界チャンピオンとなり、現在無敗のピャン・トゥェが激突。試合は技術に優るシンマニーがサウスポーからの左ストレートを何度もヒットさせるが怯まず前に出続けるピャン・トゥェといった展開で5R両者ダウンなしの時間切れ引分。ピャン・トゥェは来月2月16日日本大会に参戦予定。
 セミファイナルでは地区チャンピオンのトゥンナイン・ウーが初の国際戦でタイ選手を3RKOした。

■ミャンマーラウェイ『BATTLE FOR GLORY』
日時 2016年1月5日
場所 ミャンマー・タウングー室内競技場
主催 NAING MOE ENTERTAINMENT & MYANMAR MEDIA MANAGEMENT
協賛 POPULAR

<メインイベント ラウェイ 3分5R>
△ピャン・トゥェ(ミャンマー/20歳、167㎝)
2015年ゴールドベルト71㎏王者
2016年ラウェイワールドチャンピオンシップ67㎏世界王者
 時間切れ引分
△シンマニー(タイ/33歳、174㎝)
タイファイト2012 67kgトーナメントチャンピオン
2012 WPMF世界ウェルター級チャンピオン(147ポンド)
2012 第22回ISUZUカップトーナメントウェルター級チャンピオン(145から147ポンド)
2008 チャンネル3TVスーパーライト級チャンピオン(140ポンド)
2007 WMCスーパーライト級チャンピオン(140ポンド)
2007 ラジャダムナン・スタジアムスーパーライト級チャンピオン(140ポンド)


打撃のヒット数で上回り、ムエタイ式に判定となればシンマニーだが前に出続け、圧力をかけ続けるのはピャン・トゥェ、5R闘い抜けばダウンがあろうが(※1R3回と1試合4回のダウンはKO敗け)KO決着でなければ時間切れ引分となる闘いもラウェイらしい Photo:MYANMARTIMES

試合動画

<セミファイナル第6試合 ラウェイ3分5R>
○トゥンナイン・ウー(ミャンマー/ラウェイ地区チャンピオン)
 3RKO
●ヨードチット・ペットサナン(タイ)

セミファイナルでは2016年12月11日『第3回 AIR KBZ ゴールデンフラッグ・ラウェイファイト』で4RKO勝利をおさめたラウェイ地区王者トゥンナイン・ウーが前戦の負傷もあったが、初の国際戦をKO勝利で飾った。

試合動画

<第5試合 ラウェイ>
○ナイ・ラビィ(ミャンマー)
 3RKO
●チャイ・トゥ(ミャンマー)

試合動画


ナイ・ラビィ(左)は、トゥンナイン・ウー(右)の兄で兄弟の地元であるタウングーで兄弟揃っての勝利をおさめた。

また本日ミャンマー・マンダレーでは『MYANMAR & THAILAND CHALLENGE FIGHT』が開催。ラウェイ75㎏トップクラスのトゥトゥがタイの上位選手チャナジョン・PK・センチャイムエタイジムと対戦する。

▼10・27ラウェイ・グランプリ・イン・ジャパン2016後楽園ホール
wf058Chirashi-718週刊ファイト11月3日号巌流島ノア関内ラウェイ初浅野金六マサ斉藤大阪謎新日キック

▼初参戦・高橋奈七永KO勝利!トゥントゥン・ミン無念の敗退!
wf065Chirashi-718週刊ファイト12月22日号新日2017高橋ラウェイ三沢光晴Gサスケ鷹の爪UFC新日キック