【訃報】元キック王者・治政館ジム館長、ジャパンキック最高顧問の長江国政が死去

 治政館ジム館長でジャパンキックボクシング協会 最高顧問の長江 国政(ながえ くにまさ)が6月11日午前3時15分、肺がんのため亡くなった。享年75歳。神経性の難病でジャパンキック創設時より、体調は芳しくない状態の中、肺がんも併発。闘病中であった。
 選手時代は、全日本フェザー級、WKA世界ライト級王座を獲得し、1984年(昭和59年)に治政館を開設。ラジャダムナン王座、新日本キック王座を獲得し、K-1でも活躍した武田幸三(現NJKF TAKEDA GYM会長)をはじめ、2019年(令和元年)に設立された、ジャパンキックボクシング協会を創設し、現在も活躍する選手では馬渡亮太(WMOインターナショナル スーパーフェザー級王者)、モトヤスック(WMOインターナショナル スーパーウェルター級王者)志朗(BeWELLキックボクシングジム/初代RISE世界バンタム級王者)などがいる。
トップ写真:引退記念大会(エキシで出場)とベニー・ユキーデとのWKA世界戦ポスター/資料提供 : Takasan

1972年(昭和52年)6月17日、日本武道館で行われた日泰国際戦 vs.ビラチャート・ソンデンとの試合は僅差判定も激戦の名勝負として語り継がれる。

◆長江 国政(ながえ くにまさ)
・1948年11月16日生、愛知県出身
・日本拳法からキックボクシングに転向し、1970年プロデビュー
獲得王座
・全日本フェザー級王者2回(第3代、第5代)
・WKA世界ライト級王者
戦績85勝(63KO)20敗8分。

◇通夜並びに葬儀情報(情報:ジャパンキックボクシング協会
6月15日(土)18:00より通夜
6月16日(日)9:30より告別式
喪主 長江政人(治政館ジム 館長代行)

三郷市斎場
住所 埼玉県三郷市茂田井15
TEL 048-952-5885

供花等のお問い合わせ先
アルファクラブ武蔵野株式会社
さがみ典礼 越谷支店
TEL 048-966-8411
FAX 048-963-8411