10・14『Bigbang the future其のIV』~畑尾龍宏が清十狼をスプリット判定で下す

 キックボクシング谷山ジム主催のキックボクシングとエンターテイメントを融合させ、更なる高いステージを目指す「ビッグバン」は、ショーアップされた華やかな舞台である。なかでも新人選手の発掘を目的とし、未来のビッグバン出場選手のプレ大会とも言えるのが『Bigbang the future』だ。
 第5回目を迎えるメインには東北限定タイトル・聖域ランキング1位の清十狼と、ベテラン39歳で元全日本キックライト級8位の畑尾龍宏が激突。試合は接戦の末、スプリット判定をモノにした畑尾が粘り勝ちで2008年8月以来4年ぶりの勝利を飾った。
 またセミファイナルにはMAキックウェルター級ランカーのTAKUTOと、受即攻空手無門会の元仙台代表で素手で闘うラウェイマッチも行い、キックに転向した内田将仁が対戦、キックでは一日の長があるTAKUTOが手数の差とバックブローも決め、ダウンこそ奪えなかったが印象点で優り3-0で勝利した。
 また第3試合ヘビー級に出場した西田操一は、谷山ジム期待の新人・柏木をKOして久々の勝利を飾る。第2試合では前評判の高かった山口友花里が、からくりTVにも出演した湯山綾香を判定で下し実力を証明。第1試合に出場した岡本MAYORGAはアグレッシブに攻め、ダウンも奪い2勝目をあげた。
 この日はK-1東京・両国大会を筆頭に各地で格闘技大会が開催され、『Bigbang the future其のIV』は注目度の高い大会ではなかったが、小会場での大会は選手と観客の一体感があり、大会場の大会では感じられないものがある。
■ 『Bigbang the future其のIV』
日時:10月14日(日) 開場16:30 開始17:00
会場:東京・ゴールドジム大森(サウス東京アネックス)
121014BigbangFutureHatakeo.jpg
<メインイベント 第7試合 63kg契約 ビッグバンキックルール3分3R>
●清十狼(PCK連闘会/聖域スーパーライト級1位・5戦4勝2KO1敗)
 判定1-2
○畑尾龍宏(フリー/元全日本キックライト級8位・14戦6勝8敗)
<セミファイナル 第6試合 65kg契約 ビッグバンキックルール3分3R>
○TAKUTO(八木橋道場/MAウェルター級10位・12戦5勝1KO6敗1分)
 判定3-0
●内田将仁(ヨックタイジム/元無門会仙台道場代表、CHAOS MADMAX出場 A-LEAGU14ウェルター級優勝 プロ戦績3戦1勝2敗)
<第5試合63kg契約 ビッグバンキックルール 3分3R>
●AKAMA(B-Family NEO・6戦1勝5敗)
 2RKO
○ユウキ・テイル・旬(ドラゴンテイル・4戦2勝2KO1敗1分)
<第4試合ヘビー級 ビッグバンキックルール3分3R>
●訓-NORI-(team 歌舞伎龍・2戦2勝2KO)
 1R KO
○高木昭彦(湘南キック・1戦1敗)
121014BigbangFutureNishida.jpg
<第3試合ヘビー級 ビッグバンキックルール3分3R>
○西田操一(フリー/空手ワールドカップ95ベスト8、2009第5回タイタンファイト2位・24戦7勝4KO16敗1分)
 2R KO
●柏木信明(谷山ジム大和・デビュー戦)
<第2試合 女子45kg契約 ビッグバンキックルール2分3R>
●湯山綾香(谷山ジム小田原・2戦1勝1敗)
 判定 0-3
○山口友花里(空手道白心会・デビュー戦)
<第1試合59kg契約 ビッグバンキックルール3分3R>
●河野誠次郎(東京北星ジム・1戦1勝)
 判定 0-3
○岡本MAYORGA(菅原道場・1戦1勝1KO)
【ビッグバン2012年興行スケジュール】
11月11日(日)『Bigbang the future其のⅤ』ゴールドジムサウス東京アネックス
12月2日(日)『Bigbang 統一への道 其の11』ディファ有明
ビッグバン公式サイト