タッグリーグ星取りの行方は関係なし!異常な盛り上がりの新日プロ博多大会

131203NJ8.jpg
 12月3日博多スターレーンで開催された新日本プロレス「WORLD TAG LEAGUE」は、チケット完全ソールドアウトの大盛況で幕を閉じた。
 博多、広島と続くシリーズ終盤の天王山2連戦初日だったが、星取りの行方は正直どうでもいい、とことん試合を楽しむ熱気に終始包まれた熱狂的盛り上がりとなった。
 星取り自体は新日得意のもつれにもつれさせる王道の結果が続き、安定すら感じさせる内容となったが、それに輪をかけての凄まじい盛り上がりは新日本プロレス興行自体の磐石さを改めて実感させる理想的イベントとなった。
■ 新日本プロレス
日時:12月3日 試合開始17:00
会場:福岡・博多スターレーン 観衆1,850人(超満員札止め)
<メインイベント第8試合 Aブロック公式戦 30分1本勝負>
○中邑真輔、石井智宏 (3勝1敗=6点)
 10分47秒 ボマイェ⇒体固め
●プリンス・デヴィット、バッドラック・ファレ(3勝2敗=6点)
131203NJ7.jpg
<第7試合 Bブロック公式戦 30分1本勝負>
●小島聡、天山広吉(3勝2敗=6点)
 09分45秒 マジックキラー⇒片エビ固め
○ドク・ギャローズ、“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン(3勝1敗=6点)
131203NJ6.jpg
<第6試合 Bブロック公式戦 30分1本勝負>
○ラ・ソンブラ、内藤哲也(3勝2敗=6点)
 07分02秒 変型首固め
●シェルトン・X・ベンジャミン、鈴木 みのる(2勝2敗=4点)
<第5試合 Aブロック公式戦 30分1本勝負>
本間 朋晃、○真壁刀義(2勝2敗=4点)
 10分52秒 キングコングニードロップ⇒片エビ固め
●高橋 裕二郎、田中将斗(2勝2敗=4点)
131203NJ4.jpg
<第4試合 20分1本勝負>
●キャプテン・ニュージャパン、棚橋 弘至
 12分37秒 レインメーカー⇒片エビ固め
YOSHI-HASHI、○オカダ・カズチカ
<第3試合 20分1本勝負>
タイガーマスク、獣神サンダー・ライガー、ストロングマン、○中西 学
 08分12秒 アルゼンチンバックブリーカー
タイチ、●TAKAみちのく、デイビーボーイ・スミスJr、ランス・アーチャー
<第2試合 20分1本勝負>
●BUSHI、KUSHIDA
 07分49秒 エゴトリップ⇒片エビ固め
ジャックス・ダン、○ロブ・コンウェイ
<第1試合 20分1本勝負>
●小松 洋平、田中 翔、永田 裕志
 08分24秒 グリーンキラー⇒片エビ固め
○邪道、飯塚 高史、矢野 通
大会の全容と詳細はマット界舞台裏12月12日号仮面兄弟MuayThaiOpen東スポwnc新宿サンマルチノ新日博多に収録されました。
【最強の布陣、驚愕の国際ネットワーク:マット界舞台裏】
マット界舞台裏12月5日号白石伸生UFC20MDバションDEEP新日キックJパワーズ大阪NPW
▼スーパー外国人列伝 第18回ジョニー・パワーズ モグリ的な存在だったNWFという団体
マット界舞台裏11月28日号土下座藤波Leona紅KT-MMA英国新日ドームVガニア仮面貴族
▼覆面記者匿名条件座談会  打って出過ぎる新日プロ 強気の裏側に焦りも…
マット界舞台裏11月14日号みちのく20BJWユセフトルコ全日ドリーWNC後楽園Reina新木場
▼ユセフ・トルコ追悼
マット界舞台裏11月7日号曙両国ファンクス密着IGF石井慧藤田和之コブラ高円寺Kゴッチ狂
▼スーパー外国人列伝カール・ゴッチ シューターとして恐れられるも相手によっては妥協…
マット界舞台裏10月31日号日本UFC大晦日仙女新星重鎮長南亮引退DEEP大阪王座価値
▼スーパー外国人列伝カール・ゴッチ プロレスという職業に全く向かなかった“神様”
マット界舞台裏12月12日号仮面兄弟MuayThaiOpen東スポwnc新宿サンマルチノ新日博多