飯伏幸太契約!? 中邑真輔サミ・ゼイン至宝の攻防世界配信!ASUKA華名ベイリー下しNXT女子王座戴冠

160402wwe1
160402wwe2
(C)2016 WWE, Inc. All Rights Reserved.
 観客の”This is Awesome”(スゲ~)が、やがては”Fight Forever”(ずっと闘ってくれ)に変わっていった。日本流のプロレスがどういうものか、総立ちのテキサス・ダラスの超満員の会場が、そして全世界120万人のWWEネットワーク視聴者が目撃し、惜しみない拍手を送った。中邑真輔の世界デビュー、サミ・ゼインという好敵手を得て、期待通りの、いやそれ以上の白熱の攻防に誰もが息を飲み酔いしれた。
 NXTの大会が、4大PPV大会『サマースラム』に圧倒的に上回ってしまったブルックリン三連戦から半年。そこでNXT女子王座になったカリフォルニア・ガールのベイリーが、この半年、無敗の快進撃を続ける華名のASUKA LOCK(チキンウィング・フェイスロック)につかまり、王座交代劇が履行された。本物を追求するDIVAS REVOLUTION(ディーバ革命)の集大成だった。皆から愛されてきたベイリーが役割を果たした。
 トリはNXT王座戦。NXTロンドン大会のメインと同じく、フィン・ベイラー(プリンス・デヴィッド)がサモア・ジョーを迎え撃ち、王座を防衛した。会場には完全崩壊カウントダウンのTNAから元王者のボビー・ルードが姿を見せ、ストリーの続きを暗示させた。本年の『レッスルマニア 32』は、その当日が重要なのではない。この一週間のWWE週間、特にNXT大会が肝という位置づけがライト層にも印象付けられた。マット界の盟主の底力がなんであるかを見せつけたことになる。

 この中邑真輔デビュー戦、及びアスカの王座戦の模様は、WWEネットワークで日本をはじめ全世界に生中継で配信されましたが、生中継後もビデオオンデマンド方式で視聴可能となっております。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/

レッスルマニア32特設サイト:http://www.wwe.co.jp/wm32/

WWEネットワーク:http://network.wwe.com
※生放送終了後、ビデオオンデマンド方式で視聴可能です。
※WWEネットワークは英語でのサービスです。日本語字幕はありません。

WWEネットワーク加入ガイド(日本語訳):http://wwe.co.jp/network

■ WWE NXT テイクオーバー・ダラス
日時:2016年4月1日(現地時間)
場所:アメリカ・テキサス州ダラス
会場:ケイ・ベイリー・ハッチソン・コンベンションセンター

<NXT王座タイトルマッチ>
○フィン・ベイラー(王者)
 ピンフォール
●サモア・ジョー(挑戦者)

<NXT女子王座タイトルマッチ>
○アスカ(挑戦者)
 アスカロック
●ベイリー(王者)

<シングルマッチ>
○中邑真輔
 ピンフォール
●サミ・ゼイン

<シングルマッチ>
○オースチン・エリーズ
 ピンフォール
●バロン・コービン

<NXTタッグ王座タイトルマッチ>
○チャド・ゲーブル、ジェイソン・ジョーダン
 ピンフォール
●スコット・ドーソン、ダッシュ・ワイルダー

電子書籍版は金曜8日発売『週刊ファイト4月14日号』に収録されました。
週刊ファイト4月14日号飯伏華名中邑WM目玉NXT女子同時仙台GOLD谷川田村FMW船木長州

wf024-460wf024Chirashi-718週刊ファイト3月3日号飯伏独立新日社長交代秘策UFC舌戦まなせゆうなラウェイ巌流島アフリカ
▼クレジットカード決済、銀行振込み対応~電子書籍のご注文はこちらから!強烈最新刊440円カートへ
wf029Chirashi-718週刊ファイト4月7日号WOWOW虚脱UFCレッスルマニア谷川手記巌流島ドラディションFMW