五輪斎川契約金 新日中邑暴走 IGF監督解任 WWE-RAW 格闘地獄耳 Krush新日本キックM-1~マット界舞台裏8月2日号

inouejojiz290-200x283.jpg
 いよいよロンドン五輪が開幕するが、その五輪アマレス96キロ級代表、和製カレリンの異名を持つ斎川哲克を1億円で契約するとぶち上げたのは、新日本プロレス・木谷会長。現在のプロレス界からすれば破格の値段をつけたのだが、その裏側に井上譲二記者が迫った。
 IWGPインターコンチネンタル王座を奪取したが、さっそく不満を露わにしたのが中邑真輔。ベルトを投げ捨て、新デザインに変えろと要求。この仕掛けはアングルではなく、中邑の本心が混じっていると言われているが、ここまでの行動を中邑がしたのにはある理由があったのだ。
 IGF現場監督を事実上、解任された宮戸優光氏。表向きは新人育成という形で残ってもらうというアントニオ猪木社長ではあるが、このままになりそうだ。この人事に、IGF内部の本質的な問題が潜んでいるのだが・・・。
120727ij290Masato0516.jpg
新生K-1は10・14両国国技館大会開催、9・8LAスポーツアリーナ大会選手発表と動き活発化
 また、便宜上、井上譲二主幹名義にしてある『マット界舞台裏』だが、編集部担当ページとして多彩な記者が集結している。今号も実に豪華、あのタダシ☆タナカから緊急入稿された大晦日の『やれんのか 2012』、K-1 Globalによる2年ぶりのグランプリ開催の他媒体にはない事情の追及が目玉として、さらにはWWEの看板番組RAW1000回記念大会の全容、そして7・21『Krush.20』、7・22 新日本キック『MAGUNUM29』、7・22 M-1MC主催興行『M-1 FAIRTEX SINGHA BEERムエタイチャレンジ 第52回M-1ムエタイアマチュア大会』のキック3大会を網羅した全83ページのボリュームお得版なのだ。
マット界舞台裏8月2日号新日1億中邑不穏宮戸解任RAW1000大晦日Krush新日本KickM1
120727ij290Krush.jpg
7.21 「Krush.20」より卜部弘嵩x大沢文也、山本優弥x阿佐美ザウルス
マット界舞台裏8月2日号新日1億中邑不穏宮戸解任RAW1000大晦日Krush新日本KickM1
120727ij290njk.jpg
7.22 新日本キック「MAGUNUM29」
伊原ジム江幡睦が切り裂くタテ肘で藤原あらしから2度ダウンを奪いKOでリベンジを果たす
120727ij290njk-2.jpg
7.22 新日本キック「MAGUNUM29」
リングス実験リーグでガチンコやり、W★ING等でプロレスラー続ける鶴巻伸洋はKO負け
マット界舞台裏8月2日号新日1億中邑不穏宮戸解任RAW1000大晦日Krush新日本KickM1